サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

ギフトラッピング 初めてのご利用で100ポイントプレゼントキャンペーン ~8/12

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 育鵬社の通販
  6. 扶桑社新書の通販
  7. イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/03/02
  • 出版社: 育鵬社
  • レーベル: 扶桑社新書
  • サイズ:18cm/279p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-08736-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相 (扶桑社新書)

著者 飯山陽 (著)

多発する過激派テロ、信教の自由もLGBTも否定、女性の価値は男性の半分…。イスラム教は本当に異教徒に寛容で穏健な宗教なのか。学者・メディアがつくった「常識」を問い直し、イ...

もっと見る

イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相 (扶桑社新書)

税込 968 8pt

イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相

税込 968 8pt

イスラム教再考 18億人が信仰する世界宗教の実相

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.9MB
Android EPUB 5.9MB
Win EPUB 5.9MB
Mac EPUB 5.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

多発する過激派テロ、信教の自由もLGBTも否定、女性の価値は男性の半分…。イスラム教は本当に異教徒に寛容で穏健な宗教なのか。学者・メディアがつくった「常識」を問い直し、イスラム教徒とのあるべき共生の道筋を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

多発する「過激派テロ」、「信教の自由」も「LGBT」も否定、「子供への体罰」や「児童婚」が蔓延、「女性の価値」は男性の半分……。イスラム教は本当に異教徒に寛容で穏健な宗教なのか?

世界的に突出して偏向している日本の「通説」を検証することにより、「イスラム教のリアル」が見えてくる。
学者・メディアによってつくられた「常識」を問い直し、イスラム教徒とのあるべき共生の道筋を示す!

【目次】
はじめに―イスラム研究者が拡散させた「誤ったイスラム像」

第一章 「イスラムは平和の宗教」か
外務省「イスラム研究会」設立/ジハードは「聖戦」ではなく「努力」?/自爆攻撃は正当化されるか 他

第二章 「イスラム教ではなくイスラームと呼ぶべき」か
日本のイスラム研究業界の「ルール」/「単なる宗教ではない」というイメージ戦略/政治信条やイデオロギーの投影の対象 他

第三章 「イスラムは異教徒に寛容な宗教」か
高校世界史の教科書にも描かれる「寛容さ」/異教徒は「殺すべき対象」/棄教者は死刑 他

第四章 「イスラム過激派テロの原因は社会にある」か
「イスラム主義との戦い」を宣言したフランス/イスラム過激派テロをアメリカのせいにする陰謀論者/テロの原因はイデオロギー自体にある 他

第五章 「ヒジャーブはイスラム教徒女性の自由と解放の象徴」か
ヒジャーブは「サラリーマンのネクタイのようなもの」?/ヒジャーブ着用により女性は守られるか/異教徒の女性は性奴隷/ヨーロッパで続発するレイプ事件/ヒジャーブをしない自由も尊重されるべき 他

第六章 「ほとんどのイスラム教徒は穏健派」か
イスラム過激派を支持するイスラム教徒は少なくない/身体刑の執行を支持/信教の自由、表現の自由を否定/LGBTを否定/蔓延する子供への体罰・精神的虐待と児童婚/女性の価値は男性の半分/妻は夫に完全服従 他

第七章 「イスラム教を怖いと思うのは差別」か
イスラモフォビア(イスラム恐怖症)批判/イギリスで加速するイスラモフォビアへの法規制/日本でも広がる「イスラム教は怖い=差別」の風潮 他

第八章 「飯山陽はヘイトを煽る差別主義者」か
日本のイスラム研究業界の不文律/「ニセ学者」のレッテル/インターネット上の誹謗中傷/日本のイスラム研究者が本当に守りたいもの 他

終 章 イスラム教を正しく理解するために
イスラム主義の台頭を許した西欧の「罪悪感」/ポリコレと多文化主義の見直し/「アブラハム合意」を歓迎しないのは誰か/日本のイスラム研究者とメディアが広めたウソからの脱却を 他
【商品解説】

多発する「過激派テロ」、「信教の自由」も「LGBT」も否定、「子供への体罰」や「児童婚」が蔓延、「女性の価値」は男性の半分……。イスラム教は本当に異教徒に寛容で穏健な宗教なのか?

世界的に突出して偏向している日本の「通説」を検証することにより、「イスラム教のリアル」が見えてくる。
学者・メディアによってつくられた「常識」を問い直し、イスラム教徒とのあるべき共生の道筋を示す!

【目次】
はじめに—イスラム研究者が拡散させた「誤ったイスラム像」

第一章 「イスラムは平和の宗教」か
外務省「イスラム研究会」設立/ジハードは「聖戦」ではなく「努力」?/自爆攻撃は正当化されるか 他

第二章 「イスラム教ではなくイスラームと呼ぶべき」か
日本のイスラム研究業界の「ルール」/「単なる宗教ではない」というイメージ戦略/政治信条やイデオロギーの投影の対象 他

第三章 「イスラムは異教徒に寛容な宗教」か
高校世界史の教科書にも描かれる「寛容さ」/異教徒は「殺すべき対象」/棄教者は死刑 他

第四章 「イスラム過激派テロの原因は社会にある」か
「イスラム主義との戦い」を宣言したフランス/イスラム過激派テロをアメリカのせいにする陰謀論者/テロの原因はイデオロギー自体にある 他

第五章 「ヒジャーブはイスラム教徒女性の自由と解放の象徴」か
ヒジャーブは「サラリーマンのネクタイのようなもの」?/ヒジャーブ着用により女性は守られるか/異教徒の女性は性奴隷/ヨーロッパで続発するレイプ事件/ヒジャーブをしない自由も尊重されるべき 他

