サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/11/11
  • 出版社: 八坂書房
  • サイズ:22cm/770,25p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89694-292-7
  • 国内送料無料

紙の本

グリムドイツ伝説集

著者 グリム兄弟 (編著),グリム兄弟 (編著),吉田 孝夫 (訳)

「グリム童話集」と平行してグリム兄弟が蒐集に明け暮れ、後の作家たちの創作の源泉ともなった名著を、兄弟の自身の手跡確かな初版本をもとに新訳。本編584話+補遺26話を完全収...

もっと見る

グリムドイツ伝説集

税込 7,920 72pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「グリム童話集」と平行してグリム兄弟が蒐集に明け暮れ、後の作家たちの創作の源泉ともなった名著を、兄弟の自身の手跡確かな初版本をもとに新訳。本編584話+補遺26話を完全収録し、訳註などの付録資料も充実。【「TRC MARC」の商品解説】

「ハーメルンの子どもたち」など、土地にまつわる伝説を集めた第I部の363編、「ヴィルヘルム・テル」「白鳥の騎士」などの歴史伝説を収めた第II部の221編、計584編を、グリム兄弟の手跡確かな初版本(生前に刊行された唯一の版。ちなみに広く流布した第三版は兄弟没後の再編集本)に拠って全訳。各編に訳註を付すほか、巻末の補遺・解説等も充実。
 巨人・小びと・水妖・苔娘・悪魔・魔女・夢魔・人狼・黒騎士・「荒ぶる狩人」などの「あやかし」たちが、日常世界・現実空間に闖入し、人びとの運命を揺り動かす印象的な物語の数々を、『グリム童話』の画匠としてもおなじみ、オットー・ウッベローデの挿画とともに。【商品解説】

