サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 心理の通販
  5. 岩波書店の通販
  6. 精神分析の再発明 フロイトの神話、ラカンの闘争の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/08/31
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:22cm/319,7p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-00-061487-0
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

精神分析の再発明 フロイトの神話、ラカンの闘争

著者 工藤 顕太 (著)

フロイトという起源を問い続け、同時に、新たな精神分析の理念を創造しようとしたラカン。精神分析運動の内部で生じた政治にも目配りしながら、異端者にして革命家であった彼の理論と...

もっと見る

精神分析の再発明 フロイトの神話、ラカンの闘争

税込 6,490 59pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フロイトという起源を問い続け、同時に、新たな精神分析の理念を創造しようとしたラカン。精神分析運動の内部で生じた政治にも目配りしながら、異端者にして革命家であった彼の理論と実践を、闘争の現場から読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

一九六三年、国際精神分析協会の決定によってラカンは訓練分析家の資格を剥奪された。この破門以来、ラカンは精神分析の「大義」を賭けた闘争に身を投じていく。本書では精神分析運動の政治史を読み解きながら、ラカンの思想と実践に迫る。精神分析の根源にあるフロイトの「症状」をどう解釈するのか、その実践はいかなる制度的枠組みによって可能となるのか。——立木康介氏、松本卓也氏推薦。【商品解説】

目次

  • Ⅰ フロイト的無意識からラカン的無意識へ
    • 第1章 フロイトへの回帰とシニフィアンの純粋論理
    • 第2章 欲望と享楽の倫理学
  • Ⅱ 精神分析運動の再開
    • 第3章 言語の裏面としてのトラウマ
    • 第4章 フロイト神話に抗する闘争
    • 第5章 知の歴史に対峙する精神分析
  • Ⅲ 精神分析と政治
    • 第6章 もうひとつのファシズム、もうひとつのレジスタンス
    • 第7章 「六八年五月」の夢と現実

著者紹介

工藤 顕太

略歴
〈工藤顕太〉1989年東京都生まれ。専門は精神分析・哲学を中心とした思想史。日本学術振興会特別研究員PD(京都大学人文科学研究所)。早稲田大学、群馬県立女子大学非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フロイトの原父殺害/ラカンの現実界

2022/04/22 19:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:EDA - この投稿者のレビュー一覧を見る

フロイトが見出した、症状の原因としてのエディプス・コンプレックス、そしてその究極の原因としての原父殺害神話。当時すでにトンデモ科学とされていたラマルクを持ち出してまでフロイトが拘泥した原父殺害とは何だったのか。こうした、起源たる原因の不可能性・裂け目こそが、本書を貫くテーマであります。
結論的には、それは現実界への防衛、幻想なのであり、そうした幻想を問い直すことは、ラカンがEFP(フロイト大義派)を創設し、IPAの論理——フロイトを知を想定された主体に置く転移——に異議を申し立てていくという、ラカンの精神分析運動とオーバーラップするものなのです。
刊行記念イベントにて、松本卓也先生は「書かれるべくして書かれた本」と仰っていました。全てのラカン好きに読まれるべき、素晴らしい研究書だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。