第六章 「ほとんどのイスラム教徒は穏健派」か
イスラム過激派を支持するイスラム教徒は少なくない/身体刑の執行を支持/信教の自由、表現の自由を否定/LGBTを否定/蔓延する子供への体罰・精神的虐待と児童婚/女性の価値は男性の半分/妻は夫に完全服従 他

第七章 「イスラム教を怖いと思うのは差別」か
イスラモフォビア(イスラム恐怖症)批判/イギリスで加速するイスラモフォビアへの法規制/日本でも広がる「イスラム教は怖い=差別」の風潮 他

第八章 「飯山陽はヘイトを煽る差別主義者」か
日本のイスラム研究業界の不文律/「ニセ学者」のレッテル/インターネット上の誹謗中傷/日本のイスラム研究者が本当に守りたいもの 他

終 章 イスラム教を正しく理解するために
イスラム主義の台頭を許した西欧の「罪悪感」/ポリコレと多文化主義の見直し/「アブラハム合意」を歓迎しないのは誰か/日本のイスラム研究者とメディアが広めたウソからの脱却を 他
【本の内容】

著者紹介

飯山陽

略歴
〈飯山陽〉1976年東京生まれ。イスラム思想研究者。アラビア語通訳。博士(文学)。著書に「イスラム教の論理」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

真実を伝えるのには正しい心が必要だ。

2021/03/24 18:44

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キクちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人が中東の事情に関して、あまり知らない上で、さらによく知られていないイスラム教について、わかりやすく教えてくれる本。ヨーロッパの移民政策の失敗と犯罪やテロの増加の一途、日本の学識者の嘘、それを鵜呑みする外務省や政府、イスラム教そのものの持つイデオロギーが、我々の自由と民主主義の世界とは全く噛み合わないことを、多くの日本人にこの本を読んでもらって知ってほしい。合わせて、池内恵(著)シーア派とスンニ派も読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい啓蒙の書

2021/05/25 11:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は「(日本の)イスラム研究者はイスラム教の中から,自らのイデオロギーを投影するにふさわしい好都合な要素だけを取り上げ,不都合なようそは切り捨てます」と繰り返し訴えている。その通りなのだろう。内田樹のような似非哲学者は,イスラム教などまったく興味がなく反日の材料になりさえすれば,そして社会の平穏を脅かす材料であればなんでもよいのだろう。これではイスラム教徒もいい迷惑だ。その点,中田考のようなほんもののイスラム教徒のイスラム研究者は,正直にイスラムの教えはテロを導くといっているのだから好感がもてる。
真のイスラム研究者であれば,正しくイスラム教を紹介した上で,どのようにすればテロをなくせるか考えるものであろう。
問題は,著者のように正しい認識をもつ研究者が日本の学会では職に就けないということだ。特に文学部はひどい。反日かつ反社会的でなければ大学に就職できないという現状をなんとかしなければならない。文系不要論が膾炙される所以だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イスラム教穏健派識者を大胆に批判

2021/05/03 12:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:広島の中日ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「イスラム教がいかに危険で問題ある宗教なのか」と著者が果敢に批判する1冊です。
 当書の最大の特徴は、現在国内に多く存在する「イスラム教穏健派」の識者の生上をこれでもかと文中に登場させ、大胆に、かつ容赦なく批判・非難している点です。思わず「ここまでするか」と思いました。
 ですが、著者の主張は納得できる部分も多いです。読む価値は十二分にあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ショッカーとしてのイスラームに抗して

2021/03/16 10:46

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎度の飯山節炸裂というところだ。クルアーンやハディースから引用をして、イスラームを「世界征服を企むイデオロギー」として描くかたわら、著者を批判する業界人を切って返したように批判している。まるでイスラーム共同体を「仮面ライダー」のショッカーとして論じているようなものだが、イスラーム原理主義者でタリバーンや「イスラーム国」を擁護する事で知られる人物を「イスラーム界の知の巨人」であるかのような風潮もどうかと思うが。朝鮮民主主義人民共和国を礼賛する人物を「朝鮮研究の大家」と称賛するようなものだ。著者が書いているように日本や「アメリカ帝国主義」、「シオニスト国家」ことイスラエルといった「諸悪」を批判する為に「東洋的な」イスラームとイスラーム共同体を称賛している向きがいるが、イスラーム教徒はともかく、非信者はマルクス・レーニン主義が没落したからイスラームに「批判のイデオロギー」の対象を変えたのだろうか。
 歴史上の文脈で「イスラーム圏は宗教に寛容だ」と評価する事も批判している。たしかにイスラーム以外の宗教については人頭税を支払った上での被保護者という位置付けで存在が容認されていたわけだが、こうなるとユダヤ教徒をスペインから追放していた時代のキリスト教世界は、イスラーム共同体より不寛容だという事になるのだが。
 その一方で著者は昨今のイスラエルと国交を結ぶイスラーム圏の国々やサウジアラビアでの権利拡大は肯定的に評価している。クルアーンとハディースがイスラーム教徒にとっては絶対的な「真理」と批判しているはずなのに、何故矛盾するような事を書けるのだろうか。イスラームを相対化してイスラームの世界の外の概念と折り合いをつけようとしている人々とは、また別だ。
 著者が批判している人が翻訳したり翻訳に関わっている岩波文庫や作品社の翻訳が手に入りやすいクルアーンの邦訳だから、飯山氏がイスラーム原理主義や従来の翻訳での問題点などを批判するような注釈をつけたクルアーンの翻訳を出したら、どうだろうか?売れると思うけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/05/04 15:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/01 04:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。