サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

カイメン すてきなスカスカ (岩波科学ライブラリー 生きもの)

著者 椿 玲未 (著)

脳も心臓も胃腸もない。どこを切ってもスッカスカ。そんな存在感のないカイメンが、生態系を牛耳っていた!? サンゴ礁の海も、世界一透明な湖も、彼らなしには成り立たない。人間も...

もっと見る

カイメン すてきなスカスカ (岩波科学ライブラリー 生きもの)

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

脳も心臓も胃腸もない。どこを切ってもスッカスカ。そんな存在感のないカイメンが、生態系を牛耳っていた!? サンゴ礁の海も、世界一透明な湖も、彼らなしには成り立たない。人間も紀元前から利用してきた、その正体に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

脳も心臓も胃腸もない。どこを切ってもスッカスカ。動物?植物?そもそも生物? 海に行けば普通にいるが、印象が薄い。そんな存在感のないカイメンが、じつは生態系を牛耳る黒幕だった?! サンゴ礁の海も世界一透明な湖も、彼らなしには成り立たない。人間も紀元前から利用してきた。ジミにすごい正体にせまる。【カラー頁多数】【商品解説】

目次

  • はじめに
  • カイメンギャラリー/カイメンの世界/暮らしのなかのカイメン/カイメンの生活環
  • 第1章 ヒトとカイメン
  • 歴史の影にカイメンあり/カイメン漁師の栄枯盛衰/甘くはない養殖への道のり/カイメンから薬をつくる/カイロウドウケツの契り/美しいだけではない、形に隠された意味
  •  COFFEE BREAK 那覇の繁華街でカイロウドウケツに出会う
  • 第2章 生き物としてのカイメン
  • スカスカの体は何のため?/カイメンは動物/最古の動物はカイメン? クシクラゲ??/現生カイメンの系統関係/スカスカと巨大化の深い関係/すりつぶしても死なない/体を支える骨格/カイメンのふえ方/海を漂う幼生

著者紹介

椿 玲未

略歴
〈椿玲未〉1985年生まれ。京都大学大学院人間・環境学研究科で博士(人間・環境学)を取得。サイエンスライター。東京大学総合研究博物館、海洋研究開発機構でカイメンの研究も進める。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

スポンジのスカスカから見えてくるもの。

2021/10/10 10:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カイメン。英語ではSpongeスポンジ。でもスポンジと言うと人工的に作られた台所のアレをまず思い浮かべてしまいがち。スポンジはもともと海の生きもので、それに似せて作られたものがアレなのに。ちなみに漢字では海綿。こっちからは「植物?」と思われそうだがカイメンは動物である。

本書はそんなカイメンについて一般向けにまとめた本。基本の知識としての構造や生態、人間の利用の歴史など様々な側面が取り上げられている。面白い話ばかりではなくお勉強的で難しそうな部分もあるけれど、どの部分にも著者の「好き!」な気持ちが感じられて楽しく読めた。

1万年も生きる長生きなカイメンや肉食のカイメン、カイメンを利用するイルカなど、初めて知って面白かった。

あまり動かない、スカスカで柔らかいなどなど。その特徴を人間以外の生きものも様々に利用する。カイメンを利用する動物の話から海で唯一の真社会性動物の話も出てくる。生き物の利用する物質の循環にも、カイメンは大きな役割を負っているようだ。

「一つの生きものにこだわって、しつこくその糸をたぐり寄せていくと、いずれ生物学の、もっというと自然科学の遠景がうすぼんやりとみえてくる」。「おわりに」にある著者の言葉である。いいかえれば「一つの山でも登っていけば、全体がどうなっているのかが少し見え始めるという感じだろうか。この言葉は、何かを学ぶ人すべてに感じて欲しい言葉だと思った。

スポンジの「素敵なスカスカ」からもこんなにいろいろみえてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/09/02 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/01 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/02 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/08 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/27 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/03 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。