サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 125件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/09/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/482p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-524971-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

medium 霊媒探偵城塚翡翠 (講談社文庫)

著者 相沢 沙呼 (著)

【本格ミステリ大賞小説部門(第20回)】推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができ...

もっと見る

medium 霊媒探偵城塚翡翠 (講談社文庫)

税込 990 9pt

medium 霊媒探偵城塚翡翠

税込 990 9pt

medium 霊媒探偵城塚翡翠

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 11.8MB
Android EPUB 11.8MB
Win EPUB 11.8MB
Mac EPUB 11.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【本格ミステリ大賞小説部門(第20回)】推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができるが、そこに証拠能力はない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

死者が視える霊媒・城塚翡翠と、推理作家・香月史郎。心霊と論理を組み合わせ真実を導き出す二人は、世間を騒がす連続死体遺棄事件に立ち向かう。証拠を残さない連続殺人鬼に辿り着けるのはもはや翡翠の持つ超常の力だけ。だがその魔手は彼女へと迫り――。ミステリランキング5冠、最驚かつ最叫の傑作!

★★★★★
ミステリランキング5冠!

★第20回本格ミステリ大賞受賞
★このミステリーがすごい! 1位
★本格ミステリ・ベスト10 1位
★SRの会ミステリベスト10 1位
★2019年ベストブック

さらに2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補!
★★★★★

城塚翡翠。
彼女は、なにを視(み)ていたのだろう……?  

すべてが、伏線。

【商品解説】

収録作品一覧

プロローグ 8−13
泣き女の殺人 15−118
インタールード 1 119−124

著者紹介

相沢 沙呼

略歴
1983年埼玉県生まれ。2009年『午前零時のサンドリヨン』で第19回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。繊細な筆致で、登場人物たちの心情を描き、ミステリ、青春小説、ライトノベルなど、ジャンルをまたいだ活躍を見せている。『小説の神様』(講談社タイガ)は、読書家たちの心を震わせる青春小説として絶大な支持を受け、実写映画化された。本作で第20回本格ミステリ大賞受賞、「このミステリーがすごい!」2020年版国内編第1位、「本格ミステリ・ベスト10」2020年版国内ランキング第1位、「2019年ベストブック」(Apple Books)2019ベストミステリー、2019年「SRの会ミステリーベスト10」第1位、の5冠を獲得。さらに2020年本屋大賞ノミネート、第41回吉川英治文学新人賞候補となった。最新作は、本作の続編となる『invert 城塚翡翠倒叙集』(講談社)。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー125件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

全てが伏線

2021/11/10 13:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「すべてが伏線」という謳い文句に、過度に期待を抱いて購読した。
期待しすぎると、ハードルがあがるものだが、見事に良い方向に裏切られたと感じる。

すべてが伏線と言って間違いないミステリー。
とにかく城塚翡翠が魅力的で引き込まれる。ミステリーとしても面白い。おすすめ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衝撃

2021/11/07 12:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れいと - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミステリーはあまり好んで読まないのですが、この作品はとても面白かったです。
キャラクターもとても個性的で可愛らしく読むスピードの遅い私でもすぐに読み終わってしまったぐらいです。
ミステリーあまり読まない方にもおすすめしたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

惜しげもなく

2021/11/14 18:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:dsukesan - この投稿者のレビュー一覧を見る

霊視と推理という、新しい形式のミステリーということで、これもありかな、と読み進めていると思わぬ大ドン返しが。。
いやー、痛快でした。前半の設定も面白いし、幾らでもシリーズ化できそうで、キャラクターデザインもアニメにでもなりそうなのに。それらを惜しげもなくかなぐり捨てる作者のきっぷの良さ。その思い切りで、一つの名作が生まれた。
解説でもあったが、同じ手は使えない。折角のプロットを封じ手にしてしまう潔さの果てに、次作ではどの様な驚きを与えてくれるのか、楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

霊媒探偵というから

2021/11/14 22:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は、オカルトモノかと読んでいました……が、しかし違ってました。……後半は、それも後半3分の1から後は、本格モノだったのか、とビックリしました。ただ……ちょっと無理有るかなトリックに

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/11/11 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/03 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/11 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/09 15:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/16 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/23 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/27 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/29 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/22 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/01 17:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/30 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。