サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 453件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/07/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/464p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-528618-0
文庫

紙の本

希望の糸 (講談社文庫)

著者 東野 圭吾 (著)

カフェのマダムが殺された。加賀と松宮が捜査しても彼女に関する手がかりは善人というだけ。彼女の不可解な行動を調べるとある少女の存在が浮上する。一方、金沢で息を引き取ろうとし...

もっと見る

希望の糸 (講談社文庫)

税込 968 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

カフェのマダムが殺された。加賀と松宮が捜査しても彼女に関する手がかりは善人というだけ。彼女の不可解な行動を調べるとある少女の存在が浮上する。一方、金沢で息を引き取ろうとしていた男性の遺言書に意外な人物の名が…。【「TRC MARC」の商品解説】

東野圭吾の「家族」の物語。
「あたしは誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」

加賀シリーズ最新作、待望の文庫化!

ーーー

小さな喫茶店を営む女性が殺された。
加賀と松宮が捜査しても被害者に関する手がかりは善人というだけ。
彼女の不可解な行動を調べると、ある少女の存在が浮上する。
一方、金沢で一人の男性が息を引き取ろうとしていた。
彼の遺言書には意外な人物の名前があった。
彼女や彼が追い求めた希望とは何だったのか。

【商品解説】

著者紹介

東野 圭吾

略歴
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学電気工学科卒業後、生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆。1985年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞、専業作家に。1999年『秘密』(文春文庫)で第52回日本推理作家協会賞、2006年『容疑者χの献身』(文春文庫)で第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川書店)で第7回中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』(PHP研究所)で第26回柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞を受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー453件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

今作も泣けます

2022/08/20 14:20

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あかふじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一応加賀恭一郎シリーズなのですが、加賀は管理職になっており実際に事件の捜査に関わるのは従弟の松宮脩平です。しかしやはり美味しいところは加賀が持っていくあたりは流石です(笑)
誰からも慕われる優しい喫茶店の女性店主が殺害されるという事件が起こり、
その謎にある一人の少女の出生の秘密が大きく関わっているという内容。
クリニックの医師が気を付けていれば、後の悲しき勘違い殺人は起こらなかったのではないかと思うと残念。
読後感は非常に良く、幸せな気分に浸れました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さすが東野圭吾

2023/01/28 23:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今はたくさんの人気作もありますし、賞を受賞した作品もたくさん読んできましたが、やっぱり東野圭吾さんの作品が1番好きです。
とにかく続きが気になり、時間を忘れて一気読み。
最近結婚し、実家の家族、夫、義家族、家族というものを考えることが多かったこのタイミングで、この本を読めたのは何かの縁かもしれません。今回も素晴らしい作品をありがとう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望の糸

2023/02/01 14:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりの感動作ですね。親子を題材にいろいろな物語が描かれています。謎解きもあります。さすが東野作品でした。加賀警部の出番が本当に少ないですね。従妹の松宮が主人公です。なかなかの男に育ちました。ぜひ一読おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動しました

2024/04/20 10:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本屋ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野圭吾さんの作品は、いつもグイグイと、そのストーリー展開に引き込まれ、人のやさしさ、人情などにほろっとする話が多く、たくさんの作品を読みましたが、この作品も加賀警部さんの優しさと渋さ、家族や子育ての絆などを深く考えることができた、素晴らしい作品でした。不妊治療や未婚の母などの事案も取り上げていて勉強になりました。
やっぱり東野作品は最高ですし、加賀シリーズもやみつきになります。
自分の中では、数ある東野作品の中でも、ベストファイブに入る感動作でした!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

複雑に入り組んだ東野圭吾らしいストーリー

2023/05/15 22:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりの加賀恭一郎シリーズです。ずいぶん久しぶりなので繋がりが分からなくなっていました。ただ、完全に一話完結のストーリーなので、覚えていなくても大丈夫です。そして、今回は加賀恭一郎はあまり出てきません。中心となっているのは、従姉弟の脩平です。複雑に入り組んだ東野圭吾らしいストーリーです。感動の結末も用意されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

加賀恭一郎シリーズかと思いきや、松宮修平にスポットを当てたスピンオフ的な作品です

2023/03/31 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:a - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は加賀さんではなく松宮さんメインのお話です。 友達、親友、恋人、夫婦、親子。人には色々なご縁と繋がりがある。 たとえ血が繋がっていなくとも、繋がる糸は切れません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

加賀恭一郎シリーズ最新作

2023/02/22 02:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回もたくさんの伏線が張り巡らされていて面白かったです。松宮の過去もよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家族

2023/01/20 08:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杉野 - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族とは何なのだろうと考えさせられた。血の繋がり以上のものがあったとしても血縁というのはやはり大きな力を持っている。何を持って家族になれるのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読み

2022/11/30 08:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けいこママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

加賀シリーズは好きでよく読んでいますが、今回の主人公は松宮でちょっと今までとは違った感じがしました。それでも途中から読みやめることができなくなり一気に読んでしまいました。親子の在り方を考えさせられる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望の糸

2022/11/23 13:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

東野作品ののため、人間の根本を問われるような作品でした。体外受精や取り違え、婚姻外子の話など、事件と深いかかわりがあり推理を楽しむことができました。その裏に潜む人間模様も面白さの一つです。また、違う作品がでたら読んでみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

東野圭吾さんの大ファンです!

2022/10/08 22:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るいららパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大阪府生まれの生産技術エンジニアとして会社勤めの傍ら、ミステリーを執筆されている東野圭吾さんの物語はとても興味深い。特に、加賀シリーズ最新作となればなおさらです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望の糸

2023/06/29 23:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Keito - この投稿者のレビュー一覧を見る

加賀恭一郎シリーズの本作は家族の絆とは何かを考えさせられた作品でした
一つだけきになる所があってネタバレしないように書くと父親達の心境がイマイチ自分には理解し難いところもありましたが興味深く読めました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望

2023/06/08 16:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

不妊治療している人にとっては、かなり、重たく突き刺さる話。色々、考えさせられる内容であっさり、スッキリ読みたいは人には難しいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

血縁関係って難しいです。

2023/04/02 09:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オハナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は汐見夫妻でいきなり変わったので短編って思ったんですが、ちゃんと続きがありましたね。そこからの展開が良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

希望の糸

2022/09/17 20:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

安定のおもしろさ。
加賀恭一郎シリーズだが、今回は加賀は一歩引いて、松宮が物語を引っ張る。が、締めるところは加賀の一言が効いている。
事件自体は中盤でとりあえず解決するが、その後の、家族をめぐる物語が、じんわり沁みた。悪人って、いなかったんじゃないかな。皆、悩んで苦しんで、少女を傷つけまいと、振る舞う。警察が、事件から外れた事柄まで踏み込んで良いのか、とも思ったが。
読み終わって、少女と父親が幸せになって欲しいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。