サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 304件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/03/02
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:20cm/440p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-210006-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

クララとお日さま

著者 カズオ・イシグロ (著),土屋政雄 (訳)

【日本翻訳出版文化賞(第57回)】人工知能を搭載したロボットのクララは、病弱の少女ジョジーと出会い、やがて2人は友情を育んでいく。愛とは? 知性とは? 家族とは? 生きる...

もっと見る

クララとお日さま

税込 2,750 25pt

クララとお日さま

税込 2,750 25pt

クララとお日さま

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.0MB
Android EPUB 5.0MB
Win EPUB 5.0MB
Mac EPUB 5.0MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本翻訳出版文化賞(第57回)】人工知能を搭載したロボットのクララは、病弱の少女ジョジーと出会い、やがて2人は友情を育んでいく。愛とは? 知性とは? 家族とは? 生きることの意味を問う感動作。【「TRC MARC」の商品解説】

人工知能を搭載したロボットのクララは、病弱な少女ジョジーと出会い、やがて二人は友情を育んでゆく。愛とは、知性とは、家族とは? 生きることの意味を問う感動作。【商品解説】

著者紹介

カズオ・イシグロ

略歴
〈カズオ・イシグロ〉1954年長崎生まれ。「遠い山なみの光」で王立文学協会賞、「浮世の画家」でウィットブレッド賞、「日の名残り」でブッカー賞を受賞。2017年ノーベル文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー304件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

書いてくれてありがとうございます

2021/03/13 16:52

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Junna - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ数年ずっとモヤモヤしていたことをここまでストレートに書いてもらえて救われた気分です。
最近話題のAI関連の問題提起も注目だと思いますが、個人的には向上処置の有無で変わる人生や、ジョジーの家で行われたパーティで、子どもたちだけで解決することが大事、これは大学へ行く重要なステップ、というようなことが言われ、ただの楽しい集まりではないことがわかったり(実際とても楽しそうではない)、親から色々な施しを受けている子どもたちに欠如している何かをリックが的確に突いてくれるところが印象的でした。能力が高かったり、豊かさを享受して高級なものを持っていても、倫理観を養う本当の教養を高められるわけではなく、そのような心は社会からはみ出して表面的なものは何も持たないリックの中にありました。でもそんなリックも綺麗事だけの考えではなく、むしろ汚いことだらけの世の中で巧みに生きていて、愛していても一緒にはいられないことがあることを知っていて、心にたくさん傷を持ちつつも、クララという存在に親切をできる心を維持している。リックのような生き方がもっと普通に評価される世の中であってほしいけど、世の中を支えているような本当に素晴らしい人は、認識された途端その能力を失ってしまう、みたいな考え方も聞いたことがあって、このままでもいいのかもしれない。けれどもとにかく、カズオイシグロはそんな素晴らしさをきっと知ってると思えて、本を通して間接的にこのことについて話し合えたような気分になれて、勝手な感想ですが本当に読めてよかったです。ありがとうございました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

冷厳さを突きつけられる

2021/05/29 19:11

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:象太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

残酷で何度か本を置いた。人間は人間の代替物にどれだけ残酷さを押し付けられるのだろう。本書で最も印象深いのが、人工知能に自分の子どもを学習させ、子どもが死んだ場合の代わりにしようとしている母親だった。そのいきさつも書いてあって、理解できるが、やはり狂っている。『わたしを離さないで』では、人間の臓器摘出目的でクローンを生産している社会が描かれている。カズオ・イシグロの作品は、身も蓋もないほどあけすけに冷厳である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人ならざる存在が人間の少女を救う近未来の御伽噺

2022/01/12 17:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

クララというAF=ロボットを語り手にしたところが、この本の全てといってよい。彼女の語りが、文字通り「機械的」な、抑制の効いた描写からなっていたと捉えるならば、クララが出会った人たちの目に映る現実は、人間的な意味で、それこそ感情を伴った人間的な視点から捉えたなら、もっと悲惨なものだったかもしれない。少なくとも、そのように読者の側で勝手に想像することをいざなうことで、この小説は、タイトルに見られる「子どもらしさ」に反して、何回も大人が読むに足る深みのある寓話になっている。それもこれも、クララという語り部の為せる技だったのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クララの祈り

2021/05/26 11:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

カズオイシグロの物語は、入り込むまでが辛い。
今回も人口親友AFクララが語る世界は、近未来を描く格差社会が際立ったもので、入り込むまでが辛抱。
しかし、いつの間にかカズオイシグロの世界にどっぷりハマっていて、手に汗握る展開。

病弱なジョジーと出会い、お互いが惹かれあい、お互いが求め合う出会いのシーンが素直にうれしい。
そしてお日さまを神のように崇め、信じてジョジーのために、祈り自分を捧げるクララに感動。

AIにより優れたロボットが作られる社会。
それは病弱な子供の替わりになると考えようとする大人たちがいる。
そしてよりよい生活のために向上処置を受けた子供たちと受けていない子供たちの差別がある社会など投げかけられるテーマは重いものだが、クララの太陽のような真っ直ぐで賢い子供の存在が読む人を明るく暖かく照らしてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クララはアトムか

2022/01/20 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KURODANI - この投稿者のレビュー一覧を見る

カズオ・イシグロを読むのは3作目だが、いつも想像以上に重い。
これもそうだ。
日本人は鉄腕アトムに親しんだ影響もあるのだろうか、ロボットに対する思い入れが
外国人より強いのかもしれない。

