サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/09/24
  • 出版社: 求龍堂
  • サイズ:26×27cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7630-2120-5
  • 国内送料無料
アート本

紙の本

山内滋夫画集 艸木蟲魚圖

著者 山内 滋夫 (著),土方 明司 (監修)

現実の固有色から解き放たれた、新たな色彩の世界を生み出す作品全152点を掲載した、山内滋夫の初画集。水沢勉、本江邦夫、ワシオ・トシヒコらの論考、年譜、文献目録なども収録す...

もっと見る

山内滋夫画集 艸木蟲魚圖

税込 6,380 58pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現実の固有色から解き放たれた、新たな色彩の世界を生み出す作品全152点を掲載した、山内滋夫の初画集。水沢勉、本江邦夫、ワシオ・トシヒコらの論考、年譜、文献目録なども収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

画家である祖父里見勝蔵に師事し、70年代に渡仏、パリに留学し、ベルナール・ロルジュに学ぶ。

帰国後は、写実画壇展を中心に、個展、グループ展で精力的に作品を発表する洋画家山内滋夫。

「祖父とは同じ絵を描くわけにはいかなかった。影響はありましたが、祖父は昭和の時代のモダンな絵を描いていましたが、僕は今の時代のモダンな絵を確立させなければならなかったんです」。

里見勝蔵に徹底的に鍛えられ、ロルジュに新しい世界を切り拓くよう背中を押され、ただただ絵に向き合う日々。

考えに考え抜かれたモチーフの配置、色彩の対比は、ギリギリをせめぎ合い、時間をかけて仕上げられていく。

1点仕上げるまでには多くの時間を要するが、それは必然なのだということが作品から伝わってくる。

「花、果物、蝶、スーパーボール、籠目。各モチーフは周到、緻密に配置され、時間を止めた永遠の時のなかで役割を演じている。しかし、丹念に幾層にも塗られた色面は、馥郁とした深みを伝え、色本来の魅力を際立たせる。この明快かつ深みを感じさせる色彩は、考え抜かれた色面対比によって、現実の固有色から解き放たれた、新たな色彩の世界を生み出している。」

こう語るのは、本書を監修した土方明司氏(川崎市岡本太郎美術館館長)である。

そのくらい緊張感をもった作品を生み出し続けている山内滋夫が、半世紀にも及ぶ画業を振り返り、まとめたのが本書である。

自ら過去の作品から新作までを一望することで、描くことに改めて向き合うこととなった。

この画集はひとつの通過点にすぎない。

まさに「明日につなぐ画集」なのである。

古希を過ぎてもなお、絵を描くことに挑み続ける山内滋夫の作品に、本書を通じて出合ってほしい。

力作である。【商品解説】

著者紹介

山内 滋夫

略歴
〈山内滋夫〉1947年大阪府生まれ。祖父・里見勝蔵に学ぶ。渡仏しパリ国立高等美術学校に入学。蜷川統子と結婚し、77年帰国。写実画壇展をはじめ個展等で活躍。独自の造形思考を追求している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。