サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/05/12
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/178p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-03725-0

紙の本

あるヤクザの生涯 安藤昇伝

著者 石原 慎太郎 (著)

最大の武器は知力と色気、そして暴力! 特攻隊員、愚連隊、安藤組組長、映画俳優…。昭和の一時代、修羅に生きた男・安藤昇の破天荒な生き様をモノローグで描ききるノンフィクション...

もっと見る

あるヤクザの生涯 安藤昇伝

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最大の武器は知力と色気、そして暴力! 特攻隊員、愚連隊、安藤組組長、映画俳優…。昭和の一時代、修羅に生きた男・安藤昇の破天荒な生き様をモノローグで描ききるノンフィクションノベル。〔「ある漢の生涯」(幻冬舎文庫 2022年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

最大の武器は知力と色気、そして暴力!                             特攻隊員、愚連隊、安藤組組長、映画俳優……
昭和の一時代、修羅に生きた男の激動の生涯をモノローグで描ききる圧巻のノンフィクションノベル!     


あんた『雪後の松』という詩を知っているかい。昔、ある坊主から教わったんだ。『雪後に始めて知る松柏の操、事難くしてまさに見る丈夫の心』とな。男というものは普段の見かけがどうだろうと、いざと言う時に真価がわかるものだ。松の木は花も咲かず暑い真夏にはどうと言って見所のない木だが、雪の積もる真冬には枝を折るほどの雪が積もっても、それに耐え、青い葉を保っている。それが本物の男の姿だというのだ。/俺はこの詩が好きなんだ。
(「長い後書き」より)【商品解説】

著者紹介

石原 慎太郎

略歴
〈石原慎太郎〉1932年神戸市生まれ。一橋大学卒。「太陽の季節」で文學界新人賞、芥川賞、「化石の森」で芸術選奨文部大臣賞、「生還」で平林たい子文学賞受賞。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.5

評価内訳

電子書籍

一気に読めます

2021/09/27 22:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:rikason - この投稿者のレビュー一覧を見る

石原慎太郎がヤクザを書いたこと、どんな人物なのと興味を持ちました。
生い立ちの詳細はなく、無いほどに厳しいものであったことを推測し、暴力的気質も持っていたでしょうが、大正15年生まれ、特攻の生き残りという時代背景は、大きいものです。自分とは、真逆と言ってもいいような生き様に、惹きこまれるように読みました。このようにしか生きざるを得なかったという信念と覚悟が語られていることを魅力に感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

政治家がアウトローを書く

2022/03/22 22:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東京のSS - この投稿者のレビュー一覧を見る

田中角栄を石原慎太郎さんが一人称で書いた後に安藤昇さんを書くとは、びっくりだ。
やはり一人称だ。あらすじは安藤さんの多くの本を読んでいれば知っている事も多い。
今の若い人達は安藤昇を知らないだろう。
我々世代は安藤組、そしてAのバッジには、
憧れたものだ。
この本は石原慎太郎さんしか知らない事も書いてあるがページが少ない。少し物足りない。
この本はあとがきが全てだ。
長編なら満点つけた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安藤昇

2021/10/17 20:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

安藤昇の名前は聞いたことがありましたが、詳しくは知らなかったので興味深かったです。昭和という時がどういう時代であったのかをまざまざと感じさせるような内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/05/20 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/02 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/03 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/09 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/01 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/05 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/18 11:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/25 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/09 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/21 20:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/05 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/25 13:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。