サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 72件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/06/24
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-101432-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

火のないところに煙は (新潮文庫)

著者 芦沢 央 (著)

【静岡書店大賞小説部門(第7回)】作家の「私」は、突然「神楽坂を舞台にした怪談」を依頼され、驚愕する。心に封印し続けた悲劇は、まさにその地で起こったのだ。私は迷いつつも、...

もっと見る

火のないところに煙は (新潮文庫)

税込 649 5pt

火のないところに煙は(新潮文庫)

税込 649 5pt

火のないところに煙は(新潮文庫)

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 2.9MB
Android EPUB 2.9MB
Win EPUB 2.9MB
Mac EPUB 2.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【静岡書店大賞小説部門(第7回)】作家の「私」は、突然「神楽坂を舞台にした怪談」を依頼され、驚愕する。心に封印し続けた悲劇は、まさにその地で起こったのだ。私は迷いつつも、事件を小説として発表することで情報を集めようとするが…。【「TRC MARC」の商品解説】

「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」突然の依頼に、作家の〈私〉は驚愕する。心に封印し続けた悲劇は、まさにその地で起こったのだ。私は迷いつつも、真実を求めて執筆するが……。評判の占い師、悪夢が憑く家、鏡に映る見知らぬ子。怪異が怪異を呼びながら、謎と恐怖が絡み合い、直視できない真相へとひた走る。読み終えたとき、それ(それに傍点)はもはや他人事ではない。ミステリと実話怪談の奇跡的融合。【商品解説】

収録作品一覧

染み 7−44
お祓いを頼む女 45−94
妄言 95−143

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

終わらない怪異

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

ふと、煙に吸い寄せられただけ。
少しだけ扉をひらいてしまっただけ。
それにしては、あまりに容赦がない。

本著『火のないところに煙は』は作者である芦沢央氏自身が登場するフェイクドキュメンタリー風の連作短編小説であり、
普段は実話怪談専門だ、という方にも自信をもっておすすめしたい、良質なホラーミステリ作品である。
「小説家芦沢央」の元に集まった怪異は理不尽さと不可解さに満ちていて、
最終話をよみながら、耐えきれず途中で何度もページをめくりなおした。

いちどはじめてしまったこの物語は、そう簡単には終わらない。
不穏の底へとぐいぐいひきずりこんで、いやな予感がするころにはもう手遅れだ。
あのひともこのひとも、とうに巻き込まれてしまったあとなのだから。
恐怖は自分の後ろで佇んで、こちらが振り返るのをじっと待っている。

この物語があくまでフィクションである、ということに胸をなでおろしているが、
心の中に巣食うざらりとした疑念は、どうしてもしばらく払拭することができなかった。
読了後はぜひ裏表紙の血痕についても注目していただきたい。

みんなのレビュー72件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

読み終えてもゾクゾクが続く

2021/10/31 07:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Pana - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作短編ホラー・ミステリー小説。
虚実不明なこの作品、とても面白いかったです。
また、本全体の仕掛けもとてもいいなと思いました。

さらに初回限定特典のカバー裏、掌編を二作読めるというのも嬉しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぞーっとする短編集

2021/10/09 18:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が『許されようとは思いません』を脱稿した後に新たに持ち込まれた企画に応えて自身の経験した怪談話や周囲から聞いた怪談話を書き綴っていくという体裁の短編集。そういう体裁をとっているところが面白いと思いました。怪談自体はぞーっとしますが、夜読んでも眠れないほど怖くはなかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

可もなく不可もなく

2021/09/01 04:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K.ザムザ - この投稿者のレビュー一覧を見る

フェイクドキュメンタリーとしての作り込みは力が入っているし、ミステリー要素や魅力的なキャラで飽きさせないが、ややこぢんまりとまとまっている印象だった。ホラーに分類される作品の中では刺激や怖さが控えめなので同ジャンルの中では人に薦めやすいものかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリー×怪異

2021/07/26 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dsukesan - この投稿者のレビュー一覧を見る

近所の神楽坂が舞台の怪談。場所がリアルなので、面白い。実話系怪談の面目躍如ということか。
本当によく出来たストーリーで、全話を読んで浮かび上がるものがある展開は、作者の巧さを感じさせられる。ちと、親子2代を呪う夢の中の女性霊というのは、何年前から、その占い師活動してんねんという感じで、無理矢理なこじつけもあった様にも思えたけども、そのへんの整理されきれてないところが、ミステリーの手法で怪談を現実に落とし込んだ結果なのかもしれない。
只、帯の煽り文句ほど怖くなかったのは、想像力が乏しいおっさんの自分の感性だからかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最終話の

2021/09/02 05:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

禁忌、ですべてがおさまる形の連作集です。ミステリー小説の類いなのですが、ホラー小説の要素もアリアリで、コワイ部類がキライな方は、どうでしょうか……。自分はそこが……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/07/05 13:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/08 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/19 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/11 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/12 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/18 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/29 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/18 16:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/03 19:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/24 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。