サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  懐かしくて新しい "昭和"に遊ぶ ~8/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/03/24
  • 出版社: 北海道大学出版会
  • サイズ:22cm/301p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8329-6866-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

古代キリスト教研究論集 (北海道大学大学院文学研究院研究叢書)

著者 戸田 聡 (著)

東方に重心を置きつつ古代キリスト教史・聖書を見ると、どう見えてくるか。「新約聖書で最初にできたのは「マタイ福音書」である」「Q資料仮説は不要である」など、挑戦的に問題提起...

もっと見る

古代キリスト教研究論集 (北海道大学大学院文学研究院研究叢書)

税込 7,700 70pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東方に重心を置きつつ古代キリスト教史・聖書を見ると、どう見えてくるか。「新約聖書で最初にできたのは「マタイ福音書」である」「Q資料仮説は不要である」など、挑戦的に問題提起する。翻訳「トマスによる福音書」も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

新約聖書で最初にできたのは『マルコ福音書』ではなく『マタイ福音書』である;仮説の「Q資料」など存在しない;1945年発見の外典『トマス福音書』の原語は?などなど―通説への挑戦の書がここに誕生! 『トマス福音書』新訳を収録。【商品解説】

目次

  •  第1部 聖書(旧約・新約)とその周辺
  • 第1章 共観福音書問題のための覚書
  •  1 はじめに
  •  2 ルカは自分の福音書を書く際に何を手にしていたか?
  •  3 使徒パウロは何に拠ってイエスの言行を知ったか?
  •  4 共観福音書問題の検討
  •  5 結 論
  • 第2章 『トマスによる福音書』における弟子イメージ

収録作品一覧

共観福音書問題のための覚書 3−31
『トマスによる福音書』における弟子イメージ 33−46
聖書解釈をめぐる若干の考察 47−62

著者紹介

戸田 聡

略歴
〈戸田聡〉北九州市生まれ。文学博士(オランダ・ライデン大学)。北海道大学大学院文学研究科准教授。専門は古代キリスト教史、東方キリスト教文学。著書に「キリスト教修道制の成立」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「トマスによる福音書」新訳を含む

2021/07/16 09:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「マルコ伝と『Q資料』がマタイ伝とルカ伝の下敷きではなく、マタイ伝は最古の福音書であり、『Q資料』は存在しない」とは随分と「大胆」な主張なように見えるが、実のところは以前からの通説に戻ったまでだ。「Q資料」はテキストの断片でも見つかれば話は変わるが、今のところは見つかっていないから実際に存在していない可能性はありそうだ。著者はマルキオンがルカ伝を独自の本文批判によって短くした事がマルコ伝の短さの証しと見做しているようだ。マルコ伝が最古の福音書である事は譲れないとは思うが。「パピアスの断片」にうかがえるように、福音書が成立するまでは口伝でイエスの言行録が伝わっていたらしいが、これは重視してもいいかもしれない。ヴェーダ文献やパーリ語聖典などは今でも口伝されると言うし、クルアーンは声に出してアラビア語で「詠む」テキストだ。
 「トマスによる福音書」の新訳が付されている。「ナグ・ハマディ文書」で荒井献が「王国」の訳語を使っているからか、「御国」とか「神の国」とか訳されそうな言葉は「王国」になっている。「ナグ・ハマディ文書」の「トマスによる福音書」で「王国」の訳語を使っているのには驚いた記憶がある。エホバの証人は以前は「王国」ではなく「御国」を使っていて、新世界訳聖書で"Kingdom"と訳した英訳から「語義訳」して「王国」と訳しているが、どうも「王国」はエホバの証人色の強い訳語だ。グノーシス主義化されたイエスの語録集という位置づけだが、「論語」や「老子」、「歎異抄」といった語録化された聖典類がある。紙に文字として書かれたり印刷されたりして固定されたテキストとして聖書を解釈されるが、その観念から解放されたら、また違って見えるかもしれない。訳文は読みやすい文体だ。「トマスによる福音書」に見られる四福音書に見られないイエスの言葉は元から口伝で流布された言葉に由来しているのか、それともグノーシス主義化された言葉なのか、になると思う。
 別々に発表した論文が元になっているからか、聖書の書名が口語訳を元にしているものと新共同訳が元になっているものとが入り混じっているし、また「クルアーン」と「コーラン」と表記が統一されていない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。