サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0125-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/07/28
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391404-6

紙の本

後列のひと 無名人の戦後史

著者 清武 英利 (著)

最前列ではなく、後ろの列の目立たぬところで、人や組織を支える人々がいる。戦後復興、高度成長、ベトナム戦争…。時代や組織に翻弄されつつも、良く生きた人々の非凡な歴史を描く。...

もっと見る

後列のひと 無名人の戦後史

税込 1,760 16pt

後列のひと 無名人の戦後史

税込 1,599 14pt

後列のひと 無名人の戦後史

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 19.2MB
Android EPUB 19.2MB
Win EPUB 19.2MB
Mac EPUB 19.2MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

最前列ではなく、後ろの列の目立たぬところで、人や組織を支える人々がいる。戦後復興、高度成長、ベトナム戦争…。時代や組織に翻弄されつつも、良く生きた人々の非凡な歴史を描く。『文藝春秋』連載を加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

清武 英利

略歴
〈清武英利〉1950年宮崎県生まれ。立命館大学経済学部卒業。ノンフィクション作家。「しんがり」で講談社ノンフィクション賞、「石つぶて」で大宅壮一ノンフィクション賞読者賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

人にはそれぞれの人生があり、それには優劣はない

2021/12/07 16:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「そういえば、そういう奴もいたな」、同窓会などでよく出る会話の場面だ。
 だが、そういう目立たない人でも、深い人生があり、社会のいろんな場面で活躍していることもある。
 前列で目立つばかりが人生ではない。
 後列にいても、「人や組織を支えた人々」がいる。
 「人は誰しもこの世界に生存の爪痕を残したいと思うときがある。しかし、生き急ぐ必要はない」と、この本の「はじめに」で著者の清武英利さんは書く。そして、こう続ける。
 「良く生きた人生の底には、その人だけの非凡な歴史が残るものだ」と。

 この本で紹介されている18人の無名人たち。
 その人たちは、少しばかりの縁のつながりはあるが、ほとんど関係はない。ただその人たちの人生を並べると、戦後の日本の歴史につながっていく。
 日本軍のテストパイロットだった父はテスト飛行中に殉職。そんな父を持つ息子は戦後「ロケット班長」と呼ばれるほどにロケット開発に携わる。
 その関係で登場するロケット博士糸川英夫教授とその晩年をともに生きた女性。
 あるいは、無名の相場師の生きざま。
 さらには、ベトナム戦争にかかわった写真家。
 清武さんの代表作でもある『しんがり 山一証券最後の12人』で知己を得たであろう元山一証券の女性社員の、「四つの生」と章題のついた壮絶な人生。
 または、東日本大震災時の原発事故以後に東京電力に入社した男の仕事観。

 名もない人たちであっても、「最後まで姿勢を正して生きんといかんな」という言葉の意味は大きい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/01/09 14:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/14 12:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/21 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/17 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/25 16:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/19 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/04 18:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/28 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。