目次

  • 略目次/■第Ⅰ部■/序言/(001)クッテンベルクの三人の鉱夫/(002)山の精霊/(003)ハルツの山の修道僧/(004)ホレさまの池/(005)ホラさまは巡り歩く/(006)ホレさまの風呂/(007)ホラさまと忠実なエッカルト/(008)ホラさまと農夫/(009)弾ける根/(010)ボイネブルクの娘/(011)ピールベルク山/(012)城の乙女/(013)蛇の乙女/(014)重すぎる赤ん坊/(015)サルルン近くの古いワイン蔵/(016)巨人の遊び/(017)巨人のおもちゃ/(018)巨人アインヘア/(019)巨人の柱/(020)ケーターベルク山/(021)ゲロルツエック城/(022)ニュルンベルクの皇帝カール/(023)キュフホイザー山のフリードリヒ赤髭王/(024)ヴァルザーフェルトの野に立つ梨の木/(025)シルトハイス城の魔法にかけられた王/(026)皇帝カール五世の出陣/(027)ウンターベルク山/(028)ウンターベルク山の底にいる皇帝カール/(029)シェルフェンベルク家の貴人と小びと/(030)プレッセ城の静かな民/(031)小びとの民の結婚式/(032)石に変えられた小びと/(033)小びとの山やま/(034)小びとがパンを借りる/(035)ホイアの伯/(036)小びとが追放される/(037)ヴィヒトライン──ちびさん/(038)山の小びとを魔法で呼び出す/(039)山の小びとと踊りの輪/(040)地下蔵の小びと/(041)ランツァウ家の女祖/(042)ローゼンベルクの貴人ヘルマン/(043)オーゼンベルク山の小びとたち/(044)地底の小びとと羊飼いの少年/(045)ひと休みを乞うた小びと/(046)ツァイテルモースの沼地/(047)小びとの苔オンナ/(048)荒ぶる狩人が苔の民を狩る/(049)水オトコ/(050)ウンターベルク山の奥底にいる野オンナ/(051)水オトコと踊る/(052)水オトコと農夫/(053)肉屋の露店に来た水オトコ/(054)泳ぐ男/(055)ニッケル兄さん/(056)ニクセンブルンネン──水オトコ(ニクス)の泉/(057)マクデブルクの水オンナ(ニクセ)たち/(058)デンゲス湖/(059)ムンメル湖/(060)エルベのお嬢とザーレ娘/(061)水の掟/(062)溺れ死んだ子/(063)切れ耳どん/(064)水オンナたちと粉ひき小屋の徒弟/(065)水オトコ除けにドステンとドラントの草を/(066)水オトコの両足/(067)水オトコに仕えた女中/(068)アルヴェンスレーベン家の貴婦人/(069)ハーン夫人と水オトコ/(070)斗かき箆、指輪、酒杯/(071)コーボルト──家の精/(072)農夫とコーボルト/(073)粉ひき小屋のコーボルト/(074)ヒュートヒェン──小帽子どの/(075)ヒンツェルマン/(076)クロップファー──たたき屋/(077)長ぐつ/(078)エーカーケン──リスどの/(079)ケンデニヒの夜霊/(080)アルプ──夢魔/(081)取り替え子/(082)川のなかの取り替え子/(083)アルラウネ/(084)家霊(スピリトゥス・ファミリアーリス)/(085)鳥の巣/(086)子殖やしコイン/(087)鞭で打たれる取り替え子/(088)子どもたちを見守る/(089)ライ麦おばさん/(090)二人の地底オンナ/(091)グリューネヴァルト王/(092)ブリュエムリスアルプ──花の牧場/(093)百合の花/(094)パッサウの貴公子ヨハン/(095)ブレッテンの仔犬/(096)海辺の村/(097)閉じられた銀の坑道/(098)山の宝を掘り当てる人/(099)亡霊の馬びと/(100)偽の誓い/(101)十二人のよこしまな裁判官/(102)聖なる泉/(103)泉が涸れるとき/(104)飢餓の噴水/(105)愛の川/(106)ヘルフェンシュタインの岩/(107)幼木の揺りかご/(108)ヘッセンタール谷/(109)ラインシュタイン城/(110)流れを止める川/(111)アーレント湖/(112)牡牛の山/(113)沼の乙女たち/(114)聖アンドレアス祭の夜/(115)食事に招かれた恋びと/(116)聖夜/(117)肌着を投げる/(118)水晶を見る/(119)魔法の薬草を煎じる/(120)ポンメルンの製塩所で働く男/(121)お嬢のエリ/(122)白の女/(123)鳩が宝の在りかを示す/(124)鳩が敵を押しとどめる/(125)ブレスラウの鐘造り