サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. KADOKAWAの通販
  6. 黒牢城 Arioka Citadel caseの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 334件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/06/02
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-111393-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

黒牢城 Arioka Citadel case

著者 米澤 穂信 (著)

【山田風太郎賞(第12回)】【直木賞(166(2021下半期))】【本格ミステリ大賞小説部門(第22回)】織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠もった荒木村重は難事件に翻弄...

もっと見る

黒牢城 Arioka Citadel case

税込 1,760 16pt

黒牢城

税込 1,760 16pt

黒牢城

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 8.2MB
Android EPUB 8.2MB
Win EPUB 8.2MB
Mac EPUB 8.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【山田風太郎賞(第12回)】【直木賞(166(2021下半期))】【本格ミステリ大賞小説部門(第22回)】織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠もった荒木村重は難事件に翻弄される。村重は、土牢の囚人にして織田方の軍師・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか−。『カドブンノベル』他掲載に加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

本能寺の変より四年前、天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄される。動揺する人心を落ち着かせるため、村重は、土牢の囚人にして織田方の智将・黒田官兵衛に謎を解くよう求めた。事件の裏には何が潜むのか。戦と推理の果てに村重は、官兵衛は何を企む。デビュー20周年の集大成。『満願』『王とサーカス』の著者が辿り着いた、ミステリの精髄と歴史小説の王道。

【受賞・ランキング入賞結果】
第12回山田風太郎賞
『このミステリーがすごい! 2022年版』(宝島社)国内編第1位
週刊文春ミステリーベスト10(週刊文春2021年12月9日号)国内部門第1位
「ミステリが読みたい! 2022年版」(ハヤカワミステリマガジン2022年1月号)国内篇第1位
『2022本格ミステリ・ベスト10』(原書房)国内ランキング第1位
「2021年歴史・時代小説ベスト3」(週刊朝日2022年1月14日号)第1位
『この時代小説がすごい! 2022年版』(宝島社)単行本第3位【商品解説】

収録作品一覧

5−19
雪夜灯籠 21−121
花影手柄 123−223

著者紹介

米澤 穂信

略歴
〈米澤穂信〉1978年岐阜県生まれ。「氷菓」で第5回角川学園小説大賞奨励賞を受賞しデビュー。「折れた竜骨」で日本推理作家協会賞、「満願」で山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー334件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

読者に答えを突きつける官兵衛

2022/02/02 09:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤穂信が描いた小説である。どの分類に属するのかは分からないが、ミステリーといえばそうであるような気がする。時代小説であるともいえよう。どの時代かと言えば、織田信長が天下人になろうとしていた時代である。織田が秀吉、光秀を従えて京に上っていた際に、織田に反旗を翻していた戦国武将、荒木村重が主人公である。

 ただし、よく読めば村重が主役なのか、相手の黒田官兵衛が主役なのか、よく分からなくなるというストーリーである。その辺りがミステリーと言えないこともない。織田方の官兵衛が村重を説得しに使者として有岡城を訪れた。村重は官兵衛を牢に閉じ込めてしまう。

 本書はいわばエピソードが複数ある短編集が実体なのであるが、各々のエピソードで有岡城主の村重の頭を悩ます問題が起こる。散々考えても納得のいかない解決策しか見いだせない。その際には牢に閉じ込めてある官兵衛に、意見を求めに行く。この辺りがミステリー風の出来上がりになっていると言えるかも知れない。

 いかにも軍師として名を馳せた官兵衛らしい答えであるが、明快な答えを出すわけではなく、いわばヒントを出すので、あとは自分で考えろと言わんばかりの答えなのである。もちろん、村重ばかりではなく読者にも突きつけているわけである。

 米澤穂信の時代小説は今回が初めてなのかも知れないが、こうなると時代や登場人物によるミステリー仕立てではなく、ストーリー自体がミステリーで、読者にも考えさせる一種のミステリーサービスなのかも知れない。さすがに直木賞受賞作品である。面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

米澤穂信が描く戦国ミステリー

2021/09/11 11:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

大変面白く読ませていただきました。
戦国ミステリーという新しいジャンルだけど、読み応え十分な物語に謎解きが混ざって、複雑な展開が楽しめる。
勝っては人を殺し尽くす信長に反旗を翻した村重。
村重は殺さないが、殺さないことで牢獄の官兵衛に恨まれる。何が悪で、何が、人々を幸せにするのか分からないと問われているようだ。また「弱いものが悪いのだと物事を簡単に片付けて心を楽にしようとする」は自己責任を問われる今の政治批判にも聞こえる。
村重対官兵衛の心理戦が楽しめる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

世の常

2022/05/15 08:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

荒木摂津守村重は、信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠る。
秀吉の使者・官兵衛に翻意を促されるが、城内の土牢に閉じ込めてしまう。
毛利の援軍を待つ城内で奇怪な事件が起こり、家中の動揺が収まらなければ落城は免れない。村重は官兵衛の力を借りても謎を解かねばならない。

