サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/11/01
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:21cm/289,12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-13-083082-9
  • 国内送料無料

紙の本

映画論の冒険者たち

著者 堀 潤之 (編),木原 圭翔 (編)

映画論を学ぶためのテキスト。サイレント期から現代に至るまで、映画を独創的な仕方で論じてきた21人の「映画論の冒険者」たちを取り上げ、それぞれの映画論のエッセンスを紹介する...

もっと見る

映画論の冒険者たち

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

映画論を学ぶためのテキスト。サイレント期から現代に至るまで、映画を独創的な仕方で論じてきた21人の「映画論の冒険者」たちを取り上げ、それぞれの映画論のエッセンスを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

映画についての百花斉放百家争鳴.クラカウアー,バザン,蓮實,メッツ,マルヴィ,ボードウェル,ガニング、カヴェル,ドゥルーズ, ランシエール…….彼ら/彼女らが映画に関して紡いだ思考のエッセンスを浮かび上がらせる.第一線で活躍する映画研究者が執筆する映画論を知り学ぶための最強テキスト.【商品解説】

目次

  • はじめに(木原圭翔)
  • Ⅰ 古典的映画論のアクチュアリティ
  • ヒューゴー・ミュンスターバーグ:その遺産と認知主義的映画研究(板倉史明)
  • ベーラ・バラージュ:映画芸術が可視化する人間の精神(渋谷哲也)
  • ジャン・エプシュタイン:幻視者の映画哲学(武田 潔)
  • セルゲイ・エイゼンシュテイン:自動運動とその観察(畠山宗明)
  • ジークフリート・クラカウアー:偶然,事物,リアリズム(竹峰義和)
  • Ⅱ 映画批評の実践

著者紹介

堀 潤之

略歴
〈堀潤之〉関西大学文学部映像文化専修教授。
〈木原圭翔〉早稲田大学文学学術院講師(任期付)。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ガイドブックの役割を果たしてくれる

2023/05/28 13:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichikawan - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は二一人の「映画論の冒険者たち」が取り上げられているが、編者の一人である堀潤之が「おわりに」で書いているように網羅的なものではなく西洋中心になっているという限界はある。とはいえ入口としては貴重なものであるのも確かであり、狭義のシネマスタディーズにとどまらず映画や表象について考えたい人にとってガイドブックの役割を果たしてくれるものであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。