/(126)アッテンドルンの鐘造り/(127)粉ひき職人の妻/(128)ヨハン・ヒュープナー/(129)エッペラ・ガイラ/(130)ブルーメンシュタイン城/(131)ゼーブルク湖/(132)城が池と城の土手/(133)聖ニクラスと泥棒/(134)巨人石/(135)石のへこみ跡/(136)巨人の指/(137)ウンターベルク山の巨人たち/(138)ハイデルベルクのイェッタの丘/(139)巨人ハイム/(140)雫の垂れる肋骨/(141)乙女のひとっ跳び/(142)牡牛の川/(143)ツォッテンベルク山の男たち/(144)破滅の知らせ/(145)背中に乗った小びと/(146)ゴットシェー/(147)樹上の小びとたち/(148)岩の上の小びとたち/(149)小びとたちの足/(150)野の妖霊たち/(151)ハイリングの小びとたち/(152)小びとの民が橋を越えて旅立つ/(153)小びとたちが山を越えて旅に出る/(154)ダルデスハイム近くの小びとたち/(155)鍛冶屋リーヒャルト/(156)鍛冶屋グリンケン/(157)牧童たち/(158)胡桃の実/(159)ゾーストの宝/(160)湧き出る銀/(161)ウンターベルク山の砂金/(162)黄金の炭/(163)シュタイナウの泉/(164)五つの十字架/(165)ヴァイセンシュタインの剣の舞/(166)ビンゲンハイムの石卓/(167)ホーフのモルト小路の背高男/(168)戦争と平和/(169)ローデンシュタイン城主の出発/(170)タンホイザー/(171)荒ぶる狩人ハッケルベルク/(172)荒ぶる狩人と仕立て屋/(173)ホーゼルベルク山/(174)レッヒェンベルク家の従者/(175)死霊の教会/(176)死霊の宴/(177)屋根葺き職人/(178)糸紡ぎの女と十字架/(179)バターミルクの塔/(180)聖ヴィンフリート/(181)ヒュルフェンベルク山/(182)ゴスラーの悪魔穴/(183)悪魔の粉ひき小屋/(184)主なる神の足あと/(185)フランクフルトのザクセンハウゼン橋/(186)狼と、樅のまつぼっくり/(187)アーヘンの悪魔/(188)悪魔の壁/(189)悪魔の踊り場/(190)悪魔の説教壇/(191)悪魔の枕/(192)悪魔の岩山/(193)悪魔の壁/(194)悪魔の囲い柵/(195)悪魔の粉ひき小屋/(196)悪魔の教会/(197)ライヒェンバッハ近くの悪魔石/(198)ケルンの悪魔石/(199)オスナブリュックの聖なる石/(200)噓つき石/(201)岩場の橋/(202)ダッセル近くの悪魔風呂/(203)シャルトフェルトの塔/(204)ケルンの大聖堂/(205)悪魔の頭巾/(206)悪魔の火事/(207)悪魔の蹄鉄/(208)悪魔が花嫁を連れ去る/(209)幸運の車輪/(210)代言人となった悪魔/(211)橋の上の宝の夢/(212)宝の鍋/(213)人狼/(214)人狼岩/(215)人狼たちが練り歩く/(216)龍のおでまし/(217)ヴィンケルリートと大蛇/(218)泉のたもとの大蛇/(219)龍の穴/(220)蛇の女王/(221)オーゼルベルク山の乙女/(222)ヒキガエルの椅子/(223)牧場の乙女/(224)水中のくしゃみ/(225)哀れな魂/(226)呪いをうけた娘/(227)シュタウフェンベルク家の少女/(228)娘岩/(229)石となった新婚の床/(230)立ちつくす呪い/(231)コルベックの農夫たち/(232)神聖なる日曜日/(233)ヒュットの奥さま/(234)キンデルスベルク/(235)小ぶりパンの靴/(236)ホッホシュテット近くのくぼ地/(237)パンの靴/(238)実を結ばぬ麦/(239)お嬢の砂/(240)石に変じたパン/(241)ビンゲンの小ねずみ塔/(242)ブーベンリート──少年の湿地/(243)キンデルブリュック──子どもの橋/(244)ハーメルンの子どもたち/(245)ねずみ退治の男/(246)蛇退治の男/(247)小さなねずみ/(248)立ちのぼる煙/(249)柳の木から猫/(250)嵐と雹を生み出す/(251)魔女の踊り/(252)ブドウの木と鼻/(253)しっかりつかまって/(254)万能のシャツ/(255)不死身にする/(256)百発百中の弾/(257)放浪の狩人/(258)二重のひと/(259)妻の姿をした亡霊/(260)長子の死/(261)コルマールの少年/(262)メルゼブルク聖堂参事会員の死/(263)コルヴァイ修道院の百合の花/(264)リューベック大聖堂のレブンドゥス/(265)鐘がひとりでに鳴る/(266)死の亡霊/(267)ベルタさま、もしくは白の貴婦人/(268)野人のベルタが来る/(269)テュルスト、ポステルリ、そしてシュトレッゲレ/(270)夜の狩人とぐらぐらオンナ/(271)つば広帽子の男/(272)灰色の背中オトコ/(273)ポンメルンのヒムメケ/(274)キイキイもん/(275)舟で渡る修道僧たち/(276)鬼火/(277)炎の馬車/(278)レーダーベルク山/(279)鉾槍につく光/(280)ゆらゆら/(281)炎のゆらめく城/(282)フォイアーベルク──炎の山/(283)火オトコ/(284)呪われた土地測量士/(285)境石が動かされた/(286)境界争い/(287)境に向かって走る/(288)アルプシュラハト──牧場の乱闘/(289)ヴェントフーゼンの石/(290)アルテンベルクの教会/(291)ラウエンブルクの山に座る王/(292)シュヴァーンベルク──白鳥の山/(293)ロッベディッセンの泉/(294)バンベルクの天秤/(295)皇帝フリードリヒはカイザースラウターンの町に/(296)キフホイザー山の羊飼い/(297)三人のテル/(298)山の小びと/(299)ツィルベルの実/(300)動物の楽園/(301)羚羊を狩る人/(302)小びとの穴/(303)小びとと奇跡の花/(304)ケレ湖の水オトコ/(305)シュヴァルツァハ城/(306)湖から来る三人の乙女/(307)死んだ花婿/(308)永遠の狩人/(309)狩り悪魔のハンス/(310)ハッケルンベルクの夢/(311)ホウホウのオーゼル/(312)黒の騎士と曳馬/(313)忠実なエックハルト/(314)ヴィルベルク山の乙女/(315)羊飼いと山の老人/(316)乙女イルゼ/(317)グラッツの異教徒の乙女/(318)馬の足あと、ヒキガエルの淵/(319)娘の跳び岩/(320)乙女の跳び岩/(321)ハラスの跳び岩/(322)巨人ヒッデ/(323)イルフェルトの針の穴/(324)リヒテンベルクの巨人たち/(325)巨人の血/(326)巨人の墓から物音がする/(327)墓穴の死者たちが敵を阻む/(328)ハンス・ハイリングの岩/(329)髭の生えた乙女/(330)シュヴァーナウの白い乙女/(331)ムンメル湖のシュヴァルツコップフ城とゼーブルク城/(332)小間物売りと小ねずみ/(333)三人の宝掘り人/(334)神の裁きと食事への招待/(335)絞首台から来た客人/(336)悪魔の橋/(337)十二人のヨハネス/(338)悪魔の濠/(339)クロイツリベルク山/(340)屋根窓から顔を出す馬たち/(341)死者の集い/(342)予言する小鳥/(343)マッターホルン山上の永遠のユダヤ人/(344)バターを入れた鍋/(345)悲しみの柳/(346)ヴィッテンベルクのキリスト像/(347)岩の聖母像/(348)ヴァルトラストのカラマツの聖母像/(349)牡牛が聖なる場所を教える/(350)ノートブルガ/(351)壁漆喰をワインで作る/(352)ユダヤ人石/(353)ユダヤ人に殺された娘/(354)四つの蹄鉄/(355)ゼーフェルトの祭壇/(356)死に際の石/(357)罪深い愛/(358)シュヴァイドニッツの顧問官/(359)裁かれた者たちに架かる虹/(360)罪なき者とともに神は泣く/(361)神さまの糧/(362)三人の老人/■第Ⅱ部■/序言/(363)聖なる塩の川/(364)ヘルタ神の聖なる湖/(365)セムノーネース族の聖なる森/(366)アムシウァリイー族の流浪/(367)ウーシピー族は海をゆく/(368)ゴート族の流浪/(369)橋が落ちる/(370)ゴート族はなぜギリシアに侵入したか/(371)フリティゲルン/(372)王の墓/(373)アタウルフの死/(374)ワインの水差し/(375)ゲリメルの伝説/(376)銀の鎖とゲリメル/(377)フン族の起源/(378)フン族の流入/(379)フン族の伝説/(380)戦の剣/(381)こうのとり/(382)食卓の魚/(383)テオドリックの魂/(384)ウラヤスとイルディバド/(385)聖人を試すトーティラ/(386)盲目のサビヌス/(387)ランゴバルド族の出立/(388)出で立つランゴバルド族/(389)ガムバラと長ひげたちの伝説/(390)ランゴバルド族とアッシピテル族/(391)洞穴