サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~今読むべき~ ビジネスに効く教養 ポイント5倍キャンペーン ~6/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/05/07
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/465p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-791685-5
文庫

紙の本

昨日がなければ明日もない (文春文庫 杉村三郎シリーズ)新刊

著者 宮部 みゆき (著)

若い主婦が自殺未遂をして音信不通となった。その裏で起きていた陰惨な事件とは…。「絶対零度」をはじめ、探偵vs.ちょっと困った女たちの事件を全3作収録する。シリーズ第5弾。...

もっと見る

昨日がなければ明日もない (文春文庫 杉村三郎シリーズ)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

若い主婦が自殺未遂をして音信不通となった。その裏で起きていた陰惨な事件とは…。「絶対零度」をはじめ、探偵vs.ちょっと困った女たちの事件を全3作収録する。シリーズ第5弾。【「TRC MARC」の商品解説】

「宮部みゆき流ハードボイルド」杉村三郎シリーズ第5弾。
中篇3本からなる本書のテーマは、「杉村vs.〝ちょっと困った〟女たち」。
自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザーを相手に、杉村が奮闘します。

【 収録作品】
「絶対零度」……杉村探偵事務所の10人目の依頼人は、50代半ばの品のいいご婦人だった。一昨年結婚した27歳の娘・優美が、自殺未遂をして入院ししてしまい、1ヵ月以上も面会ができまいままで、メールも繋がらないのだという。杉村は、陰惨な事件が起きていたことを突き止めるが……。

「華燭」……杉村は近所に住む小崎さんから、姪の結婚式に出席してほしいと頼まれる。小崎さんは妹(姪の母親)と絶縁していて欠席するため、中学2年生の娘・加奈に付き添ってほしいというわけだ。会場で杉村は、思わぬ事態に遭遇する……。

「昨日がなければ明日もない」……事務所兼自宅の大家である竹中家の関係で、29歳の朽田美姫からの相談を受けることになった。「子供の命がかかっている」問題だという。美姫は16歳で最初の子(女の子)を産み、別の男性との間に6歳の男の子がいて、しかも今は、別の〝彼〟と一緒に暮らしているという奔放な女性であった……。【商品解説】

自殺未遂のあと消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザー。ちょっと困った女たちを相手に杉村が奮闘!【本の内容】

収録作品一覧

絶対零度 7−212
華燭 213−315
昨日がなければ明日もない 317−456

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

冷え冷えとする身勝手

2021/05/28 17:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「自分に利益があること」「自分が泥を被らないこと」それこそが正しい、そんな身勝手な女たち。
筥崎夫人、佐々優美、浮気相手の女、宮前母、朽田美姫と漣が物語に消えない黒々としたシミを作っているようだ。

「絶対零度」は読んでいて凍えそうなほどの悲劇。
佐々知貴の周りは自分の大切な人は巻き込まれだけ、罪はないとでもいうスタンスの女たちばかりなのは失笑するしかない。
人生も心も壊れた真の被害者の目を見て筥崎夫人は「娘は被害者」と言えるのだろうか。
本当に言いそうなのが恐ろしいが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待を裏切りません

2021/06/13 15:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こやまん - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部みゆきのシリーズです
どれもとても素晴らしいです
今回もテンポよく引き込まれて読み進めました
後味のよくない部分はありますが、完成度の高い作品だと思います
表紙の絵が好きでないのですが、、、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当にしんどいです

2021/05/10 00:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中短篇3本。
宮部みゆきさんのシリーズの中で杉村三郎シリーズは本当にしんどい。
巻数を重ねるごとに読むのが辛くなってきてますが
話の運びが上手いのでグイグイ引っ張られて読んでしまいます。
そして読んだ後はどんよりします。

一本目 絶対零度 初っ端から重い。
気になって読み進めるんですが読めば読むほど嫌な予感しかしない。
途中でおおよその見当がつくんですがその通りすぎて辛い。
憤りの持って行き場がない話でした。

二本目の華燭 結婚式に纏わる事件。
杉村三郎シリーズ一作目、「誰か」の結末というか、その数年後を読んでいるような気持ちになる話でした。

三本目の表題も「砂男」的なやり切れなさ、
話の通じない人間に関わってしまった理不尽さに気が重くなる話でした。

このシリーズもう読むの辞めようかなと思いながら毎回読んでます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/05/12 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/16 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/05 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/13 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/22 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/27 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/24 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/22 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/01 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/10 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/25 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/05 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。