サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~2/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 文学論の通販
  5. 松柏社の通販
  6. 翻訳を産む文学、文学を産む翻訳 藤本和子、村上春樹、SF小説家と複数の訳者たちの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/04/08
  • 出版社: 松柏社
  • サイズ:20cm/531p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7754-0284-9
  • 国内送料無料

紙の本

翻訳を産む文学、文学を産む翻訳 藤本和子、村上春樹、SF小説家と複数の訳者たち

著者 邵 丹 (著)

【サントリー学芸賞芸術・文学部門(第44回)】村上春樹の文化的ルーツの一つである1970年代の翻訳文化。この時代の「新しさ」の視点から「新しい形」で出版された翻訳書や誕生...

もっと見る

翻訳を産む文学、文学を産む翻訳 藤本和子、村上春樹、SF小説家と複数の訳者たち

税込 4,180 38pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【サントリー学芸賞芸術・文学部門(第44回)】村上春樹の文化的ルーツの一つである1970年代の翻訳文化。この時代の「新しさ」の視点から「新しい形」で出版された翻訳書や誕生した文化空間を、翻訳家たちの翻訳を通して丹念に辿り、翻訳という行為の可能性を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

村上春樹という作家の文化的ルーツの一つには1970年代の翻訳文化がある。この時代の「新しさ」の視点から「新しい翻訳」「新しい形」で出版された実際の翻訳書や若者文化の勃興のもとで誕生した「新たな」文化空間を、藤本和子、SF小説の翻訳家たちの翻訳を通して丹念に辿る。翻訳という行為の壮大な可能性が見えてくる。
▶︎津野海太郎、藤本和子、巽孝之、柴田元幸、岸本佐知子、伊藤夏実、くぼたのぞみ(以上敬称略)といった翻訳家、SF評論家、編集者の方々に著者がインタビューした内容も収録。【商品解説】

目次

  • ▶︎序章 七〇年代末頃の文学趣味の変革──村上春樹の登場
  • 七〇年代の発話困難──翻訳を通しての自己発見
  • 先行研究のまとめ──三つのアプローチとその不足点
  • 同時代的想像力とは何か──二つのの構想
  • ▶︎第一章 七〇年代の翻訳を検討するための理論的枠組み
  • エヴェン=ゾハルと多元システム理論
  • トゥーリーと記述的翻訳研究
  • ▶︎第二章 七〇年代の翻訳が置かれた歴史的な文脈
  • Youngsters come into being──日本の戦後社会史上における「若者」の登場
  • 理想の時代──「太陽族」と呼ばれる戦後派青年像

著者紹介

邵 丹

略歴
〈邵丹〉1985年生まれ。東京大学人文社会系研究科欧米系文化研究専攻博士課程単位取得満期退学。東京外国語大学世界言語社会教育センター専任講師。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

村上春樹を作った時代

2022/09/28 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichikawan - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹が登場した衝撃とその新鮮さは、彼の文学が当り前に受け取られるようになった今の読者にはピンとこないであろう。その春樹は突然変異として誕生したのではない。1960年代から70年代の、主として翻訳文学の影響を受けていたのであった。とりわけ藤本和子の経歴とその仕事を論じた章は貴重なものとなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。