サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン(1001-03)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. スポーツの通販
  4. 球技の通販
  5. 文藝春秋の通販
  6. 嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのかの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 267件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/09/24
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/476p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391441-1

紙の本

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

著者 鈴木 忠平 (著)

【ミズノスポーツライター賞最優秀賞(2021年度)】【大宅壮一ノンフィクション賞(第53回)】【講談社本田靖春ノンフィクション賞(第44回)】【新潮ドキュメント賞(第21...

もっと見る

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

税込 2,090 19pt

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

税込 1,900 17pt

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.3MB
Android EPUB 6.3MB
Win EPUB 6.3MB
Mac EPUB 6.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ミズノスポーツライター賞最優秀賞(2021年度)】【大宅壮一ノンフィクション賞(第53回)】【講談社本田靖春ノンフィクション賞(第44回)】【新潮ドキュメント賞(第21回)】中日監督時代の8年間、落合博満は勝ち続けながらもなぜ嫌われたのか。異端の将の影響で人生を激変させた12人の男たちの目を通して綴られる、落合博満の実像と中日ドラゴンズ変貌の記録。『週刊文春』連載に加筆修正。【「TRC MARC」の商品解説】

なぜ 語らないのか。
なぜ 俯いて歩くのか。
なぜ いつも独りなのか。
そしてなぜ 嫌われるのか――。

中日ドラゴンズで監督を務めた8年間、ペナントレースですべてAクラスに入り、日本シリーズには5度進出、2007年には日本一にも輝いた。それでもなぜ、落合博満はフロントや野球ファン、マスコミから厳しい目線を浴び続けたのか。秘密主義的な取材ルールを設け、マスコミには黙して語らず、そして日本シリーズで完全試合達成目前の投手を替える非情な采配……。そこに込められた深謀遠慮に影響を受け、真のプロフェッショナルへと変貌を遂げていった12人の男たちの証言から、異端の名将の実像に迫る。
「週刊文春」連載時より大反響の傑作ノンフィクション、遂に書籍化!【商品解説】

著者紹介

鈴木 忠平

略歴
〈鈴木忠平〉1977年千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社でプロ野球担当記者を16年間経験。独立後、Number編集部を経てフリーで活動。著書に「清原和博への告白」がある。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー267件

みんなの評価4.7

評価内訳

紙の本

面白い、一気読み

2021/10/06 19:41

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本屋ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

落合監督の考え方に納得。中日ファンとして落合監督時代の出来事やトピックスを思い起こしながら読んでいると、その時々のどこが思い起こされ懐かしく、その時は分からなかった舞台裏や考え方が明快に書かれていて、ウンウンと一気読みでした。筆者の鈴木さんの文章もテンポよく読み易く、分厚い本でしたが、ボリュームを気にせず楽しく、感度しながら読めました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

落合博満監督に対して何かしらの思いがある人には是非読んでほしい

2021/09/25 10:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

2003年の秋に落合博満氏が中日ドラゴンズの監督に就任され、それからの8年間を書かれた本です。
各章ごとに視点がかわり、いろいろな角度から見た落合博満が語られています。
当時の中日ドラゴンズが好きで、著者である鈴木忠平さんの文章が好きなので予約して購入しました。
タイトル含め、素晴らしい一冊でした。
このレビュータイトルに書いた通り、落合監督を知っている人には是非読んでもらいたいと思います。
結果を残して尚、内外から批判を浴びることの多かった落合監督。「勝つことがファンサービス」「負けたら意味がない」と、勝つことにただならぬ執念を見せ、実際勝ってみせた落合野球がいまだに賛否両論あるのは、プロフェッショナルとそうでない人たちの埋まらない溝かもしれないなぁと思いました。
買ってよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当は嫌われていない

2021/09/28 14:32

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きもっち - この投稿者のレビュー一覧を見る

落合氏を知る野球関係者、特に落合監督時代の選手は、落合氏を
嫌ってはいないと思います。
他球団の選手にオールスターの後の球場の風呂場でバッティングを教え
た人ですし、審判の体調不良を気遣い、交代するよう勧めた人でもあ
ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プロとは何か。 勝つために、勝ち続けるために、何をするのか、しないのか。 ヒリヒリするような勝負の現場の空気が、心の奥底まで響いてくる渾身のノンフィクション。

2022/01/22 07:35

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

輝かしい現役時代の栄光と実績を引っ提げて、2004年シーズンから2011年まで8年間、中日ドラゴンズ監督を務めた落合博満。

日本一1回。
リーグ優勝4回。
8シーズンすべてで3位以上のAクラス入り。

圧倒的な実績を残しながら、2011年シーズン途中に契約解除が発表された。

筆者は日刊スポーツの記者として、自信の持てなかった駆け出しの頃から、その8年間に密着していった。

なぜ、フリーエージェントで移籍後、怪我のため3年間登板できなかった川崎憲次郎を開幕投手に抜擢したのか。
そして、それを試合直前まで川崎本人以外に誰も伝えなかったのか。

