サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/09/10
  • 出版社: 松籟社
  • サイズ:20cm/240p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87984-409-5

紙の本

私の人生の本 (東欧の想像力エクストラ)新刊

著者 アレクサンダル・ヘモン (著),秋草 俊一郎 (訳)

“それ”以前と以後で決定的に分かたれた「人生 lives」の、そのどちらをも受け止めながら、作家は言葉をつむぐ−。ユーゴ内戦で故国を失い、英語で書くことを選んだ作家が「私...

もっと見る

私の人生の本 (東欧の想像力エクストラ)

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“それ”以前と以後で決定的に分かたれた「人生 lives」の、そのどちらをも受け止めながら、作家は言葉をつむぐ−。ユーゴ内戦で故国を失い、英語で書くことを選んだ作家が「私の人生 My Lives」をつづる。【「TRC MARC」の商品解説】

戦争、故郷喪失、愛する人との別れ……
「それ」以前と以後で決定的に分かたれた《人生 lives》の、そのどちらをも受けとめながら、作家は言葉をつむぐ。
ユーゴ内戦で故国を失い、英語で書くことを選んだ作家が「私の人生 My Lives」をつづったエッセイ集。【商品解説】

目次

  • 私の人生の本
  •  他者の人生
  •  サウンド・アンド・ヴィジョン
  •  家族の食卓
  •  カウダース事件
  •  戦時の生活
  •  魔の山
  •  あり得ざることあるならばあれ
  •  犬の人生
  •  私の人生の本

著者紹介

アレクサンダル・ヘモン

略歴
〈アレクサンダル・ヘモン〉1964年旧ユーゴスラヴィア生まれ。92年渡米。プリンストン大学でクリエイティブ・ライティングを教えながら、小説、エッセイ、脚本などを執筆。著書に「ノーホエア・マン」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

分断されたときどうするか

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

ユーゴ内戦で故国を失い、英語で書くことを選んだ作家が「私の人生」についてつづったエッセイ集です。偶然により包囲をまぬがれた著者ですが、紛争の結果、すべてが内戦の以前/以後で区切られることになる体験をします。過去の見え方までもが、作家の人生においては、一変してしまったのです。
私の祖父も多くを話しませんでしたが、戦争によって行方知れずになった家族のことは、常に考えていたように思います。分断は、多くの人に影響を与え、ふたつの人生をどうやってつなぐか、人々は探し求めます。
もしかしたら「両方の人生をつなぐ」ということは、実は難しいのかもしれません。永遠につながらないのかもしれません。しかし、作家はそのあとも、書き続けています。その事実こそ、読者をこれほどまでに勇気づけるものはないと考えます。

みんなのレビュー0件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。