サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 38件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/07/23
  • 出版社: 星海社
  • レーベル: 星海社新書
  • サイズ:18cm/268p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-524327-5
新書

紙の本

ライティングの哲学 書けない悩みのための執筆論 (星海社新書)

著者 千葉 雅也 (著),山内 朋樹 (著),読書猿 (著),瀬下 翔太 (著)

「書けない病」を克服するには。書くことを一生の仕事としながらも、書けない悩みを抱えた4人が、新たな執筆術を模索。具体的な執筆方法から書くことの本質までを縦横無尽に探求する...

もっと見る

ライティングの哲学 書けない悩みのための執筆論 (星海社新書)

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「書けない病」を克服するには。書くことを一生の仕事としながらも、書けない悩みを抱えた4人が、新たな執筆術を模索。具体的な執筆方法から書くことの本質までを縦横無尽に探求する。【「TRC MARC」の商品解説】

書くのが苦しい4人と一緒に「書けない」悩みを哲学しよう!

「書き出しが決まらない」「キーボードに向き合う気力さえ湧いてこない」「何を書いてもダメな文章な気がする」……何かを書きたいと思いつめるがゆえの深刻な悩みが、あなたにもあるのではないでしょうか? 本書は「書く」ことを一生の仕事としながらも、しかしあなたと同じく「書けない」悩みを抱えた4人が、新たな執筆術を模索する軌跡を記録しています。どうすれば楽に書けるか、どうしたら最後まで書き終えられるか、具体的な執筆方法から書くことの本質までを縦横無尽に探求し、時に励まし合い、4人は「書けない病」を克服する手がかりを見つけ出します。さあ、あなたも書けない苦しみを4人と哲学し、分かち合い、新たなライティングの地平へと一緒に駆け出していきましょう!!

*本書目次
はじめに 山内朋樹

座談会その1
挫折と苦しみの執筆論
Section.1 「書くこと」はなぜ難しいのか?
Section.2 制約と諦めのススメ
Section.3 「考えること」と「書くこと」

執筆実践
依頼:「座談会を経てからの書き方の変化」を8000文字前後で執筆してください。

断念の文章術 読書猿
散文を書く 千葉雅也
書くことはその中間にある 山内朋樹
できない執筆、まとめる原稿ーー汚いメモに囲まれて 瀬下翔太

座談会その2
快方と解放への執筆論
Section.1 どこまで「断念」できたか?
Section.2 「執筆」の我執から逃れ自由に「書く」

あとがき 千葉雅也【商品解説】

著者紹介

千葉 雅也

略歴
哲学者。1978年、栃木県生まれ。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。ジル・ドゥルーズを中心とするフランス現代思想の研究、美術・文学・ファッションなどの批評、小説『デッドライン』(新潮社)など、領域横断的な執筆を展開している。著書に『動きすぎてはいけないーージル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(河出書房新社)、『勉強の哲学ーー来たるべきバカのために』(文藝春秋)など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー38件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

書くことについての意識の持ち方がわかる一冊

2021/09/05 06:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BTM - この投稿者のレビュー一覧を見る

単に文章の書き方を教えるのではなく、書く前の意識の持ち方が書かれています。四人の著者の座談会の後の文章の書き方の変化が特に面白い。読書猿さんの大ファンで著作すべて購入して読んでいる。正体が知りたいな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かける

2023/05/07 14:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イ! - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学でのレポートや学んだ事柄をまとめる感想でなかなか書けないことが多かったが,これを読むと根幹が分かり以前と比べると書けるようになった.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「書く」ことへの認識について~強迫観念と許容~

2021/12/09 00:33

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

書くことを生業とする4名がアウトライナーについて語り合う。
というのが当初の目的であったにもかかわらず、書くことの苦しみやそれからの脱却方法へと話題は転じ、最終的には書くという行為はなぜ必要なのかというところまで行き着く。
この偶発性や即興性が本書の魅力であると同時に、書くという行為においてもそれらの要素がいかに重要であるかということが記されている。

他の執筆論や書くことについてのハウツー本では、正しく美しい文章を執筆するために何が必要で不必要なのかというルールを提示されることが多い。
しかし本書はそういった類の作品とは一線を画す。
先述したような偶発性や即興性を支持するといった独自の観点や、締切がもたらす恩恵、自身に対する要求水準の上昇に潜む甘えなど、どれもこれも斬新でありながらも腑に落ちるものばかり。
何よりルールによって書くという行為の正しい手法はこれだけしかないと選択肢を狭めるのではなく、書くという行為はもっと自由で自らの衝動に甘んじてもいいものなのだと認識を改めさせてくれる。

そして本書のラストに総括として述べられる、書くことに対する強迫観念と自己許容は執筆に限らず人生そのものにも通ずると感じた。
きちんとしなきゃ、綺麗な文を書かなければといった自分で自分を縛り付ける呪詛の言葉によって書くという行為が億劫になっていく。
そのような強迫観念は大抵自分で作り上げた幻想にすぎないにもかかわらず、私たちはそれに縛られてしまう。
しかし書くという行為はもっと自由で完璧を求めるものではなく、もっと言葉に身を委ねてもいいのではないか。
ルールや計画によって窮屈な思いをするのではなく、偶発性と即興性を信じてもいいのではないかと、本書は私たちに問いかける。
「書く」という行為に嫌気がさしている方の強迫観念を取り除き、これまでの「書く」ことに対する認識が変えてくれる一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。