サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 63件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/02/15
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4461-3
文庫

紙の本

あきない世傳金と銀 12 出帆篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

著者 高田 郁 (著)

藍染め浴衣地でその名を江戸中に知られる五鈴屋だが、再び呉服も扱えるようになりたい、というのが主従の願いであった。仲間の協力を得て道筋が見えてきたものの、決して容易くはない...

もっと見る

あきない世傳金と銀 12 出帆篇 (ハルキ文庫 時代小説文庫)

税込 704 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

藍染め浴衣地でその名を江戸中に知られる五鈴屋だが、再び呉服も扱えるようになりたい、というのが主従の願いであった。仲間の協力を得て道筋が見えてきたものの、決して容易くはない。しかし、幸と奉公人たちは知恵を絞り…。【「TRC MARC」の商品解説】

浅草田原町に「五鈴屋江戸本店」を開いて十年。
藍染め浴衣地でその名を江戸中に知られる五鈴屋ではあるが、
再び呉服も扱えるようになりたい、というのが主従の願いであった。
仲間の協力を得て道筋が見えてきたものの、決して容易くはない。
因縁の相手、幕府、そして思いがけない現象。
しかし、帆を上げて大海を目指す、という固い決心のもと、
幸と奉公人、そして仲間たちは、知恵を絞って様々な困難を乗り越えて行く。
源流から始まった商いの流れに乗り、いよいよ出帆の刻を迎えるシリーズ第十二弾!!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー63件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

高田さんには脱帽です

2022/02/15 11:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kotep - この投稿者のレビュー一覧を見る

五十鈴屋は火の用心の浴衣や勧進相撲の浴衣を浅草太物組合の仲間たちと共同で製造・販売することで信頼を得た。そして組合の長老から五十鈴屋への恩返しとして呉服を扱える「浅草呉服太物組合」へ転向する提案を受ける。そして全店の承認を受け、奉行所へ届けるも回答は未だにこず。
五十鈴屋が江戸に出店してはや10年の月日が経つ。女店主・幸はいろんな人たちに助けられ、商売が続けられたことに感謝する。しかし、幸の前には新たな敵、災いが襲い掛かるが・・・・・。

どんなときにもどんなことにもいろんな知恵を捻りだす姿には頭が下がる。商売敵だけではなく、奉行所も幸の足を引っ張るとは。逆境に立ち向かう幸の姿には勇気づけられることばかりでした。しかし、次作への宿題が気になっています。早く出版して下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大きな実りへ

2022/02/21 09:02

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こごんた - この投稿者のレビュー一覧を見る

きっちり半年毎に新刊を出していただけるので、楽しみにして読んでいます。さまざまな困難や身内の裏切りを乗り越え、知恵と真心で、江戸での商いが大きく実ってきており、ワクワクが止まりません。読者をどこまで希望のど真ん中へ連れて行ってくれるか、今後も楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女性の生き方にも感動

2022/02/26 16:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:れい - この投稿者のレビュー一覧を見る

新刊が出るのが、待ち遠しい。hontoからのお知らせで、新刊が出たのが分かるのが嬉しい。江戸時代の庶民の生活や楽しみが分かるのも、面白い。人の生き方も、心惹かれる。登場人物の個性も楽しく、それぞれの個性や生き方も面白い。着物や帯の楽しみ方も、想像したり。主人公の子供時代から、今は40歳ぐらいだと。その成長ぶりも自分で映像にしながら楽しんでいます。あたらしい商いが次から次えと広がる。
次号(13)の発売と展開が待たれます。そんな本ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あきない世傳金と銀 12

2022/02/26 11:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukko - この投稿者のレビュー一覧を見る

出帆篇と聞いて まさか海外進出?と勘違いしかけましたが違いました

このシリーズを読みながら毎回思います
調子が良い時も悪い時も
少し立ち止まって振り返ってみたり考えてみたりする事が
とても大事だと

今回も色々ありましたが
次回作が楽しみな終わり方で良かったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あぁ、もう読み終わってしまった

2022/02/16 21:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オムラ椅子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも続きを待ちかねて、
やっと出た!ゆっくり読もう!と
思うのですが、
やはり、購入したその日のうちに読んでしまいました。
もう、続きが気になってやきもきしています。
毎回やきもきするので、
いっそ完結してほしい!とすら思ってしまいます。
完結してほしいと思いつつも、
あの、幼なかった聡明な主人公が、不惑を迎え、
奮闘し続けてくれることは、読者にとっても喜びです。
続き、楽しみです。またまた、気になる所で終わるんだから!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一年が速い!

2022/03/06 08:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここにきて一年経つのが速い。なんと幸も40歳!エエっという感じです。そして音羽屋。あいも変わらずのマネと嫌がらせにはウンザリ。ここまでくると、逆にいつ大きな天罰からくだるか楽しみです。終わりはいつも通り先が早く読みたくなる終わり方。今後、五鈴屋がどんな方向に向かって行くのか、楽しみなようでもあり、不安でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まだ踏ん張りどころ

2022/03/06 06:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

再び呉服の商いもできるようになった五鈴屋ですが,忙しくなりすぎて従前の太物のお客さんに十分対応できなくなったり,裕福なお客さんとそうでないお客さんの両方に気分よく買い物をしてもらうためにどうしたらよいか悩んだり,廓での衣装比べに参加するか否か悩んだり,まだまだ踏ん張りどころが続きそうです。知恵を絞って道を開き,しかも誠実に商いを続けていく主人公に元気をもらえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/02/17 14:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/17 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/13 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/21 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/25 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/29 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/19 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/15 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。