サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1012-16)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 生命科学・生物学の通販
  5. 南江堂の通販
  6. Essential細胞生物学 原書第5版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発売日:2021/07/13
  • 出版社: 南江堂
  • サイズ:28cm/844p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-524-22682-5
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

Essential細胞生物学 原書第5版

著者 Bruce Alberts (著),榊 佳之 (監訳),水島 昇 (監訳),青山 聖子 (ほか訳),Karen Hopkin (著),Alexander Johnson (著),David Morgan (著),Martin Raff (著),Keith Roberts (著),Peter Walter (著),中村 桂子 (監訳),松原 謙一 (監訳)

生物学に初めてふれる人でも理解できるように、細胞生物学の基礎をビジュアルなカラーの図と共に解説する。章末問題も掲載。クライオ電子顕微鏡法など新技術にも触れた原書第5版。ア...

もっと見る

Essential細胞生物学 原書第5版

税込 8,800 80pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生物学に初めてふれる人でも理解できるように、細胞生物学の基礎をビジュアルなカラーの図と共に解説する。章末問題も掲載。クライオ電子顕微鏡法など新技術にも触れた原書第5版。アニメとビデオ映像が視聴できるURL付き。【「TRC MARC」の商品解説】

各国で翻訳されている世界的な生命科学,分子生物学の第一選択の教科書.ストーリー性のある解説と美しい図版により,複雑な生命現象をイメージしながら学ぶことができる.改訂版では新知見の追加や情報更新を実施.より深い知識を得ることができるようになった.【商品解説】

目次

  • 第1章 細胞:生命の基本単位
    • パネル1−1 顕微鏡
    • 表1−1 細胞構造の解明に至るまでの歴史的発見
    • パネル1−2 細胞のつくり
    • 解明への手がかり:生命に共通するしくみ
    • 表1−2 おもなモデル生物とそのゲノム
  • 第2章 細胞の化学成分
    • 表2−1 化学結合の結合長と結合強度の例
    • 表2−2 細菌細胞の化学組成
    • 解明への手がかり:巨大分子とは何か?

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

もっと完成度が高くていいでしょう。

2021/08/25 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Eternal Kaoru - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロングセラー、ベストセラーの教科書。早いものでもう第5版になります。これだけ長年世界中で使われており、強力(なのだと思う)な執筆陣が揃っているのだから、もっと記述がブラッシュアップされていて良さそうなものだが、というのが率直な感想です。
 まず、初学者に易しい記述ではありません。例えばp180で「細胞遺伝学」というコトバが説明なしに出てきます。この用語はこれ以前の箇所に言及がなく、巻末の用語説明にも説明がありません。初学者にわかるはずのない用語です。この用語が「細胞の遺伝学」という意味ではなく(それは単に遺伝学という意味にしかならない)、染色体レベルの研究という意味であることが、初学者にわかるはずがないでしょう。「第20章で説明する」とありますが、この用語の説明はありません。「そのくらいの用語は既知としているのだ」という反論があり得ますが、それなら「生化学では水素結合が重要である」なんていう初歩の初歩的な説明は不要なはずです。このあたり、無神経だと感じます。
 第二に、これは初版からですが、模式図が相変わらず拙劣というかぞんざい。例えばCooperのThe Cellなんかに比較してその不出来は明らかです。これはいいかげん描き直してもらいたい。
 良い点はもちろんあります。答付きの練習問題が豊富で、これは非常によろしい。日本語版の翻訳は一回通読した範囲では誤訳、意味不明訳はなく、良く出来ています。生物学、医学の翻訳書はひどいものが多いのでこの点は訳者の皆さんのご努力に敬意を表します。安価に翻訳書が入手できるのもメリットです。
 長年にわたり王座に君臨している教科書で、今回の版でも王者たるものもっと改善できる余地があるだろう、という印象が拭えなかったので星を減らしました。しかし生物学の教科書としてはもちろん良い本で、基本書選びの選択肢には必ず入る本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。