サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 動物学の通販
  5. 京都大学学術出版会の通販
  6. 武器を持たないチョウの戦い方 ライバルの見えない世界での通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発売日:2021/06/01
  • 出版社: 京都大学学術出版会
  • サイズ:19cm/243p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8140-0337-2

紙の本

武器を持たないチョウの戦い方 ライバルの見えない世界で (新・動物記)

著者 竹内 剛 (著)

動物たちに魅せられた若手研究者たちがその姿を追い求め、行動や社会、生態を明らかにしていくドキュメンタリー。武器を持たないチョウという動物に、なぜ闘争が成り立つのかをテーマ...

もっと見る

武器を持たないチョウの戦い方 ライバルの見えない世界で (新・動物記)

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動物たちに魅せられた若手研究者たちがその姿を追い求め、行動や社会、生態を明らかにしていくドキュメンタリー。武器を持たないチョウという動物に、なぜ闘争が成り立つのかをテーマにした研究をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

チョウが互いに相手の周りを飛び回る卍巴飛翔は、縄張り争いの一種と説明される。しかし鋭い牙も爪も持たないチョウがただ飛び回ることが、なぜ「闘争」になるのだろうか。試行錯誤の末に著者がたどり着いたのは、チョウにはライバルという認識がないために縄張り争いが成り立つという“常識外れ”な結論だった。
第11回日本動物行動学会賞受賞研究。【商品解説】

目次

  • 巻頭口絵
  • はじめに
  • 1章 ギフチョウはなぜ山頂に集まるのか
  •    春の女神を追いかけた日々
  •    ギフチョウの配偶行動の研究
  •    各地のギフチョウ
  •    ギフチョウの危機
  • 2章 相手を攻撃しない闘争で優位になるには

著者紹介

竹内 剛

略歴
〈竹内剛〉京都大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。大阪府立大学大学院生命環境科学研究科研究員。「チョウの配偶競争に関する理論的研究」で日本動物行動学会賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

チョウの雄は「雄か雌かわからないけどとりあえず求愛してみる」?

2021/08/05 11:25

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

フィールドワークでの動物研究を紹介する新しいシリーズ。本書ではチョウの研究を紹介する。研究を始めた経緯、フィールドでの苦労、研究者として向かい合う様々なことの体験談も交えて研究結果が語られる。

蝶はどうやって配偶者を探すのか。著者も子供のころから昆虫採集から「この道」に入っていった一人。しかし「採集では観察できない」行動も多くある。本書で扱う「雄が開けたところで見張りをし、雄が来れば遠ざけ、雌が来れば追いかける」という行動も、採集するだけなら「どこで見張るか」だけ覚えればよいということ。なるほど、である。

著者の結論では、チョウの雄は飛んでくるのが雄か雌かを区別しているわけではないらしい。それらしいのが飛んでくれば近寄っていき、その後雄か雌かで違う行動をする。「汎求愛説」と名付けられたようだが、要するに「とりあえず求愛してみる」というところか。格別の武器を持たないチョウの交配相手探しは、「雄が戦う」というイメージとは違うようだ。

これまでの説とはかけ離れたものなので認知してもらう苦労もかなりあったらしい。ものの見方というのは一度定着してしまうとなかなか切り替えることが難しいという人間の性質も教えられた。「動物の研究は動物の視点で」という行動研究の考え方が出てくるが、どうしても「人間の視点」で判断をしてしまうことは否めないだろう。そこにきづいていかないと視点がなかなか広がらない。

見張りをする雄の行動の視点はわかってきた。では、見張りをする雄に近づいてこられた「飛んでいる雄」はどのように行動しているのか?雌の場合はどうなのか?
見張り側の視点だけでなく、対する側の視点からの説明もゆっくり聞いてみたいものだ。

研究者となり、採集では分からない昆虫の行動を知る。そして「動物の研究は動物の視点で」と考えるようになる。研究者への成長過程も書かれていて興味深かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/07/07 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。