サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 民俗・文化の通販
  5. 法藏館の通販
  6. 寺院内外伝承差の原理 縁起通史の試みからの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/06/10
  • 出版社: 法藏館
  • サイズ:22cm/548p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8318-7722-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

寺院内外伝承差の原理 縁起通史の試みから

著者 中前 正志 (著)

寺院草創沿革の記録、すなわち寺院縁起は一つの寺院においても多様な内容を持つことが多い。それらの寺院発の伝承が変遷することには一定の法則性があるのであろうか?西国三十三所札...

もっと見る

寺院内外伝承差の原理 縁起通史の試みから

税込 4,400 40pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

寺院草創沿革の記録、すなわち寺院縁起は一つの寺院においても多様な内容を持つことが多い。
それらの寺院発の伝承が変遷することには一定の法則性があるのであろうか?

西国三十三所札所(穴太寺、成相寺、華厳寺、三室戸寺、清水寺)の開創期から近現代に至る各種の縁起を通史的に分析して史的展開を跡づけ、寺院発の伝承の変遷に法則性を読み取り、その原理を仮説として提示する。

--------------------
〔寺院内外伝承差の原理〕
【原理A】
寺院が管理あるいは発信する、開創縁起などの伝承について、同寺院の内部と外部との間での伝承内容に差異の生じることがあり、その発生事情としてはおよそ二通りの場合が考えられる。寺内にて行われている本伝とは異なる内容を持った異伝が寺外にて発生した場合と、従来行われていた旧伝とは異なる内容を持った新伝が寺内にて発生し、寺外においては引き続き旧伝が行われている場合とである。
【原理B】
右のようにして一旦生じた寺院内外伝承差が、すぐには解消されないまま、時代を超えて相当に長期間に亙って存続する場合がある。
【原理C】
発生事情の相違に関係なく、また長期間に亙って存続していてもいずれは、寺外で発生した異伝が寺内の本伝によって凌駕され、あるいは、寺外にて存続していた旧伝が寺内の新伝によって凌駕され、すなわち、いずれにせよ内部も外部も寺内の伝承によって統一されて、寺院内外伝承差は解消していく、もしくはそういう傾向を示すようになる。
(本文より)
--------------------

【本書の目次】

まえがき

第Ⅰ部 縁起通史の試み――古代から近現代まで――

序――縁起通史という俯瞰
〔試論A〕 揺らぐ檀那――丹波国穴太寺縁起通史――
付論a 丹波国穴太寺縁起と薬師――『一遍聖絵』巻八第一段が暗示するもの――
〔試論B〕 分岐する開山――丹後国成相寺縁起通史――
付論b 周防国二井寺観音霊験譚のその後
〔試論C〕 移りゆく願主――美濃国華厳寺縁起通史――
付論c 美濃国谷汲念仏池念仏橋関係資料逍遥

第Ⅱ部 寺院内外伝承差の原理――仮説の提示――

序――寺院内外伝承差の面影
〈補論A〉 観音発見者の収束――宇治三室戸寺縁起断章――
〈補論B〉 楊柳観音の波紋――洛東清水寺縁起断章――
〈補論C〉 草創の遡及――洛北鞍馬寺縁起断章――
【仮説提示】 寺院内外伝承差――原理への模索――

付録 明治二十九年刊『西国三十三所霊験画伝』――仏具としての縁起譚――

あとがき【商品解説】

目次

  • まえがき
  • 第Ⅰ部 縁起通史の試み――古代から近現代まで――
  • 序――縁起通史という俯瞰
  • 〔試論A〕揺らぐ檀那――丹波国穴太寺縁起通史――
  • 一 「命に替る」穴太寺観音
  • 二 猛悪の檀那――『扶桑略記』所載「穴穂寺縁起」と『法華験記』
  • 三 悪人離れする檀那――『今昔物語集』以降宝徳二年重修『丹波国穴太寺観音縁起事』以前

著者紹介

中前 正志

略歴
1960年神戸市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。花園大学専任講師を経て、現在、京都女子大学文学部教授。 著書に『神仏霊験譚の息吹き――身代わり説話を中心に――』(臨川書店、平成二十三年)、編書に『東山中世文学論纂』(私家版、平成二十六年)、など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。