サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/06/25
  • 出版社: ぷねうま舎
  • サイズ:22cm/254,5p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-910154-20-6
  • 国内送料無料

紙の本

死海文書 3 聖書釈義

著者 死海文書翻訳委員会 (訳),月本 昭男 (訳),山我 哲雄 (訳),上村 静 (訳),加藤 哲平 (訳)

死海文書の聖書写本以外の約600文書のうち、ある程度意味を成す分量の文章が残っているものすべてを原典から訳出。3(聖書釈義)は、創世記注解、イザヤ書ペシェル、詩篇ペシェル...

もっと見る

死海文書 3 聖書釈義

税込 5,720 52pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

死海文書の聖書写本以外の約600文書のうち、ある程度意味を成す分量の文章が残っているものすべてを原典から訳出。3(聖書釈義)は、創世記注解、イザヤ書ペシェル、詩篇ペシェル、メルキツェデクなどを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

■ 聖書釈義=死海に存在した信仰共同体、クムラン教団による独自の旧約聖
  書解釈(注解と釈義)。ユダヤ教諸派、原始キリスト教団のそれとの異同と
  は。迫りくる終末に向けて。

▶ 死海のほとりの洞窟から、聖書を照らす新たな光が放たれた。
▶ 文書発見から今日に至るまでの校訂・編集・解読作業を踏まえた、原語ヘブ
  ライ語・アラム語/ギリシア語からの翻訳。
▶ 傍注(見開き、左隅)では、欠損箇所復元の根拠、旧約・新約聖書との関連、
  本文の背景にある歴史的な事柄などに触れる。また、死海文書に特有の語彙
  や考え方などについて解説する。

収録文書=創世記注解、イザヤ書ペシェル、ホセア書ペシェル、ハバクク書ペシェル、詩篇ペシェル、フロリレギウム、終末釈義、聖書年代記……【商品解説】

目次

  •   12分冊構成
  • Ⅰ共同体規則・終末規定      既刊     Ⅶ 聖書の再話2    既刊
  • Ⅱ清潔規定・ハラハー・神殿の巻物 次回配本  Ⅷ 詩篇         既刊
  • Ⅲ 聖書釈義             刊行      Ⅸ 儀礼文書      既刊
  • Ⅳ 黙示文学              Ⅹ知恵文書       既刊
  • Ⅴ エノク書・ヨベル書               Ⅺ 天文文書・魔術文書
  • Ⅵ 聖書の再話1           既刊      補遺 聖書写本・銅板巻物

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「イエスのミステリー」を連想してしまう「ペシェル」という言葉

2022/01/13 23:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「はじめに」で「何とNHK出版から」刊行されたバーバラ・シーリングの「イエスのミステリー」がトンデモ本として言及されているが、この本のけったいな「ペシェル」という用法を読者の頭脳から上書きする為に「ペシェル」を多用しているように見える。何故、「ハバクク書注解」で通っている書を「ハバクク書ペシェル」にするのか?、と思ってしまう。「ペシェル」という言葉を知っている一般の読者は、それこそ「イエスのミステリー」を読んだ人ぐらいではないのか?今更シーリングだの「イエスのミステリー」だのでもないだろうに、この「ペシェル」という言葉を使ってしまうと、折角の本なのに「イエスのミステリー」を連想して興醒めしてしまう「効果」があるとは言えるが。
 しかし「イエスのミステリー」は「書物としての新約聖書」で書かれているように「何と」本職の新約聖書学者が柏書房の「死海文書の謎」と並んで訳した本だから。
 それにしても「バーバラ・シーリング」は男性名とは思えない名前だが、わざわざ「女性新約学者」だと明記する必要があるのだろうか?この「聖書釈義」に使われているテキストを担当したアレグロにしても死海文書のプロジェクトから外されると「キノコの催眠効果が宗教の源泉だ」といった一般に流通していない邦訳があるらしいトンデモ本扱いされる本を出しているのに、「男性学者」とは言わないだろう?
 重刷する時には収録している書名から「ペシェル」をやめて、一般的な「ハバクク書注解」といった書名に戻してほしいぐらいだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。