サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 歴史・地理・民俗の通販
  4. 歴史の通販
  5. 高文研の通販
  6. 奄美・喜界島の沖縄戦 沖縄特攻作戦と米軍捕虜斬首事件の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/11/15
  • 出版社: 高文研
  • サイズ:20cm/582p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-87498-772-8
  • 国内送料無料

紙の本

奄美・喜界島の沖縄戦 沖縄特攻作戦と米軍捕虜斬首事件

著者 大倉 忠夫 (著)

沖縄特攻の前進基地・喜界島での自らの戦時下体験をもとに、沖縄特攻作戦の実像を厖大な資料を駆使して描き出す。喜界島で起こった米軍捕虜斬首事件について、戦後のBC級戦犯横浜裁...

もっと見る

奄美・喜界島の沖縄戦 沖縄特攻作戦と米軍捕虜斬首事件

税込 3,300 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

沖縄特攻の前進基地・喜界島での自らの戦時下体験をもとに、沖縄特攻作戦の実像を厖大な資料を駆使して描き出す。喜界島で起こった米軍捕虜斬首事件について、戦後のBC級戦犯横浜裁判でどのように裁かれたかも検証する。【「TRC MARC」の商品解説】

本書の著者は、1931(昭和6)年の東京生まれで、太平洋戦争開戦の2年前の39年に両親の故郷・喜界島に移住します。
敗戦の年(45年)の3月から、喜界島は米軍による猛烈な空爆にさらされます。
当時、日本陸海軍は米軍の北上を沖縄で阻止するため、沖縄特攻作戦を実施しており、喜界島には九州各地から飛び立って沖縄に向かう日本軍機の「中継基地」が置かれたため、様々な陸海軍の特攻機が喜界島光吉を経由して沖縄に飛び立ちました。

米軍は喜界島航空基地(飛行場)を使用不能にするため、空爆作戦を繰り返し実施しました。
米軍の空爆は日本軍の施設だけでなく、民家も攻撃対象とされ、飛行場周辺の集落は壊滅状態となりました。
当時、国民学校高等科を卒業したばかりの著者は、家族と共に集落を捨て、ムヤ(喪屋)と呼ぶ風葬跡の残る横穴壕で暮らすことになりました。戦況が逼迫し、米軍の喜界島上陸を想定して島の内陸部の台地に数多くの横穴壕を掘り、そこに1万7000人の島民を避難させ、命令に従わぬものは銃殺だと威嚇しました。結局、予想された米軍上陸はなく、避難命令は解除されて、ムヤでの生活に戻りますが、沖縄戦が終息に向かう中で米軍機の来襲も散発的になりましたが、B29重爆撃機9機による爆撃など甚大な被害は続きました。

本書は、戦後、弁護士となった著者が、喜界島での戦争体験とは何だったのか──歴史書・戦記を渉猟し、特に斬首される直前の米軍捕虜を目撃した記憶が頭から離れないことから、この斬首事件の関係者を裁いた戦犯裁判資料を米国から取り寄せて克明に調べ上げました。

本書の特徴は2つあります。
“海の戦場”となった沖縄特攻作戦の解明と喜界島米軍捕虜斬首事件の真相追求です。
いずれも類書が少ない、貴重な記録となっています。【商品解説】

目次

  • はじめに──なぜ私がこの本を書いたのか
  • 第Ⅰ部 特攻基地への序奏
  • 1 日本海軍航空隊の揺籃期
  • 2 不時着飛行場建設の謎
  • 3 喜界島が経験した過去唯一の戦争──琉球王尚徳との戦い
  • 4 謎の海軍機の飛来
  •   のどかな草原のヒコウジョウ/赤トンボの大編隊/謎の海軍機の飛来

著者紹介

大倉 忠夫

略歴
〈大倉忠夫〉1931年東京生まれ。東京学芸大学中退。郵政省を経て、弁護士、横浜弁護士会常議員会議長等を歴任。奄美日本復帰運動に参加。共著に「日照・眺望・騒音の法律紛争」がある。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。