サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~7/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0728-29)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/03/31
  • 出版社: 関西大学出版部
  • サイズ:27cm/309p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-87354-736-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

家礼文献集成 影印 日本篇9 (関西大学東西学術研究所資料集刊)

著者 吾妻 重二 (編著)

冠婚喪祭(冠婚葬祭)の儒教儀礼書である「家礼」。「文会筆録」(「家礼」関連部分)、「家礼師説」など、崎門学の創始者山崎闇斎とその門人浅見絅斎による「家礼」関係著述の影印や...

もっと見る

家礼文献集成 影印 日本篇9 (関西大学東西学術研究所資料集刊)

税込 6,050 55pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

冠婚喪祭(冠婚葬祭)の儒教儀礼書である「家礼」。「文会筆録」(「家礼」関連部分)、「家礼師説」など、崎門学の創始者山崎闇斎とその門人浅見絅斎による「家礼」関係著述の影印や翻刻を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

 このたび東西学術研究所資料集刊27―9として『家礼文献集成 日本篇』9を刊行する。これまで当シリーズとして刊行した『家礼文献集成 日本篇』1~8(2010年~2019年)に続く9冊目の資料集ということになる。
 これまで刊行してきたこのシリーズは、日本における『家礼』関係文献を初めて系統的に整理、紹介するものであり、従来長く見過ごされてきた日本における儒教儀礼のありようを解明するための基幹資料を提供しようとするものである。
 周知のように『家礼』という文献は冠婚喪祭(冠婚葬祭)の儀礼マニュアルであり、近世期、日常生活における儀礼実践のための重要な手引きと見なされてきた。そのことは中国はもちろん、韓国・朝鮮、ベトナム、琉球など東アジアの伝統社会においてそうであり、また日本においても程度の差こそあれ、大きな反響をもたらしてきたことが明らかになっている。とりわけこの書に説かれる喪祭(葬祭)儀礼が「孝」思想の普及とあいまって多く著述と実践を生んだことは十分記憶にとどめておく必要があろう。
 広くいえば、「儒教史」の展開の広がりを考える上でも、また「日本思想史」もしくは「日本宗教史」の展開を考察するうえでも、『家礼』文献群の存在を見逃すことはできないのである。詳細な研究はなお今後に待つところが多いが、思想や宗教のみならず、学術や歴史、風俗、諸儀礼、マナーなどの諸領域においても新しい視点を提供することになると思われるし、また東アジアにおける文化交渉という面から検討可能である点も興味深いところである。
 幸い本シリーズは好評をもって迎えられ、近年の儒教儀礼再検討の機運にともない、日本のほか中国や韓国の学界からも注意されつつある。……
 このほか本シリーズが機縁となって、現在、中国・復旦大学の呉震教授、韓国・延世大学の張東宇教授および筆者を中心として「東亜《家礼》文献滙編」(仮題)の編集が進行中である。これは中国、韓国・朝鮮、日本、ベトナムにおける主要な『家礼』関係の漢文文献を集め、標点を付して刊行する一大叢書であって、刊行のあかつきにはこの分野の研究を大きく促進することになるであろう。……
 本書には山崎闇斎と浅見絅斎の『家礼』関連著述を収めた。すなわち闇斎『文会筆録』の『家礼』関連部分、絅斎『家礼師説』、『通祭喪葬小記』(喪祭小記)、『浅見先生祠堂考』、『家礼紀聞』、『喪祭略記』の六種である。
 闇斎に始まる崎門派は江戸時代以降の日本思想史に大きな影響をもたらしたが、彼らは『家礼』に強い関心を寄せており、残された関連著述もきわめて多い。……
 本書の編集方針はこれまでの本シリーズとほぼ同様であるが、絅斎『家礼師説』は紙面の関係上文字が小さく、また、くずし字の読みにくい写本であるため、翻刻をあわせ載せることとした。(本書「まえがき」より)【商品解説】

目次

  • 文會筆録(家禮部分) 山崎闇齋撰 天和三年(一六八三)刊
    • 一之二 (家禮)
    • 一之三 (家禮 続き)
    • 二 近思録(部分)
  • 家禮師説 淺見絅齋撰 寶永二年(一七〇五)開講 寫本
    • 本文(影印と翻刻)
    • 家禮序
    • 家禮卷之一
    • 家禮卷之四
    • 家禮卷之五

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。