サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/04/22
  • 出版社: 書肆侃侃房
  • サイズ:20cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86385-459-8

紙の本

レースの村

著者 片島 麦子 (著)

透明になった犬の夢二と、病気がちで寝たきりの姉綾子とともに過ごす日々は雪の日のように儚くて…。第28回大阪女性文芸賞佳作受賞作品「透明になった犬の話」をはじめ、繊細で不可...

もっと見る

レースの村

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

透明になった犬の夢二と、病気がちで寝たきりの姉綾子とともに過ごす日々は雪の日のように儚くて…。第28回大阪女性文芸賞佳作受賞作品「透明になった犬の話」をはじめ、繊細で不可思議な世界を紡ぎ出す全4話を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

幽霊の世話をする人々、女性だけの村、姿が透明になる犬……。
とても不思議なのに、どこか懐かしい光景。
日本のどこかに、こんな場所がまだあるのかも、と思えてくる。
豊かな発想から物語を紡ぎ出す、新しい語り部の誕生だ!
松永美穂(翻訳家/早稲田大教授)

「ことばと」掲載の表題作を含む4編を収録。


<あらすじ>
大学の友人サクマの帰省に同行したぼくは、そこで幽霊と暮らす奇妙な村人たちと出会う…「幽霊番」。女性だけの村で育った卯月と、「騙されちゃ、だめよ」と云い、突然いなくなってしまったハルカ。サナさんの秘密の儀式を偶然目撃した卯月は、自分の知らない世界があることに気づいてしまう…「レースの村」。夫との関係はいつも少しずれていると感じる杏子はバイト先の店長とのふとしたはずみで起こった出来事により…「空まわりの観覧車」。透明になった犬の夢二、病気がちで寝たきりの姉綾子とともに過ごす日々はあの雪の日のように儚い…「透明になった犬の話」。綻びのできたレースのように繊細で不可思議な世界を紡ぎだす四編の物語。【商品解説】

目次

  • 幽霊番
  • レースの村
  • 空まわりの観覧車
  • 透明になった犬の話

収録作品一覧

幽霊番 5−63
レースの村 65−107
空まわりの観覧車 109−140

著者紹介

片島 麦子

略歴
〈片島麦子〉1972年広島県生まれ。小説家。著書に「中指の魔法」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ちょっと不思議、ちょっと怖い

2021/09/05 15:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと不思議で、ちょっと怖いお話が4編。
表題作は、女性の駆け込み寺的集団のお話。カルトっぽいのかな?矛盾をはらみながら目を背けて生きてる女性たちの不気味さがひしひし迫ってくる。
最初の話、怖いわぁ。超ド級の田舎ではありえるなコレって感じ。村人の言葉使いから、これ広島の県北だろ・・・って身近に感じるのが更にうそ寒さが来る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/06/11 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/22 17:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/12 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。