サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/09/17
  • 出版社: 言視舎
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86565-211-6

紙の本

誰も教えてくれなかったお葬式の極意新刊

著者 木部 克彦 (著)

お葬式の簡素化は時代の声。でもなんでも「省く」でよいのだろうか。戒名の必要性、葬儀の意義、葬儀社との事前相談のしかたなど、コロナ禍で浮上した、お葬式に関する「そもそもの問...

もっと見る

誰も教えてくれなかったお葬式の極意

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

お葬式の簡素化は時代の声。でもなんでも「省く」でよいのだろうか。戒名の必要性、葬儀の意義、葬儀社との事前相談のしかたなど、コロナ禍で浮上した、お葬式に関する「そもそもの問題」について解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

コロナ禍で浮上した「そもそもの疑問」を解決します
お葬式はなぜ必要なのでしょうか?
□お葬式の簡素化は時代の声。でもなんでも「省く」でいいのでしょうか?
□誰もかれも「家族葬」でいいのですか? 「直葬」とは?
□葬儀と告別式の分離、式の順番の「逆転」、丸一日のお葬式とは?
□お経の内容を日本語で解説してほしい。戒名は必要でしょうか?
□お葬式は「過酷なスケジュール」になります。それをふせぐには?
□お葬式は「高額商品購入」です。複数の葬儀社への事前相談と見積書を。
□遺影は1枚が基本? 葬送曲に演歌は? 弔辞のないお葬式でいいのでしょうか?
□祭壇費はどうして高い? なんのために弔電を打つのですか?
□葬儀の3つの意義とは? 「その日」の迎え方は?
□人間だけがお葬式をします。AIはそれを理解できないでしょう。【商品解説】

目次

  • 1 お葬式のニューノーマル――あらためて、家族葬とは――イメージとは違う実際 なんでも「省く」でいいのか お葬式を丸一日営む 戒名は必要なの?
  • 2 ならば、もっと変えよう――お葬式は「高額商品購入」なのだから 複数の葬儀社への事前相談と見積書 どんな音楽も葬送曲になる
  • 3 お葬式はなぜ必要なのか――お葬式の意義って 祭壇費はどうして高い なんのために弔電を打つのか
  • 4 お葬式計画は「生きるための計画づくり」――ますは僕の親の「その日」ですが 2さて、僕自身のことですが
  • エピローグ お葬式をなくさないために

著者紹介

木部 克彦

略歴
〈木部克彦〉1958年群馬県生まれ。新聞記者を経て文筆業・出版業。共愛学園前橋国際大学短期大学部客員教授。群馬県文化審議会委員。著書に「夢に住む人」「認知症、今日も元気だい」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。