サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. スポーツの通販
  4. スポーツ医学・理論の通販
  5. 旬報社の通販
  6. スポーツ根性論の誕生と変容 卓越への意志・勝利の追求の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/11/12
  • 出版社: 旬報社
  • サイズ:22cm/176p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8451-1728-4
専門書

紙の本

スポーツ根性論の誕生と変容 卓越への意志・勝利の追求

著者 岡部 祐介 (著)

1964年の東京オリンピックを契機とし、勝利至上主義や支配的なスポーツ観として現在も続く「根性論」。大松イズムや円谷幸吉の死を踏まえ、その影響を明らかにし、現代スポーツが...

もっと見る

スポーツ根性論の誕生と変容 卓越への意志・勝利の追求

税込 1,980 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1964年の東京オリンピックを契機とし、勝利至上主義や支配的なスポーツ観として現在も続く「根性論」。大松イズムや円谷幸吉の死を踏まえ、その影響を明らかにし、現代スポーツが抱える問題の解決への道筋を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

現代の高度化した競技スポーツにおいて、アスリートは専門的なトレーニングによって卓越したパフォーマンスを競い合うことで、結果としてもたらされる勝利や名誉、記録の価値を重要なものとしている。一方で、そのような結果に多大な利益が付加されるようになり、アスリートおよび関係者、組織の不正行為・倫理的逸脱が指摘され、勝利至上主義の弊害として問題化されている。このことは、アスリートをはじめとした実践主体に限ったものではなく、彼らを取り巻くサポーター、観客といった関係者のスポーツに対する価観の醸成にも深くかかわっている。
さらに近年、スポーツ界における体罰・暴力行為や事故等が社会問題化され、その原因には根性論的な指導および実践が指摘されている。かつてわが国では、競技で優れた成績をあげるには「根性」が必要であるという「スポーツ根性論」が成立し、スポーツ界のみならず各方面に影響を及ぼしてきた。困難や苦しみに耐え抜いて努力する精神力のことをさし、現在ではスポーツはもちろん日常的に使用されている「根性」という言葉は、1964 年の東京オリンピックを重要な契機として流行し、以後の日本スポーツ界における有力なスポーツ価値観として定着している。
本書では、この「スポーツ根性論」の成立と変容のプロセス、実践主体へ与えた影響を明確化することによって、現代日本のスポーツが抱えている問題の解決への道筋を探る。それはまた、わが国においてスポーツ実践を通じて編み上げられてきた思惟・思考の集積を明確にすることであり、そのことの「これまで」と「いま」を省察し、「これから」を見据えた指針を提示することでもある。【商品解説】

目次

  • 序章 近代スポーツがもたらす「必然」
    • 1 近代スポーツの論理とその問題性
    • 2 スポーツにおける卓越・勝利の位置づけ
  • 第1章 スポーツにおける「根性」の成立と変容
    • 1 「根性」の辞書的意味とその使用状況の変遷
    • 2 東京オリンピック(一九六四)に向けた選手養成・強化と「根性」
    • 3 「根性」の社会への広がり
    • 4 スポーツにおける「根性」の成立と社会的な流行の要因
    • 5 スポーツにおける「根性」の大衆化とその問題性
    • 6 スポーツにおける「根性」と〈勝利至上主義〉の関係性

著者紹介

岡部 祐介

略歴
〈岡部祐介〉1981年茨城県生まれ。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科博士後期課程修了。博士(スポーツ科学)。関東学院大学経営学部准教授。専門はスポーツ哲学、スポーツ文化論。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2022/01/24 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。