のなかに眠る七人の男たち/(392)養魚池の子ども/(392b)ラミシオとアマゾネス族/(393)ロドゥルフとルメトゥルートの伝説/(394)アルボイーノはアウドイーノの宴にふさわしい者となる/(395)ランゴバルド族はイタリアに到着する/(396)アルボイーノはティキヌムを勝ち取る/(396b)アルボイーノはしみじみとイタリアを眺める/(397)アルボイーノとロシムンド/(398)ロシムンド、ヘルミキス、ペレデオ/(399)アウタリ王の伝説/(399b)アウタリの柱/(400)アギルルフとテオデリンド/(401)テオデリンドと海の怪物/(402)ロムヒルドと少年グリモアルド/(403)レウピキスは逃げのびる/(404)窓の前の蠅/(405)リウトプランドの両足/(406)槍にとまった鳥/(406b)アイストゥルフの誕生/(407)修道院のヴァルター/(408)ザクセン族の起源/(409)ザクセン族の由来/(410)ザクセン族の出自/(411)ザクセン族とテューリンゲン族/(412)アンゲル族とザクセン族の到来/(413)ピクト族の到来/(414)ザクセン族はオクセンブルクの城を築く/(415)ザクセン族とシュヴァーベン族のあいだの憎しみ/(416)シュヴァーベン族の出自/(417)バイエルン族の由来/(418)フランク族の出自/(419)メロヴィング家/(420)キルデリクとバシーナ/(421)教会の甕/(422)レミギウスは自分の土地の境を巡る/(423)レミギウスは火事を追いはらう/(424)レミギウスへのヴォゲーゼン山地の分け前/(425)クロティルデの婚約/(426)鋏と刀/(427)馬丁アッタルスと厨房見習いレオの伝説/(428)眠っている王/(429)歩く森、鳴り響く鈴/(430)クロタールはザクセン族に勝利する/(431)聖者たちの墓/(432)聖アルボガスト/(433)ダゴベルトと聖フロレンティウス/(434)ダゴベルトの魂は舟に乗って/(435)ダゴベルトと飼い犬たち/(436)瓜ふたつの二人息子/(437)ヒルデガルド/(438)雄鶏の闘い/(439)ハンガリーから帰還するカール/(440)マクデブルクの鹿/(441)ランゴバルドの楽師/(442)鉄のカール/(443)カールはパヴィアを包囲する/(444)アデルギス/(445)王カールとフリース族/(446)ラッドボッドは洗礼を拒む/(447)悪魔の黄金の家/(448)ヴィドゥキントの洗礼/(448b)ヴィドゥキントの逃亡/(449)フランクフルトの町の起こり/(450)なぜシュヴァーベン族は王国軍の先陣に立つのか/(451)エギンハルトとエンマ/(452)アーヘン近くの湖に沈む指輪/(453)皇帝と蛇/(454)王カール/(455)眠っている番兵/(456)皇帝ルートヴィヒはヒルデスハイムを建立する/(457)ヒルデスハイムの薔薇の木/(458)王ルートヴィヒのあばら骨がカタカタと鳴る/(459)蠟の衣をまとった王妃/(460)王妃アーデルハイト/(461)王カールは地獄と天国で祖先に会う/(462)バーベンベルク家のアーダルベルト/(463)ハインリヒ公と黄金の首飾り/(464)皇帝ハインリヒ鳥刺し王/(465)猛者クルツボルド/(466)髭のオットー/(467)ラウインゲンの靴職人/(468)マインツ市の車輪の紋章/(469)ランメルスベルク/(470)エーバーシュタインの伯たち/(471)オットーは叩かれたままではおらぬ/(472)ロンバルディアでの王オットー/(473)無実の騎士/(474)皇帝オットーは未亡人と父なし子のために裁きを下す/(475)カールの墓に入ったオットー三世/(476)聖クニグンデ/(477)バンベルク大聖堂/(478)鳩が敵を知らせる/(479)少しだけ欠けた酒杯/(480)皇帝ハインリヒ三世の伝説/(481)ヴァインスベルクの妻たち/(482)ドナウ川の渦のそばに立つ悪魔の塔/(483)仔犬クヴェードル/(484)学生ヒルデブラントの伝説/(485)にんにくの王/(486)皇帝ハインリヒは皇妃を試みにかける/(487)マンスフェルト伯ホイヤー/(488)行方知れずの皇帝フリードリヒ/(489)アルベルトゥス・マグヌスと皇帝ヴィルヘルム/(490)皇帝マクシミリアンとマリア・フォン・ブルグント/(491)バイエルンの族長アーデルガーの伝説/(492)こうのとりの不実な妻/(493)バイエルン公ハインリヒは街道の乱れを許