サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/02/09
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書ラクレ
  • サイズ:18cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-150718-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

老いる意味 うつ、勇気、夢 (中公新書ラクレ)

著者 森村誠一 (著)

身体が老いても病を経験しても、心は老いてしまうわけではない。老いを恐れず、残された日々を自然体でいること−。老人性うつ病を克服した作家・森村誠一が、老後の生きかたの意味を...

もっと見る

老いる意味 うつ、勇気、夢 (中公新書ラクレ)

税込 924 8pt

老いる意味 うつ、勇気、夢

税込 924 8pt

老いる意味 うつ、勇気、夢

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 7.1MB
Android EPUB 7.1MB
Win EPUB 7.1MB
Mac EPUB 7.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

身体が老いても病を経験しても、心は老いてしまうわけではない。老いを恐れず、残された日々を自然体でいること−。老人性うつ病を克服した作家・森村誠一が、老後の生きかたの意味を提言する。【「TRC MARC」の商品解説】

老後は勇気をなくして乗り切れない。今までの人生の経験を凝縮して明日に立ち向かう。老後は良いことばかりではない、思わぬ病気もする。老人性鬱病を告白し克服した作家の壮絶な闘い。老後の生き方の意味を提言する森村誠一渾身の話題作。【商品解説】

著者紹介

森村誠一

略歴
〈森村誠一〉1933年埼玉県生まれ。青山学院大学卒業。「高層の死角」で江戸川乱歩賞、「腐蝕の構造」で日本推理作家協会賞、「悪道」で吉川英治文学賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

昭和のミステリー小説ブームの一角を築いた森村誠一氏による老後の生き方の意味を説いた書です!

2021/03/01 12:47

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、『高層の死角』(江戸川乱歩賞)、『腐蝕の構造』(日本推理作家協会賞)、『人間の証明』(角川小説賞)、『小説道場』(加藤郁乎賞)など数々の話題作で昭和時代にミステリー小説ブームを巻き起こされた森村誠一氏の作品です。同書は、これまで作品とは一味も二味も違った内容です。筆者は同書の中で、「老後は勇気をなくして乗り切れない。今までの人生の経験を凝縮して明日に立ち向かう。老後は良いことばかりではない、思わぬ病気もする」と述べられています。老人性鬱病を告白し克服した筆者だかれこそ書けた壮絶な闘いの毎日が綴られた一冊です。老後の生き方の意味を提言した書でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「生きし齢」の流れを本で感じる。

2021/09/30 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふくふくチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

あの森村誠一氏が「老いる」をテーマに本を記述。思わず、本屋で手にした。颯爽とした青年時代、数々の行動、言動。そして、かくある今の落ち着き。語りの中に、スーと取り込まれている自分を感じた。今、シニアの就業支援をしているが、改めてその視点に感動した。ありがとうございます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリー界の巨匠の至言

2021/11/17 20:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

森村誠一さんと言えば、「人間の証明」をはじめとするミステリーの大御所、「悪魔の飽食」に代表される社会派である。
近年は、護憲の立場から憲法について語った著作も読んだことがあり、新刊を楽しみにしていた。ところが、森村さんは老人性のうつ病を患っていたというのだ。
そうした自身の老いや病、身の回りのできごとを率直につづったのが本書。書けなくなったときの焦りや、人に迷惑をかけることの葛藤なども、伝わってくる。

気に入った言葉は、「誰かの役に立つことや小さな労働は心の筋肉を動かす」。
誰かの役に立つのは難しいかもしれないけど、読書も含めた小さな労働で、「あっ」という発見、はっと何かに気付く時間を繰り返したい。
心の筋肉を動かす―。いいことを教わった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

老いること、鬱になること

2021/06/22 06:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

年老い、自分の身体がままならなくなる時、または視覚聴覚などの感覚の違和感に気づいた時が、老いたと感じる。老いることにより、身体だけでなく、心の不調が起きることがあり、それを体感し、克服した著者の経験談が述べられる。避けるべき老い方があり、それを提示することにより、読書に老いることへの不安を和らげ、時として楽しみを与えようとしている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

先輩の言葉は大切にしよう

2022/01/23 18:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰でも老いるが、大切に考えながら老いたい。
せっかく生まれて、ここまで頑張って来たんだから、これからの余生を、自分も家族も周りの人たちとも、良い時間を過ごしたいと思う。
でもこれがなかなか難しい。
同じような仕事をやっても少ない報酬に納得出来ない気持ち。
徐々に体の衰えも感じる。
自分はいつまで健康的に生活できるのかといった不安。
なかなか新しいことにチャレンジ出来ない。
やってみたいと思っても、すぐに踏み出せない自分。

こんな時は老いの先輩方の言葉を素直に聞こう。
大切な事には執着する大切さ、高齢者年少組は謙虚に学ぶ気持ちで、健康とは折り合いをつけながら付き合うなど、大切に過ごさなければいけないことがたくさんあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一時代を築いた森村誠一さんの老後について

2021/08/17 07:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チップ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和時代の大ベストセラー作家森村誠一さんが老人性鬱になっていた事は今回初めてしりました。
老後のエッセイ
森村誠一世代の男性には響くものがあるような気がします。
若者にはどうかしら?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/25 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/13 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/26 14:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/24 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/14 09:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/03 10:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/14 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/01 06:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/04 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。