サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 妊娠・出産・育児の通販
  5. 実業之日本社の通販
  6. たちまち没頭!アインシュタイン式子どもの論理脳ドリル 新装版の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児 小学生 一般
  • 発売日:2022/01/17
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:26cm/127p
  • 利用対象:幼児 小学生 一般
  • ISBN:978-4-408-42116-2
学参

紙の本

たちまち没頭!アインシュタイン式子どもの論理脳ドリル 新装版新刊

著者 アインシュタイン研究会 (編)

〔初版のタイトル等:たちまち没頭!アインシュタイン式子供の論理脳ドリル(東邦出版 2015年刊)〕【「TRC MARC」の商品解説】小学1年生〜6年生向け親子で取り組めば...

もっと見る

たちまち没頭!アインシュタイン式子どもの論理脳ドリル 新装版

税込 1,210 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

〔初版のタイトル等:たちまち没頭!アインシュタイン式子供の論理脳ドリル(東邦出版 2015年刊)〕【「TRC MARC」の商品解説】

小学1年生〜6年生向け
親子で取り組めば5歳から楽しめる!

「アインシュタイン式論理脳ドリル」とは、アルベルト・アインシュタイン博士が考案した「世界の98パーセントの人が解けないだろう」と豪語した問題をベースに作られた論理的思考を鍛えるブレイン・パズル。
イラスト満載で、親子で楽しみながら“頭を整理する力”が身につけられ、学校のお勉強もできてしまう、一石二鳥の一冊です。

「かわいい女の子と1時間いっしょにいても1分しか経っていないように感じる。しかし、熱いストーブの上に座らされたら、それが1分でも1時間より長く感じるはずだ。それが相対性だ」-アルベルト・アインシュタイン

周囲の音がなにも聞こえないくらい集中する力を身につけよう
“没頭”という言葉があります。意味は「1つのことに夢中になる。熱中する。周囲のことが気にならないくらい集中する」です。
没頭している時間も短く感じます。その時間は充実した時間と言えます。

では、どうしたら没頭できるようになるのでしょうか。
そのやり方の1つに没頭するクセをつける方法があります。常日頃からなにかに没頭していると、周囲のことに気を取られずに集中できるようになります。
『好きこそものの上手なれ』という言葉がありますが、好きなことをやっているときはわき目もふらずに集中します。まさに没頭しているわけです。好きなことを見つけることが没頭する能力を身につける訓練になるのです。

漫画を読む、ゲームをする、サッカーや野球を楽しむ、歌を歌うなど、好きなことにお子さんが没頭しているときは一定の時間ならそのままにしておいてあげるといいかもしれません。それはお子さんにとって充実した時間なのですから。

本書もそれほど長い時間ではありませんが、集中しないと問題を解くことはできません。そのせいか、本書の問題を解いてくださっているお子さんは没頭していることが多いようです。つまり本書の問題を解くことは、論理的な思考力を身につけると同時に没頭するクセがつく可能性が高いのです。


本書がきっかけとなって、お子さんに没頭する能力が身につき、なにかの道で一流の人間になることを願ってやみません。

「はじめに」より【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。