サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『言葉の往復を楽しむ ~対談・会話・手紙をめぐって~』 ポイント5倍キャンペーン ~7/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/03/15
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • サイズ:19cm/290p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-1416-6

紙の本

古本食堂

著者 原田 ひ香 (著)

本が好きだという想いは強いが、進路に悩む国文科の学生、美希喜。そんな時、大叔父の古書店を、彼の妹の珊瑚さんが継ぐことに。美希喜は珊瑚さんの手伝いをするようになり…。『ラン...

もっと見る

古本食堂

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

本が好きだという想いは強いが、進路に悩む国文科の学生、美希喜。そんな時、大叔父の古書店を、彼の妹の珊瑚さんが継ぐことに。美希喜は珊瑚さんの手伝いをするようになり…。『ランティエ』連載を改題、加筆修正し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

かけがえのない人生と愛しい物語が出会う!
神保町の小さな古書店が舞台の絶品グルメ×優しい人間ドラマ
大ベストセラー『三千円の使いかた』『ランチ酒』の著者による熱望の長篇小説
美希喜(みきき)は、国文科の学生。本が好きだという想いだけは強いものの、進路に悩んでいた。そんな時、神保町で小さな古書店を営んでいた大叔父の滋郎さんが、独身のまま急逝した。大叔父の妹・珊瑚(さんご)さんが上京して、そのお店を継ぐことに。滋郎さんの元に通っていた美希喜は、いつのまにか珊瑚さんのお手伝いをするようになり……。カレーや中華やお鮨など、神保町の美味しい食と心温まる人情と本の魅力が一杯つまった幸せな物語。【商品解説】

収録作品一覧

『お弁当づくりハッと驚く秘訣集』小林カツ代著と三百年前のお寿司 5−51
『極限の民族』本多勝一著と日本一のビーフカレー 53−100
『十七歳の地図』橋口譲二著と揚げたてピロシキ 101−147

著者紹介

原田 ひ香

略歴
〈原田ひ香〉神奈川県生まれ。「はじまらないティータイム」ですばる文学賞受賞。ほかの著書に「三千円の使いかた」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー58件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

書店員になりたかった

2022/06/06 21:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

神保町の古書店を舞台に出会う人々の人生の交錯を愛おしむ物語。古書を引き立て役に、古書店街にあるグルメもうまく取り上げられ、足を運びたくなる。本の魅力、読書の楽しさ、中古文学に向ける愛、など、本好きを夢中にさせる要素が満載だった。ひたすら読みつくす派の私には、読んだ本に関する知識をひらける力はないが、小さな頃に憧れた書店員への夢が書き起こされる物語でもあった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本好き達

2022/06/04 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

神保町の古本屋を亡くなった兄から継いだ珊瑚さん。孫がいてもおかしくない年齢。
商売の経験がないながらもお客に親身に対応し、ステキな本を紹介していきます。
お客は何かしら悩みを抱えていたりしますが、本と出合う事で少しだけ救われるのです。
珊瑚さんの親戚の子(国文学院生)、上の階の出版社の人たち、小説の卵なんかも集まり賑やか。
神保町といえば古本屋の町として有名。どんな所かは知らないけれど、本屋と美味しいもの屋がたくさんあるみたいで、楽しそうですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古本食堂!なるほど

2022/05/31 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん岩 - この投稿者のレビュー一覧を見る

神保町の古書店を舞台に、美味しいもんと思いやりのお話。
登場人物は気遣い思いやりの人達、美希喜の母も何もしない父よりいいと思し。亡くなった滋郎さんの人たらしぶりも素敵でした。
読み進めて最後「古本食堂」タイトル回収、なるほど!でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神保町に行きたくなる

2022/05/08 19:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

神保町を舞台とした古本屋さんのお話で、美味しそうなお店がいっぱい出てきます。話そのものよりも食べ物の描写が気になってしまうくらい美味しそうです。大叔母の珊瑚さんと大学院生のみきき、お客さんや周囲のお店の人たちとのやりとりもテンポよく楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/05/18 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/03 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/04/29 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/08 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/03 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/24 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/17 16:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/05/27 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/08 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/02/11 09:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/22 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。