サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  クーリエ・ジャポンpresents あの著名人の「推薦図書」フェア ~9/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 79件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/06/08
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/155p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-391550-0

紙の本

信仰

著者 村田 沙耶香 (著)

「なあ、俺と、新しくカルト始めない?」 現実こそ正義、好きな言葉は「原価いくら?」の私が、カルト商法を始めようと誘われ…。信じることの危うさと切実さに痺れる、短篇&エッセ...

もっと見る

信仰

税込 1,320 12pt

信仰

税込 1,300 11pt

信仰

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.9MB
Android EPUB 2.9MB
Win EPUB 2.9MB
Mac EPUB 2.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「なあ、俺と、新しくカルト始めない?」 現実こそ正義、好きな言葉は「原価いくら?」の私が、カルト商法を始めようと誘われ…。信じることの危うさと切実さに痺れる、短篇&エッセイ集。『文學界』等掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

世界中の読者を熱狂させる、村田沙耶香の最新短篇&エッセイ

「なあ、俺と、新しくカルト始めない?」

好きな言葉は「原価いくら?」で、
現実こそが正しいのだと、強く信じている永岡。
同級生から、カルト商法を始めようと誘われた彼女は――。

信じることの危うさと切実さに痺れる8篇。

〈その他収録作〉

★生存
65歳の時点で生きている可能性を数値化した、
「生存率」が何よりも重要視されるようになった未来の日本。
生存率「C」の私は、とうとう「野人」になることを決めた。

★書かなかった小説
「だいたいルンバと同じくらいの便利さ」という友達の一言に後押しされて、クローンを4体買うことにした。
自分を夏子Aとし、クローンたちを夏子B、C、D、Eと呼ぶことにする。
そして5人の夏子たちの生活が始まった。

★最後の展覧会
とある概念を持つ星を探して、1億年近く旅を続けてきたK。
彼が最後に辿り着いた星に残っていたのは、1体のロボットだけだった。
Kはロボットと「テンランカイ」を開くことにする。

ほか全8篇。

【商品解説】

収録作品一覧

信仰 5−57
生存 59−76
土脉潤起 77−89

著者紹介

村田 沙耶香

略歴
〈村田沙耶香〉1979年千葉県生まれ。「ギンイロノウタ」で野間文芸新人賞、「しろいろの街の、その骨の体温の」で三島由紀夫賞、「コンビニ人間」で芥川賞受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

「信じる」とは

ジュンク堂書店福岡店スタッフさん

著者が海外から依頼を受け執筆した作品を含む短編&エッセイ集。
表題作『信仰』は、現実主義者で、好きな言葉は「原価いくら?」の主人公・永岡ミキが同級生の石毛からカルト商法を始めようと誘われる物語。
石毛は同じく中学の同級生だった斉川さんを仲間にしていた。斉川さんは大学を卒業してすぐの頃、マルチにハマり浄水器を売っていたらしい。一方、ミキの友人たちはそんな石毛と斉川さんを嘲笑いながらも、縄文土器にしか見えないお皿のブランド「ロンババロンティック」に夢中になっていた。
私たちはみな、目に見えないものにお金を払い、そのことに楽しみや喜びを感じている。では、それはカルトと一体何が違うのか。価値観が大きく揺さぶられる作品である。

みんなのレビュー79件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

異常な世界

2022/07/09 20:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

カルトはじめないかーでふつう、始まらないでしょう……と言いたくなりましたが。65歳で生きているか、すでに死んでいるか?って……何よりも夏子が四人も五人も……異常な世界なんだけど、妙に納得しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/07/27 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/17 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/01 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/11 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/12 09:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/20 12:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/16 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/13 19:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/04 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/01 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/25 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/09/02 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/09/17 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/30 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。