サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 社会・時事の通販
  5. 名古屋大学出版会の通販
  6. 戦争障害者の社会史 20世紀ドイツの経験と福祉国家の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/03/09
  • 出版社: 名古屋大学出版会
  • サイズ:22cm/290,65p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8158-1017-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

戦争障害者の社会史 20世紀ドイツの経験と福祉国家

著者 北村 陽子 (著)

【サントリー学芸賞思想・歴史部門(第43回)】2度にわたる世界大戦の時期にドイツで急増した戦争障害者は、どのようなその後を生きたのか。公的支援や医療の発達、義肢などの発展...

もっと見る

戦争障害者の社会史 20世紀ドイツの経験と福祉国家

税込 5,940 54pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【サントリー学芸賞思想・歴史部門(第43回)】2度にわたる世界大戦の時期にドイツで急増した戦争障害者は、どのようなその後を生きたのか。公的支援や医療の発達、義肢などの発展と、他方での差別や貧困、ナチへの傾倒など多面的な実態を描き、現代福祉の淵源を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

二度の大戦により、300万人におよぶ大量の戦争障害者を生み出したドイツで、国家に奉仕した「英雄」はどのようなその後を生きたのか。公的支援や医療の発達、義肢や盲導犬などの補助具の発展と、他方での差別や貧困、ナチへの傾倒などの多面的な実態を丁寧に描き、現代福祉の淵源を示す。【商品解説】

目次

  • 序章 戦争障害者の時代
  • 第Ⅰ部 第一次世界大戦へ
  • 第1章 英雄か「怪物」か
    • はじめに
    • 一 近代以前の表象と支援
    • 二 国民軍の創設と民間慈善の組織化
    • 三 統一戦争期の戦争障害者支援−軍事年金法の拡充
    • 四 第一次世界大戦前の状況−一九〇六年の軍事年金法改正
    • おわりに
  • 第2章 「労働による自立」

著者紹介

北村 陽子

略歴
〈北村陽子〉名古屋大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。同大学大学院人文学研究科准教授。博士(歴史学)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アカデミックな内容だが示唆に富む

2021/12/11 00:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本の傷痍軍人などに興味があり、手に取ってみた。
こちらは「20世紀ドイツの経験と福祉国家」と言うサブタイトルがついているように、ドイツの戦争障害者についての社会史を丹念に調べた老作である。
第一次世界大戦後のドイツが全国援護法が制定されて戦争に関わった人たちの救済が社会福祉の拡充につながったと言う。
しかしその後のナチ政権で援護法は停止され、傷ついた兵士たちは取り残されていく。敗戦後は連合国軍の占領下で、ナチス支持者と見なされたそうだ。
歴史に翻弄される戦争障害者だが、日本の取り残された元兵士たちの扱いと比べたらまだマシに思えるのは、両国社会の人権感覚の違いだろうか。
一般向けではないことを、覚悟の上、読まなくてはちとつらいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/12/21 11:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。