米澤穂信さんの直木賞受賞作です。
戦国の世の習いとミステリーを絡めて、村重が追い詰められていく様を存分に描いています。
史実を知っていても、この先どうなるかと手に汗握って読み進めました。
官兵衛が示唆するとおり、自分が思っているのとは、実は逆というのが世の常ということでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史×ミステリー

2022/03/11 13:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞含むいくつもの賞を受賞・ノミネートした歴史×ミステリーの革新的小説。
信長を裏切り籠城する荒木村重が、城内で起こる事件の謎を解くべく幽閉した黒田官兵衛に知恵を借りる歴史ミステリー。堅苦しいと思われがちな歴史小説の印象を覆し、滑らかに融合する謎解きと複雑な人間模様が入り交じるエンタメ要素が光る作品

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史×ミステリー

2022/02/14 20:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史に疎いので楽しめるかな?と不安でしたが、そんな心配は無用でした!
城内で起こる奇怪な事件、村重と官兵衛の駆け引き、戦乱の世に生きる人々の生き様……もう読み出したら止まらなくなるほど惹き込まれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

流石

2022/04/30 18:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にゃんぱり - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典部シリーズを読んでいたので、米澤さんのすごさはよくわかっているつもりでしたが、そんなものではありませんよといわれたようなきがしました。
まさか歴史ものでここまで緻密な本格ミステリができるとは。脱帽です。
ミステリファンも歴史ファンもどちらでもない人も是非ご一読を!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

村重、官兵衛、信長

2022/02/20 09:17

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うしくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて穂沢氏の著作を拝読したが読了して別のものも読んでみたくなった。村重の心理描写は読んでいて胸に迫るものがある。歴史好きには是非とも読むことをお薦めしたい。なお、私は大河ドラマ「軍師 官兵衛」の映像を思い浮かべながら読んでみたので実感が湧きました。これを読んでから有岡城跡を訪問したいと願っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

荒木村重は翻弄される

2022/02/13 12:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:uruuduki - この投稿者のレビュー一覧を見る

「荒木村重」と聞いて、主人公に為り得る人物かというと、個人としての印象は、これまでのところ「ならないだろうな」だった。大河ドラマなどのイメージが強いせいだろうか、あまり名将という言葉には当てはまらないように思ってきたのだ。
 この本の中でも、人物として官兵衛の方が才気に勝るようだ。
 それに――、度重なる味方の寝返りで孤立して行く村重も、強引が際立つ織田信長も、孤独だったんじゃないかなぁ。
 才覚に、不足しているのに目を背けている村重も、溢れて周りに無理強いする信長も……。
 何故かそんなことに想いを馳せながら読んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

4章 落日孤影までは引き込まれる面白さだった

2022/02/11 11:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いけたろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

荒木村重が籠城中の事件を囚人とした黒田官兵衛と解決していく様は斬新で引き込まれた。
惜しむらくは終章がアッサリとし過ぎた感と黒田官兵衛が囚われていた時の鬼謀から一人の善人に戻っていくところがリアリティに欠けたが、後に希望のもてる終わりだったのでので良いのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦国モノ

2021/09/03 15:03

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤さん初めての時代小説?
とは言いつつ、やはりミステリ。
謎解きはともかく、村重・官兵衛のやりとりはおもしろい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

米澤穂信さんの歴史ミステリー

2021/08/15 17:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:higassi - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤穂信さんの新作は、有岡城の戦い中に黒田官兵衛(小寺孝隆)が幽閉された史実を「安楽椅子探偵モノ」に仕立てた歴史ミステリー。歴史の「切り取り方」が著者ならではで、これまでの作品同様にドラマを観ているような気持ちになる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦国ミステリーは面白い

2021/07/05 20:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

謀反を起こした荒木村重と幽閉された黒田官兵衛の智謀が、四面楚歌の有岡城内で、絡み合うなぞを解く推理が、時代を動かす。戦国の世で、武門の意気地が、世の平安につながらないことが、結びで示される。この先も苦しみが続くと思いながら迎える死こそが、民にとってもっとも残酷なことだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

官兵衛の執念

2021/07/01 21:08

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

織田に謀反した荒木村重。籠城真っただ中の有岡城内で不可解な殺人事件が起こります。
御仏の罰と噂されるが、家臣の微妙なバランスで保たれてる籠城戦に何がほころびになるか分からないことを危惧した村重は、謎を解くために地下牢に幽閉している官兵衛に真相を導くヒントを求めます。
読者は有岡城のオチを知っているので、村重と家臣の在り様に薄氷を踏むような緊張を感じながら読み進めるのです。
そして、官兵衛の執念と知略に薄寒さを感じつつラストへ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

歴史モノだけど

2021/12/24 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーです。黒田官兵衛と、村重ならこの展開ありそうな……と思わせる……。雪の密室から始まって、死を覚悟している官兵衛からの村重への行動。援軍を待つ村重は、官兵衛に頼るけど官兵衛は……なんですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/01 18:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。