サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  懐かしくて新しい "昭和"に遊ぶ ~8/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/06/22
  • 出版社: 創元社
  • サイズ:19cm/283p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-422-39005-5

紙の本

フィールド言語学者、巣ごもる。

著者 吉岡 乾 (著)

フィールド言語学者が、新型コロナウイルス感染症蔓延でフィールドに出られなくなり、長らく「巣ごもり」することに。漫画、家族との会話など、日常生活に潜む言語学的現象から、言語...

もっと見る

フィールド言語学者、巣ごもる。

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フィールド言語学者が、新型コロナウイルス感染症蔓延でフィールドに出られなくなり、長らく「巣ごもり」することに。漫画、家族との会話など、日常生活に潜む言語学的現象から、言語学の知識をユーモアたっぷりに語る。【「TRC MARC」の商品解説】

話題書『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』
著者による、待望の新刊!

フィールドへ出られなくなったフィールド言語学者が語る、
最高におもしろい言語学のはなし。



著者は、大阪の国立民族学博物館に勤務するフィールド言語学者。パキスタンとインドの山奥で話者人口の少ない言語を調査しているが、2020年は世界規模の新型コロナウイルス感染症蔓延でフィールドへ出られなくなり、長らく「巣ごもり」をすることとなった。本書は、著者がそのような生活の中で、日常に溢れる様々な現象を言語学者目線で眺めて考えたことを綴った言語学エッセイ。世界の多種多様な言語の例を用いながら、言語学の諸分野の知識が親切かつユーモアたっぷりに語られる、最高の知的エンターテイメント。イラスト:朝野ペコ



●「はじめに」より一部抄録
 日常には言語が溢れている。言語が溢れていないところは、人間の居ないところだけだ。

 言語学者は言語を食い物にしている。言葉を選ばなければ。だが、その事実を改めて大っぴらにしてしまうと、「危機言語が消滅したら、言語多様性が失われたら、マズいよね!」などと言語学者が幾ら声高に、意識高そうに訴えたところで、「我々の餌がなくなりそうだから、皆も気を付けて!」に聞こえてしまって白々しく響きそうだから、言葉遣いには気を配らなければならない。開けっ広げにそんな言いかたをするのは止そう。ちなみにここでの「我々」は聞き手(あなた)を包括していない。聞き手(あなた)を除外した集合である。

 もとい、言語学者は言葉に意識を向けがちである。憖(なまじ)っか言語について考える思考基盤の知識を身に纏ってしまっているため、意図的にその意欲を封じ込めない限り、不図した瞬間、耳目に触れた言葉を、言語学的に矯(た)めつ眇(すが)めつ愛で始めてしまったりするのが、言語学者の多数派である。僕はそう信じている。怠惰な生活態度に定評のありそうな僕ですらそうなんだもの、他の研究者たちはもっと熱心に物思いに耽っているに違いあるまい。

 言語学メガネを着用すると、日常の暮らしの中に、隠された一面が伏流のように存在しているのが、さもAR(拡張現実)かの如くに見えてくるのだ。

 本書は、フィールド言語学者である僕が、高尚さのかけらもなしに、そんなふうに言語学目線で漫ろに思った日々のアレコレを詰め込んだ一冊となっている。フィールド研究者を謳っていながら、世界規模の新型コロナウイルス感染症蔓延でフィールドに出られなくなり、テレワークも推奨されて、二〇二〇年の春以降は長らく「巣ごもり」をすることとなった。そしてそんな妙な事態になったものだから、時間の余裕ができるかもなどと勘違いして、筆のまにまに書き出したのである。……(以下略)【商品解説】

目次

  • まえがき
  • ざっくり言語学マップ
  • Ⅰ.
  • 言語学が何をして何をしないか|言語学とは何か
  • 文法のない野蛮な言語を求めて|言語は何か
  • 語学挫折法|語学
  • 喋る猫のファンタジー|音声学・生物学
  • 差別用語と言葉狩り|差別語・罵倒語・卑語・誹謗・中傷
  • 僕は言葉|社会言語学・隠語・アイデンティティ

著者紹介

吉岡 乾

略歴
〈吉岡乾〉1979年千葉県生まれ。東京外国語大学大学院博士課程単位取得退学。博士(学術)。国立民族学博物館准教授。著書に「現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

言語学を幾つかの視点から捉える肩肘張らない一書

2021/11/27 20:29

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

言語学といっても意外と多岐に亘るものです。それを様々な国の発音や文法や言語そのもの等といった観点から気さくな論調で纏められたのが本書です。但し論調は気さくでも、表現は至る所に漢検準1級~1級内容の熟語が鏤められています。
 本書で最も驚きだったことは、『日本語や英語はあらゆるジャンルの会話・議論をその言語で全うできる』そうで、これはかなり珍しい部類にあたり、『世界中の多くの、ほとんどの言語が、例えば高等教育の内容を話せなかったりといった「欠損」をもっている』ということでした。
 もう一つ知らなかったものとして発言(若しくは表記に置き換えてもいいですが)の矛盾のような意味不明な言い回しには思わず、(?)を通り越して吹き出してしまいました。挙げられていたものは以下の2つ。
小泉進次郎氏「今のままではいけないと思います。だからこそ日本は今のままではいけないと思っている。」
安倍晋三氏「幅広く募っているという認識でございました。募集しているという認識ではなかったのです。」
 全般的には学識論に傾注しない様に意識されている為、上澄み的な言及に留まっている気がしました。但しこれは個人的な意見であり、読み物としての切り口から言語学の扉を開けるという事としては有用な一書だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/10/16 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/10 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/03 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/03 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/06 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/21 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。