サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 社会・時事・政治・行政の通販
  4. 政治・行政の通販
  5. 京都大学学術出版会の通販
  6. The Phantom World of Digul Policing as Politics in Colonial Indonesia,1926−1941の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2021/11/30
  • 出版社: 京都大学学術出版会
  • サイズ:23cm/347p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-8140-0362-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

The Phantom World of Digul Policing as Politics in Colonial Indonesia,1926−1941 (KYOTO−CSEAS SERIES ON ASIAN STUDIES)

著者 Takashi Shiraishi (著)

ディグルは、1926年に西パプアの川上に設立された政治犯のための収容所で、インドネシアの植民地支配を理解する鍵である。政府の政治的取り締まりに、インドネシアの活動家がどの...

もっと見る

The Phantom World of Digul Policing as Politics in Colonial Indonesia,1926−1941 (KYOTO−CSEAS SERIES ON ASIAN STUDIES)

税込 3,300 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ディグルは、1926年に西パプアの川上に設立された政治犯のための収容所で、インドネシアの植民地支配を理解する鍵である。政府の政治的取り締まりに、インドネシアの活動家がどのような影響を受けたのかを考察する。【「TRC MARC」の商品解説】

Digul was an internment colony for political prisoners established in 1926, upriver in West Papua. It is the key to understanding Indonesia’s colonial rule between the failed communist rebellion of late 1926 and the fall of the Indies to the Japanese in 1942, a time when the Dutch regime attempted to impose “rust en orde”, peace and order, on the Indonesian people via the suppression of politics by the police. The political policing regime the Dutch Indies state created was both a success and a failure. The native terrain was never completely pacified. Activists linked up with each other in fluid networks that cut across spatial and ideational boundaries.
How did the government deploy political policing to achieve its policy objectives? What were the consequences and challenges for Indonesian activists? How was the government able to fashion its policing apparatus as the most potent instrument to achieve peace and order when the Great Depression hit the Indies, nationalist and communist forces were gaining strength in other places of the world and war was coming both in Europe and Asia? This long-awaited sequel to the author’s acclaimed An Age in Motion: Popular Radicalism in Java, 1912–1926, attempts to answer these questions.【商品解説】

目次

  • Introduction
  • 1.The Phantom World of Digul
  • 2.A New Regime of Order
  • 3.Policing the Phantom Underground
  • 4.Managing Nationalist Politics
  • 5.Politics=Police
  • 6.Politics in a Time of Normalcy
  • 7.Epilogue

著者紹介

Takashi Shiraishi

略歴
Takashi Shiraishi has taught at Tokyo University, Cornell University, Kyoto University, and National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS). In 2007, he was awarded the Japanese Medal of Honor with Purple Ribbon for his contributions to academic developments and accomplishments. He currently serves as Chancellor, Prefectural University of Kumamoto.

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。