サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 慶應義塾大学出版会の通販
  6. 帝国大学の朝鮮人 大韓民国エリートの起源の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/04/20
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/270,61p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-7664-2735-6
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

帝国大学の朝鮮人 大韓民国エリートの起源

著者 鄭 鍾賢 (著),渡辺 直紀 (著)

近代日本のエリート育成装置であった帝国大学に留学した朝鮮人は、大韓民国の樹立に欠かせない存在であった。彼らがなぜ留学し、何を学び、戻って何をしたのか、著者の長年の調査と入...

もっと見る

帝国大学の朝鮮人 大韓民国エリートの起源

税込 3,740 34pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代日本のエリート育成装置であった帝国大学に留学した朝鮮人は、大韓民国の樹立に欠かせない存在であった。彼らがなぜ留学し、何を学び、戻って何をしたのか、著者の長年の調査と入念な資料・文献の渉猟により明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

何のために日本へ旅立ち、韓国・北朝鮮で何をなしとげたのか?
留学生たちの激動の歴史

近代日本のエリート養成所であり、朝鮮独立運動の水源地でもあった
帝国大学で学んだ朝鮮人たちの足跡がはじめて明らかにされる
韓国のベストセラー歴史書

▼1945年の解放以降、大韓民国の樹立にさまざまな人々が参加した。そのうち左右を問わず、近代日本のエリート育成装置であった帝国大学に留学した朝鮮人は欠かせない存在であった。彼らの多くは帝国日本の官僚として服務し、帝国の先端知識や官僚の経験を元手に、1945年の解放後も韓国と北朝鮮の行政、経済、司法、知識体系に大きな影響を及ぼした。もちろん帝国大学に留学した全員が出世をねらう官僚になったわけではなかった。急進マルクス主義の洗礼を受けて変革運動に飛び込んだ人物もいたし、世俗的な成功と時代の制約の間で葛藤し、学問の道に進んだ人物もいた。

彼らは解放後の大韓民国の社会に有形無形の影響を及ぼし、いまもなお亡霊のように浮遊している。本書は、植民地時代に日本に留学した朝鮮人たちが、なぜ留学し、何を学び、戻って何をしたのか、著者の長年の調査と入念な資料・文献の渉猟によって明らかにする。

巻末には東京帝国大学と京都帝国大学の朝鮮人留学生名簿を掲載。【商品解説】

目次

  • プロローグ−玄海灘を渡った青年たち
  • 第1章 帝国大学−近代日本のエリート育成装置
  • 第2章 京都帝大の朝鮮人学生、帝国の事業家になる
  • 第3章 帝国大学に留学した朝鮮人たち
  • 第4章 官費留学と帝国の奨学金
  • 第5章 寮生活−帝国エリートのアイデンティティを育む
  • 第6章 帝国大学の教授たち
  • 第7章 総督府の特権層となって帰ってきた朝鮮人たち
  • 第8章 植民地人、科学技術を通じて帝国の主体を夢見る
  • 第9章 帝国の知で帝国に抵抗した人々

著者紹介

鄭 鍾賢

略歴
〈鄭鍾賢〉韓国・東国大学校大学院卒業(文学博士)。仁荷大学文科大学校韓国語文学科副教授。専門は韓国近現代文学・文化史。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

朝鮮人帝大留学生の歴史を公平な視点で描く

2021/05/31 23:01

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Takeshita - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変面白い。前に任文桓の「日本帝国と大韓民国に仕えた官僚の回想」)を読んだ時と同じくらいの良書。著者は京大留学中学に戦前の朝鮮人帝大留学生の記録を調べ始め、留学生は総勢1000人以上いた事、女子の帝大留学も東北大始め結構あったこと、留学生の大半は故国に戻り官吏や教職についた者が多かった事を綿密なリストと共に調べ上げている。その努力は大したものだ。ただ留学生達は独立後<親日派>として糾弾され、子孫に至るまでそれはまだ続いている。一方北朝鮮に引き抜かれたまま帰って来ない知識人も多い。著者はイデオロギー的決めつけからもまた知識人達の戦後の自己弁明からも距離を置き、比較的公平にこれら帰還留学生の齎した韓国、朝鮮の「知」を歴史として見るべきだと説く。大変好感が持て、この本が韓国でよく売れてると聞いて安堵した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

朝鮮貴族だから、と学習院は行っていない?

2021/08/19 22:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

金史良が東京帝大独文科卒なのは知られていると思うが、東京帝大と京都帝大を卒業した朝鮮人について、「親日派」とか「従北人士」とかいった事を特に主張しないで書いている。特に北朝鮮で活躍した人達についてが興味深い。社会主義朝鮮を建国する過程では、「出身成分」がよろしくないはずの人達も重用している。
 民族運動に関わったが、起訴猶予処分になった朝鮮貴族が出て来る。土方与志のように爵位を剥奪されないで、著者が取材している実弟が襲爵した、というから、実際はどの程度のものだろうか?
 東京帝大・京都帝大出身者のリストには、京都帝大農学部卒で、戦後、李王家と関わりを持って「王家の終焉」を書き、面識がある張赫宙が「秘苑の花」を書く際に史料を貸した趙重九男爵は「学習院卒」とあるが、学習院出身の朝鮮人・台湾人を書いた記事を見ると「趙重九」という名前がない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/02 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。