サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0815-19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 242件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/07/29
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:20cm/360p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-02845-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

兇人邸の殺人

著者 今村 昌弘 (著)

廃墟テーマパークににそびえる「兇人邸」。班目機関の研究資料を探し求めるグループとともに、その奇怪な屋敷に侵入した葉村と比留子を待ち構えていたのは、無慈悲な首斬り殺人鬼だっ...

もっと見る

兇人邸の殺人

税込 1,870 17pt

兇人邸の殺人

税込 1,800 16pt

兇人邸の殺人

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.7MB
Android EPUB 6.7MB
Win EPUB 6.7MB
Mac EPUB 6.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

廃墟テーマパークににそびえる「兇人邸」。班目機関の研究資料を探し求めるグループとともに、その奇怪な屋敷に侵入した葉村と比留子を待ち構えていたのは、無慈悲な首斬り殺人鬼だった…。「屍人荘の殺人」シリーズ第3弾。【「TRC MARC」の商品解説】

“廃墟テーマパーク”にそびえる「兇人邸」。班目機関の研究資料を探し求めるグループとともに、深夜その奇怪な屋敷に侵入した葉村譲と剣崎比留子を待ち構えていたのは、無慈悲な首斬り殺人鬼だった。逃げ惑う狂乱の一夜が明け、同行者が次々と首のない死体となって発見されるなか、比留子が行方不明に。さまざまな思惑を抱えた生存者たちは、この迷路のような屋敷から脱出の道を選べない。さらに別の殺人者がいる可能性が浮上し……。葉村は比留子を見つけ出し、ともに謎を解いて生き延びることができるのか?! 『屍人荘の殺人』の衝撃を凌駕するシリーズ第三弾。【商品解説】

『魔眼の匣の殺人』から数ヶ月後――。神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子が突然の依頼で連れて行かれた先は、“生ける廃墟”として人気を博す地方遊園地だった。園内にそびえる洋館「兇人邸」に、比留子たちが追う班目機関の研究成果が隠されているという。深夜、依頼主たちとともに兇人邸に潜入した二人を、“異形の存在”の無慈悲な殺戮が待ち受けていた。待望のシリーズ第三弾、ついに刊行!【本の内容】

著者紹介

今村 昌弘

略歴
〈今村昌弘〉1985年長崎県生まれ。「屍人荘の殺人」で第27回鮎川哲也賞、第18回本格ミステリ大賞小説部門を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー242件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

めちゃくちゃ面白い

2021/12/31 23:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:fks - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだ途中ですが今回は前作より(下手したら処女作よりも)個人的には抜群に面白いです。
そして超常現象と本格推理が両立した推理小説はおそらく日本史上初ではないでしょうか?
自分の推理を楽しみながら読み進めています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

荒唐無稽だけど

2022/04/24 10:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hid - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもしろいなあ。
ミステリーなんだよなあ。
自分じゃ、理詰めに考えられないけどね。
で、最後の最後の人。
誰?って思ったら、過去に出てきてたのね。
通して読んでないと、絶対忘れてると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シリーズ3作目

2021/09/23 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tsug - この投稿者のレビュー一覧を見る

「屍人荘の殺人」「魔眼の匣の殺人」に続く第3弾。
期待して読み始めましたが、やっぱり面白い。満足です。あの終わり方は次回作への布石なんでしょうね。早く次回作が読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

建物が頭に入らない

2021/10/18 19:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にこださぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ3作目。建物の構造を把握していないと読み進めるのが辛く、年寄りにはきつかった。図面を拡大コピーしてメモをとりながらやっと読了。立面図が欲しかった!ストーリーは面白かったが、前2作の方が良かった。4作目が正念場になるのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

細かいことは気にすんな。エンタテイメントなんだから

2021/11/15 14:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jack - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ2作目は王道ミステリ路線を行くような作品でしたが、
本書3作目はデビュー作のような奇想路線へ戻りました。

デビュー作が非常識でトリッキーな物理的クローズドサークルを演出しましたが、
今作は「常識」を逆手に取った心理的なクローズドサークルを生み出しています。

とはいえ、今村氏の作品は本格推理とは違います。
本作品も細かいことを見て行くと、ハッキリ言ってミステリとしては滅茶苦茶な感じもあります。
本シリーズは読者に対して推理の挑戦状を叩きつける本ではなく、
あくまでもエンタテイメントとして楽しむための小説です。
ジャンル的にはキャラクター小説と言っても過言ではありません。
ちなみに本シリーズが気に入った人は、初期の西尾維新作品もオススメ。

綾辻行人や島田庄司が好きな人でも、中盤ぐらいまではけっこう楽しめますよ。
ただし後半は、安易なロマン、チープなメルヘンが描かれており、
「あ~、キャラクター小説だなぁ。ライトノベルだなぁ」とシラける恐れあり。

奇想、新奇、斬新、
そういうものに目がないミステリ小説好きは、目を通しておいて損はないと思われます。
まだミステリにこういう可能性があるのかと、新しい風に触れた気分にきっとなることでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ラストは

2021/12/28 21:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

終わり方がちょっとキツ過ぎました。もう少し、……な終わり方、があれば……。この作品も葉村譲と剣崎比留子の登場する危険な館の物語ですが、見取り図がキーポイントになっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/02/01 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/20 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/28 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/05 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/28 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/03 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/26 22:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/14 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/03 16:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。