サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/07/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102653-8
新書

紙の本

中先代の乱 北条時行、鎌倉幕府再興の夢 (中公新書)

著者 鈴木 由美 (著)

鎌倉幕府滅亡から2年後の1335年、北条高時の遺児時行が信濃で挙兵、鎌倉を陥落させた。この中先代の乱を契機に歴史は南北朝時代へと動き出す。乱の内実を読み解き、その後の時行...

もっと見る

中先代の乱 北条時行、鎌倉幕府再興の夢 (中公新書)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鎌倉幕府滅亡から2年後の1335年、北条高時の遺児時行が信濃で挙兵、鎌倉を陥落させた。この中先代の乱を契機に歴史は南北朝時代へと動き出す。乱の内実を読み解き、その後の時行たちの動向を追う。【「TRC MARC」の商品解説】

建武2年(1335)7月、信濃で北条高時の遺児時行が挙兵した。破竹の勢いで鎌倉を落とした彼らの動きに、時の政権は戦慄する。後醍醐天皇、足利尊氏、護良親王など多くのキーマンの運命を変えた反乱の内実を読み解き、その歴史的位置づけを示す。【商品解説】

著者紹介

鈴木 由美

略歴
〈鈴木由美〉1976年東京都生まれ。帝京大学文学部史学科卒業。中世史研究者。中世内乱研究会会長。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

彗星の時代

2021/07/20 21:49

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は子供の頃に読んだ歴史漫画で北条時行にハマった結果が、この本という事になる。中先代の乱は南北朝の時代の前震みたいな扱いだが、短いとはいえども、鎌倉を制圧したので、先代としての鎌倉幕府と当代としての室町幕府の間という意味で「中先代」と称されたとの事。
 北条時行は文和2年まで生きていたが、人生で輝いて見えるのは、やはり中先代の乱の一時で、彗星のように一瞬、輝いていたように見えてくる。
 著者は中先代の乱と先行する西園寺公宗による後醍醐天皇暗殺計画、建武3年の足利尊氏・直義兄弟に接触して持明院統に皇位を回復しようとした光厳院を「強い意志を持った人物だったと考えられる」と評し、「持明院統の後醍醐」とも評している。昨今の光厳天皇の伝記は六波羅探題の滅亡と正平の一統に視線が向きがちで、後伏見院の落飾によって持明院統の家長となった建武期の光厳院の果たした役割には向かないような感じがしていたから、案外、それが光厳院の実像、あるいは一面だったように思える。
 中先代の乱当時に光厳朝の年号である正慶を復活させた時行は北条一門恩顧の足利一門の裏切りを許せなかったので、仇敵であるはずの南朝に参じて龍口で切られるまで南朝方に仕えていた。時行は光厳院をどう思っていたのか、気になってくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者の愛が伝わる

2021/09/21 18:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mt - この投稿者のレビュー一覧を見る

ジャンプで漫画が連載中とはいえ、中先代の乱で新書が一冊出るとは凄い。太平記からの引用も多く、史料的にも厳しいのかなと思うが、それでも建武政権への不満を掬い上げ、鎌倉奪還を成し遂げたその意義をしっかりと描いている。意外だったのは北条時行が、光厳天皇ら持明院統と連携していた点。反後醍醐で考えれば当然かもしれないが、後に時行が南朝に帰順することを思うと、足利尊氏と立場がそっくり入れ替わったようで不思議である。反後醍醐から反足利への転換。時行の決断が、足利の天下が生まれつつあることを証明しているようで面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時行

2021/09/06 05:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:七無齋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北条時行への思い入れが深いのは分かるがまだ資料が少なくわからない部分も多々ある。論文ではなく一般書だということを忘れているようで引用が多く読みにくいところもある。巻末年表は整理しやすくなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/09/03 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/03 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/23 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/15 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/23 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/29 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/13 08:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。