さず/(494)ディーツ・シュヴィンブルク/(495)皮を剝がれた狼/(496)グレート嬢の水車小屋/(497)フリードリヒ公とオーストリア公レオポルト/(498)辺境伯夫人のヴェール/(499)ブレンネンベルク家の男(伝説その一)/ブレンネンベルク家の男(伝説その二)/(501)シュレッケンヴァルトの薔薇園/(502)大口のマルガレータ/(503)ケルンテンのディーテリヒシュタイン城/(504)「大口オンナ」(マウル・タッシュ)の盛り土/(505)ハプスブルク家のラッドボッド/(506)シュトレットリンゲン城のルドルフ/(507)トッゲンブルクのイッダ/(508)スイス人たちの移住/(509)メルヒタール谷の畑の牡牛たち/(510)風呂につかる代官/(511)リュトリの盟約/(512)ヴィルヘルム・テル/(513)少年は暖炉に向かって語る/(514)ルツェルンの進軍の角笛/(515)ヴェルフ家の起源/(516)ヴェルフ家とギープリング家/(517)ブンドゥス、ひと呼んでヴォルフ公/(518)ハインリヒと黄金の馬車/(519)ハインリヒと黄金の犂/(520)ハインリヒ獅子公/(521)ツェーリンゲン家の起源/(522)シュタウフェンベルク家の貴人ペーター・ディムリンガー/(523)貴人メーリンガーの巡礼行/(524)カルフ伯フーベルト/(525)ウダルリヒとヴェンデルガルト、そして生まれざるブルカルト/(526)ヴェッテンハウゼン修道院の寄進/(527)ヴィルテンベルク城の家臣、騎士ウルリヒ/(528)ジンマーンの貴人アルブレヒト/(529)クリストブルクのドイツ騎士団管区長アンドレアス・フォン・ザンガーヴィッツ/(530)ヴェルダンの市民/(531)犂につながれた夫/(532)ジークフリートとゲノフェーファ/(533)カール・イナハ、サルウィウス・ブラボン、そして白鳥夫人/(534)白鳥を連れた騎士/(535)ライン河畔の白鳥の舟/(536)ブラバントのローエングリン/(537)ロートリンゲンにおけるロヘラングリンの最期/(538)白鳥の騎士/(539)善き男ゲルハルト・シュヴァーン/(540)プレッセのシュヴァーンリング一族/(541)オルデンブルクの角笛/(542)オルデンブルク家のフリードリヒ/(543)九人の子/(544)アマラベルガ・フォン・テューリンゲン/(545)イルメンフリート、イーリング、そしてディーテリヒの伝説/(546)よその森で狩りをする/(547)ヴァルトブルク城がルートヴィヒの手中に収まった次第/(548)ルートヴィヒ跳躍伯/(549)ラインハルツブルン/(550)固く鍛えられたルートヴィヒ/(551)ルートヴィヒは貴族の家臣たちと畑を耕す/(552)ルートヴィヒは城壁をめぐらす/(553)ルートヴィヒの亡骸が運ばれる/(554)ルートヴィヒの魂はいかなる状態にあるか/(555)ヴァルトブルクの合戦/(556)ヴァルトブルク城のルター博士/(557)ルートヴィヒとエリーザベト、子どもたちの結婚/(558)ブラバントのハインリヒ幼童公/(559)公妃ゾフィーの手袋/(560)頰を咬まれたフリードリヒ/(561)辺境伯フリードリヒは娘に乳を飲ませる/(562)弓使いのオットー/(563)方伯フィリップと農婦/(564)鎖に吊るす/(565)ヘッセン方伯モーリッツ/(566)神はパンと塩を祝福される/(567)ニッダ/(568)マールスブルク家の起源/(569)マンスフェルト伯家の起源/(570)ヘンネベルク/(571)八人のブルーノたち/(572)ロバが原/(573)タールマン・フォン・ルンダーシュテット/(574)ヘルマン・フォン・トレフフルト/(575)グライヒェン伯/(576)グラープフェルトの飢饉/(577)クロッペンシュテットの貯え/(578)一年の日と同じ数の子どもたち/(579)オルラミュンデの伯妃/■補遺/訳者あとがき/関連略地図/文献表(原資料欄の文献詳細)/伝説名索引(和文・欧文)

収録作品一覧

クッテンベルクの三人の鉱夫 43−45
山の精霊 45−46
ハルツの山の修道僧 46−47

著者紹介

グリム兄弟

略歴
〈グリム兄弟〉ヤーコプ・グリム(1785〜1863年)とヴィルヘルム・グリム(1786〜1859年)の兄弟。ドイツの文献学者・言語学者・民衆文学研究者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。