サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 小説の通販
  5. 白水社の通販
  6. 行く、行った、行ってしまったの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/07/16
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/353p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-09068-8
  • 国内送料無料

紙の本

行く、行った、行ってしまった (エクス・リブリス)

著者 ジェニー・エルペンベック (著),浅井 晶子 (訳)

【トーマス・マン賞(2016年)】【日本翻訳出版文化賞翻訳特別賞(第57回)】ベルリンに辿り着いたアフリカ難民たちとの交流は、次第に元大学教授リヒャルトの日常生活の一部と...

もっと見る

行く、行った、行ってしまった (エクス・リブリス)

税込 3,630 33pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【トーマス・マン賞(2016年)】【日本翻訳出版文化賞翻訳特別賞(第57回)】ベルリンに辿り着いたアフリカ難民たちとの交流は、次第に元大学教授リヒャルトの日常生活の一部となっていくが…。ふたつに分断された国の記憶と、難民たちを阻む新たな「壁」。変わりゆく「境界」をめぐる内省と思索の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

ドイツの実力派による〈トーマス・マン〉賞受賞作

 大学を定年退官した古典文献学の教授リヒャルトは、アレクサンダー広場でアフリカ難民がハンガーストライキ中とのニュースを知る。彼らが英語で書いたプラカード(「我々は目に見える存在になる」)について、リヒャルトは思いを巡らす。
 その後、オラニエン広場では別の難民たちがすでに1年前からテントを張って生活していることを知る。難民たちはベルリン州政府と合意を結んで広場から立ち退くが、彼らの一部は、長らく空き家だった郊外の元高齢者施設に移ってくる。
 難民たちに関心を持ったリヒャルトは、施設を飛び込みで訪ね、彼らの話を聞く。リビアでの内戦勃発後、軍に捕えられ、強制的にボートで地中海へと追いやられた男。命からがら辿り着いたイタリアでわけもわからず難民登録されたが、仕事も金もなくドイツへと流れてきた男。
 リヒャルトは足繁く施設を訪ね、彼らと徐々に親しくなっていく。ドイツ語の授業の教師役も引き受け、難民たちとの交流は、次第に日常生活の一部となっていくが……東ドイツの記憶と現代の難民問題を重ね合わせ、それぞれの生を繊細に描き出す。ドイツの実力派による〈トーマス・マン賞〉受賞作。【商品解説】

著者紹介

ジェニー・エルペンベック

略歴
〈ジェニー・エルペンベック〉1967年ベルリン生まれ。フンボルト大学で演劇学を学ぶ。舞台監督。「年老いた子どもの話」で小説家デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どうするのが正解なのか私にはわからない

2021/11/01 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

リヒャルトは古典文献学の名誉教授、大学を退官したばかりで、妻を5年前に亡くしている。アフリカからの難民が近所に収容されていると聞いて、彼らに関心を持ち始めドイツ語やピアノを教え始める。彼らの多くはドイツに留まることができず、初めに流れ着いたイタリアに送り返されることになる、その時、リヒャルトは・・・、という話なのだがこの小説のすばらしいことは、リヒャルトがスーパーマンではないこと、リヒャルトが資材を投げうって彼らを助けるということはなく、彼らと一緒になってこれからどうすればいいのかと悩む、留守中に空き巣に入ったのは懇意にしていたアフリカ人の一人はないかと悩む、難民を受け入れるのは義務だと言いながら自身は難民のいない高級住宅街に住む富裕層(なぜか筑紫哲也の顔を思い浮かべてしまった)を尻目に彼は努力を続ける

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/03 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/03 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/04 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/31 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/14 12:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/14 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/10 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/30 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/31 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。