サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0815-19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/06/13
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-51126-3
文庫

紙の本

百姓の江戸時代 (ちくま学芸文庫)

著者 田中 圭一 (著)

江戸時代は、身分に縛られた暗い封建社会ではなく、元気な百姓が主役の、近代的な前期資本主義社会だった−。身分社会の終焉、法と制度のからくり…。支配者史観を覆し、庶民の視点か...

もっと見る

百姓の江戸時代 (ちくま学芸文庫)

税込 1,100 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

江戸時代は、身分に縛られた暗い封建社会ではなく、元気な百姓が主役の、近代的な前期資本主義社会だった−。身分社会の終焉、法と制度のからくり…。支配者史観を覆し、庶民の視点から江戸時代の歴史を読みなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

百姓たちは自らの土地を所有し、織物や酒を生産・販売していた――庶民の活力にみちた前期資本主義社会として、江戸時代を読み直す。解説 荒木田岳

===
江戸時代の日本について、鎖国によって孤立し停滞した封建制社会であったと受け止める傾向がある。また、農民や町人は、厳しい身分制度でがんじがらめの支配を受けていたと信じられがちである。しかし村々に残る資料をみて歩くと、この時代の百姓たちは自ら所有する土地を耕しながら布や酒をつくって店をひらき、さらには寄合の協議で村の運営を動かすこともあったことなどが分かってくる。江戸時代はむしろ、元気な百姓が主役の、近代的な前期資本主義社会だったのだ。支配者史観を覆し、庶民の視点から江戸時代の歴史を読みなおす。 解説 荒木田岳
===

「身分に縛られた暗い封建社会」は本当か?
百姓たちは元気だった!

===

【目次】
はしがき  
序章 「日本近世史」のあやうさ  
1 制度はどこから生まれたか/2 暗記学になった「近世史」/3 歴史を語らない法と制度/4 歴史の主役は百姓  

第一章 百姓を独立させた検地  
1 名主と名子の身分制/2 大開発時代の原動力/3 時代転換のキーワード  

第二章 身分社会の終焉  
1 士・農・工・商は職分/2 家をめぐる身分の消滅/3 大家族から世帯へ  

第三章 法と制度のからくり  
1 支配者史観の落とし穴/2 編纂された法典/3 分地制限令の背景  

第四章 新しい社会の秩序  
1 時代の主催者としての百姓/2 団結と秩序/3 村の総意で選ばれた名主/4 村の掟/5 村八分  

第五章 百姓の元気  
1 はげしい農産物需要/2 自給自足説の失敗/3 百姓の成立と展開/4 無高百姓の出現  

第六章 民意が公論となるとき  
1 奉行罷免の要求/2 契約としての定免制/3 百姓一揆の思想/4 とりやめになった新田検地  

第七章 村に学んだ幕閣  
1  国産自給論と交易論/2 輸出解禁/3 空転する国益論/4 専売機関の挫折/5 村にできた工場  

文庫版解説  荒木田岳  【商品解説】

目次

  • はしがき  
  • 序章 「日本近世史」のあやうさ  
  • 1 制度はどこから生まれたか/2 暗記学になった「近世史」/3 歴史を語らない法と制度/4 歴史の主役は百姓  
  • 第一章 百姓を独立させた検地  
  • 1 名主と名子の身分制/2 大開発時代の原動力/3 時代転換のキーワード  
  • 第二章 身分社会の終焉  
  • 1 士・農・工・商は職分/2 家をめぐる身分の消滅/3 大家族から世帯へ  

著者紹介

田中 圭一

略歴
1944-2018年。新潟県佐渡郡金井町生まれ。新潟大学人文学部経済学科卒業。高校教諭を経て、67年京都大学国内留学、88年筑波大学教授、94年群馬県立女子大学教授などを歴任。従来の、武士を中心とした「日本近世史」の史観に異議を唱え、当時の一般庶民である百姓こそが時代の主役であったという視点を、村々に残る史料をひもときながら主張しつづけた。著書に『佐渡金銀山の史的研究』(刀水書房、第9回角川源義賞)、『帳箱の中の江戸時代史』(刀水書房、新潟日報文化賞)、『日本の江戸時代』(刀水書房)ほか多数。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江戸時代の90%は百姓だ!!

2022/06/11 09:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ニッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸時代のほぼ90%は百姓でした。つまり江戸社会は百姓で成り立っていたのです。農本主義とでも言いましょうか。その江戸時代を、百姓の視点から見たのが本書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/07/17 08:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。