サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/05/18
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/359p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-310723-2
文庫

紙の本

葉山嘉樹短篇集 (岩波文庫)

著者 葉山 嘉樹 (著),道籏 泰三 (編)

長篇「海に生くる人々」で知られる葉山嘉樹。下級船員、工場底辺労働者ら最下層の人たちに共感の眼を向け、自らも貧しい農夫として戦争の混乱のなかに倒れた特異なプロレタリア文学者...

もっと見る

葉山嘉樹短篇集 (岩波文庫)

税込 891 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長篇「海に生くる人々」で知られる葉山嘉樹。下級船員、工場底辺労働者ら最下層の人たちに共感の眼を向け、自らも貧しい農夫として戦争の混乱のなかに倒れた特異なプロレタリア文学者の短篇を精選して収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

葉山嘉樹(1894—1945)は、長篇『海に生くる人々』で知られているが、短篇小説でその本領を発揮した。葉山は虐げられた弱者、庶民、労働者を丹念に描き続けた。そこには、当時の日本文学が掬い切れなかった人間の破滅への衝動、思索的な内面性、文体・表現の斬新さ…、まったく独自の世界がある。 全短篇から、新編集により精選。葉山文学の真面目が初めて立ち上がる。【商品解説】

目次

  • セメント樽の中の手紙
  • 淫売婦
  • 労働者の居ない船
  • 天の怒声
  • 電燈の油
  • 人間肥料
  • 暗い出生
  • 猫の踊り
  • 人間の値段
  • 窮 鼠

収録作品一覧

セメント樽の中の手紙 7−12
淫売婦 13−40
労働者の居ない船 41−63

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

プロレタリア文学の葉山嘉樹の代表作「セメント樽の中の手紙」が読める短編集。「暗い出生」が一読の価値あり!

2021/07/02 02:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コピーマスター - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本のプロレタリア文学と呼ばれるものには個性的で面白いものが多いと知りあれこれ読み漁った時期があった(若い時分です)。だからこういうのが新刊で出るとやっぱり気になってしまうし、付録の解説も読みたくなる。葉山嘉樹は「海に生くる人々」が岩波文庫で出ていたので所有しており、大分以前に読んだ筈が内容の方はすっかり忘れてしまっている。「セメント樽の中の手紙」も以前読んだことがありこちらは再読であった。まあキツい話である。葉山嘉樹はプロレタリア文学とはいえ、小林多喜二の諸作とは明確にカラーが違う。あとがきを見るとどうやら『戦旗』派(小林)と『文芸戦線』派(葉山)の違いらしいことが書かれてあった。この葉山の短編集。主体であるところの肉体がもはや健全な形から程遠いまでに毀損されてしまっている設定が何と多いことか。もはやここから勇ましい精神が立ち上がってくることは期待できそうにもないほどコテンパンなのである。おい大丈夫か君、しっかりしろプロレタリアート!短編集の構成として年代順にならんでいるので作風の変遷をたどることもできる仕掛けだ。後に行くにしたがってより複雑、掴みどころがあるような無いような話(それゆえ味わい深いとも言える)になっていく。全編で最も印象深かったのは「暗い出生」。シンプルなストーリーにして「日本人」的なものを凝縮したようなリアルさがあって、なにやら落ち着くところに落ち着いてしまう絶妙なバランス感覚といい、令和に生きているはずの自分が思わずハッとさせられた作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。