実績のなかった森野将彦に、ぶっ倒れるまでノックを続けたのか。
そして、あえてチームの看板選手である立浪和義と競わせたのか。

「チームのことなんて考えなくてもいい。自分の成績だけを上げることだけを考えろ」
なぜ、和田一浩はこの言葉に心の底から納得することができたのか。

「落合に任せておけば、大丈夫です」
球団の取締役編成担当である井出峻(いでたかし)は、定例役員でこう言い続けることができたのか。

プロとは何か。
勝つために、勝ち続けるために、何をするのか、しないのか。

ヒリヒリするような勝負の現場の空気が、心の奥底まで響いてくる渾身のノンフィクション。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凡人は天才の心がわからない

2021/11/25 10:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

落合の野球に対する姿勢と勝負の厳しさをとっくりと見れた作品だった。指導者は孤独だとよく言われるがまさしく彼はそうだった。
しかし、彼の姿と指導はプロであるが故に同じプロの中日の選手には時間はかかったが、理解はされたことがよく分かった。選手に対する監督退任挨拶のところは感動的だった。
そして落合をこれだけよく捉えた著者にも敬意を表したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

いろいろな意味でとっても面白い落合監督時代の中日ドラゴンズの話

2022/03/27 18:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

プロ野球チーム・中日ドラゴンズの監督を2004年から2011年までの約8年間務めた落合博満とその当時のドラゴンズの選手らの姿を追ったノンフィクション。8年間の1年ごとにトピックとなる選手やスカウトなどドラゴンズ関係者1人に焦点を当てつつ、その時の落合の姿を描き出している。そこから、落合ドラゴンズがどのようなチームだったのか、落合の監督としての有り様ひいては野球人としての有り様が浮かび上がってきて、プロの野球選手とはどうあるべきか、プロ野球とは何を目指しているのか、といったことまで考えさせられたように思う。
それにしても、なかなかインパクトのあるタイトルであり、表紙装丁だ。
副題に「落合博満は中日をどう変えたのか」とあることからも『嫌われた監督』が落合のことを指しているのははっきりとわかるが、表紙をみると黒い地に大きく「嫌われた監督」とあり、その真ん中にドラゴンズ監督当時の落合の顔写真があるのだから、落合の監督時代のドロドロとした話が書かれているのだろうと思ってしまう。私は電子書籍で購入したので表紙のインパクトだけを感じたが、紙の本でリアル書店にこれが平積みになっていたり、表紙を立てて棚に何冊も並んでいたらとてもインパクトがあるだろう。
だが、外見のインパクトに比べると内容は比較的淡々と進んでいくように思えた。過剰に熱くもなく、過剰に冷めた感じもなく、落合ドラゴンズの1年1年が語られてゆき、その時々のある種象徴的な選手たちの言動や落合自身の言動が並べられていく中で、プロフェッショナルな野球選手とはどんな者なのかというのが浮かび上がってくるように思えた。
なので、読み終えると落合のどこが嫌われたと言えるのか考えさせられてしまった。最後のあたりで曖昧な(というように読めてしまった)書き方であるが、嫌っていたのは選手でもなくファンでもなく、もっと違う関係者たちだったように思えてしまった。著者は、ドラゴンズと関係が深くはないスポーツ新聞の記者だったそうなので、そのあたりまで突っ込んで書いてもらうと「嫌われた監督」のどこが嫌われていたのかもっと良くわかったのではないかと思う。
個人的には中日ドラゴンズの地元に住んでいるがとても熱心なドラゴンズ・ファンとは言いにくいのだが、落合が監督をしていた頃はとても面白く試合を見ていた。地元球団だからというのはもちろんあるけれど、やっぱり試合に勝つ強いドラゴンズを見たかったのだ。子どもの頃のドラゴンズは日本一はおろかリーグ優勝からも遠ざかっていたのが何年も続いていたし、星野仙一が監督していた頃に少し強いドラゴンズも見せてもらったけれど、何と言っても落合が監督していた時は強かったし、その後はまた低迷しているように見えるのだから、落合ドラゴンズはやはり頭抜けていたと思う。
なんてことをあれこれ思いながら、ついつい入り込んで読んでしまった1冊だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

