サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/04/13
  • 出版社: ブルーシープ
  • サイズ:21cm/423p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-908356-21-6
  • 国内送料無料

紙の本

みみをすますように

著者 酒井 駒子 (画)

酒井駒子が絵と文を手掛けた絵本、挿絵を手掛けた絵本や書籍計25冊を選び、掲載された絵の原画約300点を収録する。2021年からPLAY!MUSEUM、横須賀美術館などで開...

もっと見る

みみをすますように

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

酒井駒子が絵と文を手掛けた絵本、挿絵を手掛けた絵本や書籍計25冊を選び、掲載された絵の原画約300点を収録する。2021年からPLAY!MUSEUM、横須賀美術館などで開催される個展の図録。【「TRC MARC」の商品解説】

絵本作家、酒井駒子。その静謐さをたたえた美しい絵と、詩的で思索的な文との響き合いは、子どもから大人までの多くを魅了し、日本にとどまらず海外でも高い評価を得ています。

本書は、酒井駒子初となる本格的な個展「みみをすますように 酒井駒子」展にあわせて刊行する展覧会図録兼画集です。デビュー作から最新作まで、20冊を超す絵本を中心に約300点の原画、約30点のラフスケッチを選びました。

画用紙や段ボールに黒い絵の具を下塗りし、その上に描き出された子どもたちや動物たち。時が止まったかのような、あるいは雪降る日の静けさの中の、まぶたの奥の瞳に、ひそやかな仕草に、ささやき声に。
みみをすますように、ごらんください。

表紙絵のタイトルは「手に鳥を乗せている」。本書のための描きおろしです。
口絵にも違う描きおろしが潜んでいますので、そっとめくってみてください。【商品解説】

著者紹介

酒井 駒子

略歴
〈酒井駒子〉1966年生まれ。絵本作家。「きつねのかみさま」で日本絵本賞、「金曜日の砂糖ちゃん」でブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞、「くまとやまねこ」で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

原画展には行けなかったけれど…

2021/09/17 10:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たんぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

楽しみに待ち望んでいた原画展に、緊急事態宣言下で足を運ぶことができなかった。残念でたまらなかったが、この本を手にすることで少しその悔しさを消化することができた。本自体の佇まいや美しさを堪能することができる。いくら電子化が進んでも、やはり本というもののもたらす空気感は、他と変えがたいものだとあらためて実感させられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ゆめのあとさき

2021/10/10 06:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

耳をすますと、聴こえてくるものばかりではない。
 耳をすます時、人は自然と瞼を閉じる。だから、耳をすますと、別の世界も見えてくる。
 そんなことを感じる、これは絵本作家の酒井駒子さんの初めての個展に合わせて刊行された画集だ。

 巻末の「作品リストと本の情報」のはじめにこんな説明がある。
 「本書は、酒井駒子が絵と文を手掛けた絵本、挿絵を手掛けた絵本や書籍計25冊を選び、掲載された絵の原画を収録している。」
 その数およそ300点だから、酒井駒子ファンにとってはたまらない。
 最初に手掛けたのは、1998年の『リコちゃんのおうち』という絵本。
 その次が、おそらく酒井さんの名前を一躍有名にした『よるくま』、それからそれから須賀敦子さんの文に挿絵をつけた『こうちゃん』や2009年のニューヨーク・タイムズ紙の「最も優れた絵本ベスト10」に選ばれた『ゆきがやんだら』、さらに川上弘美さんの新聞 小説『七夜物語』の挿絵と、どこまでも広がる世界。

 この画集には言葉が書かれていない。
 だから、絵本とはまた違った世界を味わえる。
 そこにいるのは読者であるあなたと、酒井駒子さんだけ。
 あるはずの言葉がなくても、きっとあなたはたくさんの言葉を耳にするだろう。その時、あなたはきっとこの画集を「読んで」いるにちがいない。

 この画集を抱いて眠ると、一体どんな夢を見るのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/07/04 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/30 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/08 14:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/13 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/21 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。