サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/01/20
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/365p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-207163-6
文庫

紙の本

馬鹿八と人はいう 一外交官の回想 (中公文庫)

著者 有田 八郎 (著)

広田、近衛、平沼、米内内閣で外相を務め、三島由紀夫「宴のあと」のモデルとして知られる外交官、有田八郎。満州事変から日米開戦、敗戦までの外交、二度の東京都知事選に挑んだ経緯...

もっと見る

馬鹿八と人はいう 一外交官の回想 (中公文庫)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

広田、近衛、平沼、米内内閣で外相を務め、三島由紀夫「宴のあと」のモデルとして知られる外交官、有田八郎。満州事変から日米開戦、敗戦までの外交、二度の東京都知事選に挑んだ経緯などを回想した波瀾万丈の自伝。【「TRC MARC」の商品解説】

広田、近衛、平沼、米内内閣で四度、外相を務め、英米との軋轢を回避する立場から日独伊同盟に反対する。満州事変、日華事変、日米開戦から敗戦までの外交を証言。戦後、革新系政治家として、再軍備に異議を唱え、二度の東京都知事選に挑んだ経緯を回想。三島由紀夫の「宴のあと」のモデルとして知られる外交官の波瀾万丈の自伝。〈解説〉竹内洋【商品解説】

著者紹介

有田 八郎

略歴
有田八郎

一八八四(明治一七)年、佐渡に生まれ、東京帝国大学卒業後、一九〇九(明治四二)年外務省に入る。アジア局長、オーストリア公使、ベルギー大使などを経て三六(昭和一一)年、広田弘毅内閣の外相に就任し、日独防共協定を締結した。三八(昭和一三)年、第一次近衛文麿内閣に入り、平沼騏一郎内閣でも留任し、日独の軍事的協定強化には反対した。四〇年(昭和一五)年一月に成立した米内光政内閣の外相時代には〈東亜新秩序〉の建設を推進した。戦後、公職追放を受けるが、五三年(昭和28)年、革新候補無所属として新潟一区で衆議院選挙で出馬し、当選、五五(昭和三〇)年、東京都知事選挙の革新統一候補に推され,立候補するが、落選、五九(昭和三四)年、再び革新統一候補として都知事選に挑戦するも落選、これを機に政界を引退した政界から退いた。この間、料亭般若苑の女将畔上輝井と再婚したが、これをモデルにした三島由紀夫の小説『宴のあと』がプライバシー侵害にあたるとして損害賠償請求の訴えを起こした。著書に『人の目の塵を見る』『私のみる再軍備』『これからの東京』ほか。六五年(昭和四〇)年没。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2022/02/08 12:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。