プロだけど嫌われるな

2022/09/10 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

選手やスカウトなどいろんな視点から見た落合像。帯の通り、なぜ嫌われたのか、なぜ俯いて歩くのか、もう夢中!私は阪神ファンですが、落合のバッティングとなによりもあの相手が嫌がる采配、そして時に人を突き放したような言動は、決して嫌いではなく、その言葉一つひとつに思いやりを感じるというイメージでした。読んで思ったのは、とにかく説明をしない。プロなんだから自分で考えろということ。そして全ては契約。優勝することが契約内容なら、今使える選手を取る。これぞプロと思える人物像でした。でも、まあこんな人はやっぱり嫌われるな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

プロとは何か。 勝つために、勝ち続けるために、何をするのか、しないのか。 ヒリヒリするような勝負の現場の空気が、心の奥底まで響いてくる渾身のノンフィクション。

2022/08/19 09:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

輝かしい現役時代の栄光と実績を引っ提げて、2004年シーズンから2011年まで8年間、中日ドラゴンズ監督を務めた落合博満。

日本一1回。
リーグ優勝4回。
8シーズンすべてで3位以上のAクラス入り。

圧倒的な実績を残しながら、2011年シーズン途中に契約解除が発表された。

筆者は日刊スポーツの記者として、自信の持てなかった駆け出しの頃から、その8年間に密着していった。

なぜ、フリーエージェントで移籍後、怪我のため3年間登板できなかった川崎憲次郎を開幕投手に抜擢したのか。
そして、それを試合直前まで川崎本人以外に誰も伝えなかったのか。

実績のなかった森野将彦に、ぶっ倒れるまでノックを続けたのか。
そして、あえてチームの看板選手である立浪和義と競わせたのか。

「チームのことなんて考えなくてもいい。自分の成績だけを上げることだけを考えろ」
なぜ、和田一浩はこの言葉に心の底から納得することができたのか。

「落合に任せておけば、大丈夫です」
球団の取締役編成担当である井出峻(いでたかし)は、定例役員でこう言い続けることができたのか。

プロとは何か。
勝つために、勝ち続けるために、何をするのか、しないのか。

ヒリヒリするような勝負の現場の空気が、心の奥底まで響いてくる渾身のノンフィクション。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変わらない事の厳しさ

2022/08/08 10:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

落合監督の中日時代の8年間常に落合の言動を聞き、考え続けていた著者鈴木忠平の一冊。
自らの言葉で、そして選手たち、球団関係者を丁寧に取材し語られた言葉を一冊にしている。
大変読み応えがあり、面白く読める。
著者がスポーツ新聞記者としては、誰かの伝書鳩にしか過ぎなかった時代から、落合を追いかけ、言動を漏らすことなく聞き考え、成長した記録でもある。
個人的には森野将彦、和田一浩、荒木雅博の章が好きだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

素晴らしい

2022/03/17 18:29

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もり - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ 語らないのか。
なぜ 俯いて歩くのか。
なぜ いつも独りなのか。
そしてなぜ 嫌われるのか――。

この一節に集約されるこの物語は、ひとりの偉人のマインドセットを示している。かっこいいと言うのは少し違うかもしれないが、少なくとも偉大である。とても素晴らしい。一読をおすすめする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

監督

2022/03/01 07:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

中日ドラゴンズの監督であった落合博満さんの本だということで、早く読んでみたいと思っていました。監督という立場から選手一人ひとりをどういう風にに思っていたのかが分かり、おもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いと思います

2022/02/20 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:直美 - この投稿者のレビュー一覧を見る

情報をあまり開示しないしファンに媚びるような様子もないせいか、当時の地元の報道では、アンチ的な報道が多くて評価の材料となるような報道がなかったため、読んていて面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久しぶりに感動した

2022/02/05 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:UMA1001 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに感動した。落合さんはずっと好きだったし気になる方でした。読んで良かった。プロとはこういうことを言うんだな、天才は生きづらい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もうたくさんの方が読んでいるようですが

2021/10/27 21:56

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

あっという間に、たくさんの方々がお読みになっているようですね。
とってもうれしいです。
長くドラゴンズファンをやっていますが、
この数年のていたらくには・・・。
楽しみは、ドアラのバク転だけ・・・。
あの栄光の落合さんの時代は・・・。
嫌われていたの?
大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な人の魅力

2023/02/26 16:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅんべぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

毀誉褒貶の激しい、、、、というイメージの落合氏に迫る本。
なかなか本人が語らないので、真意に迫るには難しいと思うが、それでもかなり納得できる内容。
チームのためではない、自分のために野球をする、そんな「組織に背を向ける」やり方で日本一を勝ち取るのはなぜなのか。
組織と個のせめぎあいはどこにでもある。
だからこそ、野球を知らなくても魅力的に映るのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。