クララに人間と同じ思い入れをするのは正しくないのかもしれない。外国の人はそのように感じないのかもしれない。でもカズオ・イシグロは感じているのではなかろうか。

クララはどこまで行ってもロボット、AIだから人間と同じ感情は抱かないはずだ。
しかし、文中ではなんとなく感情らしきものを垣間見せる。
AIが進化すると感情を持つようになるだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

哀しい世界

2021/07/31 14:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃび - この投稿者のレビュー一覧を見る

カレル・チャペックの『ロボット』を読んだ後に読んだせいもあり、AFが反乱しない!とちょっと驚いてしまったが、そういえば『わたしを離さないで』のヘールシャムの子供達も反乱しなかったしな…と妙に納得してしまった。どこか壊れてしまった世界でも、そういう方向には行かない者たちのお話。冷静に考えると希望はどこにもないのではと思えてくるが、それでも読めてしまうし、心に残る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

それは切なさを基調にして。

2021/07/12 11:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名取の姫小松 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子ども向けのコンパニオンであるロボットが作られている世界。店先に並べられていたクララは子どもや大人、人間を観察して洞察を深めている。ロボットにも個性があるのが面白い。
クララたちは太陽光をエネルギーにしており、クララは亡くなったと思った路上生活者が日差しを浴びて起き上がったのを見て、太陽は人間にも命を与えられると思い込む。
クララは病弱な少女ジョジーの家に迎えられる。ジョジーとその母、家政婦と暮らし始める。隣の家の少年リックとその母とも知り合う。
ジョジーの家の事情が少しずつ判明していくにつれ、複雑な事情が浮かび上がってくる。
直接的に語られず、行間で読ませるのは他作品と変わらない。
クララのやさしさが物語の救いになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんでしょうこの読後感は…

2021/04/18 13:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

★健気なAIロボット、クララの観察
クララの視点で丁寧に描かれる描写は、クララの「観察」を共有してもらっているよう。
垣間見える、この物語の世界での常識に驚かされ、そしてものすごいリアルさをも帯びていました。

★喜びたいけど、なぜだか喜べない
読後感のとてつもない切なさはなんでしょう…。
でもこの作品は、きっと読み方とか、捉え方次第で読後感が全然違ってくるのではないかなと思いました。
私はいま、すごく切ない気持ちでいっぱいです。
ただ、どうかお日さまがクララに今日も微笑んでくれていますようにと祈るばかりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しい物語

2021/03/14 11:34

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

美しい情景を思い浮かべさせらる文章表現に導かれ、子供から大人へと成長する少女の「可能性」という時に脆いが力強く生きる姿に気づかされる。人工知能を搭載した少女型ロボット・クララと、病弱な少女ジョジィーと出会いと別れが展開する。読み進めるうちに、クララが人工親友(AF)として生み出されたことが分かるが、ジョジィーが大人になることにより、取り残されるAFは、何を考えたのか。クララの言葉と行動に、人の内側にある、生きるものが持つ無数の選択肢がある多様な色彩が、いつまでも心に残る。未来の洞察につながる美しい物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

求めてやまない存在

2021/07/18 14:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kc1027 - この投稿者のレビュー一覧を見る

病弱なジョジ―は賢くて明るい少女型AIロボットのクララと暮らすことになる。
クララは見るものを何でも吸収して学習して理解力も抜群。
気まぐれなジョジ―の行動にも常に寄り添って気遣う。
お日さまの恵みを浴びて生きるクララは周りを明るく照らす。

人は何のためにロボットをつくるのか、という問いは人間は何のために
生きるのかという問いにおそらく直結する。クララはジョジ―の友だちとして
ジョジ―の母が購入したロボット。ジョジ―にとってクララは遊び相手でありつつ
ジョジ―の母にとってのクララは病弱なジョジ―の代わりにもなりうる存在。

自分のためだけに生きることがなかなか大変なように、
誰かのためだけに生きるのもなかなか大変だ。
誰かのためだけに生きるように初期設定されたロボットは
自己犠牲の存在そのもので尊く美しく儚い。
生み出す側の人間はきっとそんな存在にはなれないから、
これからも芸術のようにAIロボットの資質を磨き続けるはず。

人間から見れば本物ではないロボットは役割が終われば
自ら分身を生むこともなくやがてその存在意義をなくす。
代わりが代わりとしての役目を必要としなくなることを
素直に受け入れて誰かのために微笑む。
自分もそうありたいと思ってもそうなれることは少ない。
そんな他者は誰にとってもそんなにいない。
おそらく人間はそんな存在をずっと求めてやまない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人工知能搭載の友だちクララ

2021/03/29 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mk - この投稿者のレビュー一覧を見る

遅ればせながら初めてカズオイシグロの作品を読みました。人工知能の未来についてはよく考えますが、この作品のようになっていくのかなと考えさせられました。健気なクララに切なさを覚えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

隣人であるAIとの向き合い方

2022/05/09 10:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:amisha - この投稿者のレビュー一覧を見る

病弱な少女と人工知能を搭載したAFの話。近未来ではなく、すでに現在進行形の話のように感じる。そばにいるのが「学習能力」を備えた人工物というのは、これから増えるのか。本来の生き物との関わりはどうなるのか。子どもの頃からこのような存在が隣り合わせにある環境は、ヒトの育ちにどう影響するのか。読みながらさまざまな問いが浮かんでは消えていく。こういう感覚は初めてのような気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生き生きしてる

2021/08/30 22:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんや - この投稿者のレビュー一覧を見る

AIロボットのクララと人間の女の子の友情のお話。自分が置かれた場所で与えられた使命を全うするクララがひたむきだけど生き生きしているように見えた。純粋で強い気持ちで信念を持つ姿はロボットを超越していると思う。街の風景や草むらの描写が鮮明で美しかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/10 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/09 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。