サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/08/08
  • 出版社: 法政大学出版局
  • サイズ:20cm/426,10p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-588-46019-7
  • 国内送料無料

紙の本

架橋としての文学 日本・朝鮮文学の交叉路 (対抗言論叢書)

著者 川村 湊 (著)

長年にわたり韓国・朝鮮と深くかかわった批評家による集大成。植民地支配と差別、〈親日〉の汚名や屈従を強いられた朝鮮の文学者たちの生と、その歴史に並走してきた日本の作家や知識...

もっと見る

架橋としての文学 日本・朝鮮文学の交叉路 (対抗言論叢書)

税込 3,300 30pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

長年にわたり韓国・朝鮮と深くかかわった批評家による集大成。植民地支配と差別、〈親日〉の汚名や屈従を強いられた朝鮮の文学者たちの生と、その歴史に並走してきた日本の作家や知識人らの理解・無理解・葛藤の記憶に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

40年以上にわたって韓国・朝鮮と深く関わり、朝鮮文学や在日文学の批評家としても第一線を歩き続けてきた著者による集大成。植民地支配と差別、〈親日〉の汚名や屈従を強いられた朝鮮の文学者たち(李光洙、張赫宙、李箱ほか多数)の生と、その歴史に並走してきた日本の作家や知識人らの理解・無理解・葛藤の記憶を、現在の新しい読者に向けて語り直す。文学だけが架けられる橋とは何か?【商品解説】

目次

  • 序章 架橋としての文学
  • 1 “他者”としての朝鮮
  • 2 「親日文学」と「転向文学」
  • 第1章 移植文学から始まる
  • 1 近代的文体の誕生
  • 2 最初のハングル新聞
  • 第2章 歪んだ鏡──李光洙と日本語
  • 1 李光洙の「文体」

著者紹介

川村 湊

略歴
〈川村湊〉1951年網走市生まれ。文芸評論家。法政大学名誉教授。木山捷平文学賞はじめ多くの文学賞の選考委員を務める。著書に「川村湊自撰集」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

色々とまとめると

2022/08/16 00:48

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今までに出していた本と同じく、書き下ろしこそあるが、色々な媒体で発表した文章をまとめているので、松本清張の「北の詩人」を批判している注釈があるかと思えば、中野重治が林和の運命を知らなかったかのように書いている個所があったりする。他の北朝鮮での粛清と違って、南労党裁判は公表されているから、「北の詩人」のような作品が生まれたわけで、昭和39年に除名されるまで日本共産党中央委員だった中野重治が知らないはずがないのだが。
 崔南善が人民軍に拉致されたなんて初めて読んだ。
 金史良が毎日新報に連載していた作品名を「海の歌」と「海への歌」の二通りの表記があるが、どちらかに統一してほしい。
 張赫宙が朝鮮戦争を題材にした「嗚呼朝鮮」と「無窮花」を書いた事を紹介して、「日本国籍となっても消すことができない“朝鮮人性”や“民族性”が張赫宙にとっては問題ではなかったか」と書いているが、他の個所を見る限り、ここで彼に対する認識が止まったようだ。ここは出典にあるように30年ほど前、岩波書店の論集に寄稿したもので、平凡社の「生まれたらそこがふるさと」にも収録していた。今回、結構手を入れているのは分かるが、「嗚呼朝鮮」の刊年を「1951」年と実際より1年早いのは相変わらずだ。著者自身が編纂に関わった集英社の「戦争×文学」の朝鮮戦争の巻には張赫宙が昭和28年に書いた「眼」という短編が収録されているように、彼は朝鮮戦争の取材で韓国での取材を元にした短編をいくつか書いている。張赫宙の「“朝鮮人性や”民族性”」というならば、昭和25年の「李王家悲史・秘苑の花」に触れないのは、解せない話しだ。
 金素雲の翻訳について触れた個所を読むと、著者自身が光文社古典新訳文庫で出した「歎異抄」と「梁塵秘抄」の抜粋を連想した。金素雲の翻訳を「再創作の詩」と評しているが、「原詩からかけ離れたものである」のは、まさに著者による「歎異抄」と「梁塵秘抄」の抜粋に当てはまる。何で唯円に今風の関西弁で語らせるとか高度成長期の盛り場みたいな訳文にするとかしたのだろうか。
 張赫宙と金史良が関わっていた「文藝首都」の戦後史や半世紀ほど前の同人誌「朝鮮文学」の評価とかは参考になる。
 「朝鮮文学」を書いた章に出て来る「現代朝鮮文学選」の2巻目を売れなくて「断裁」されたので「稀覯本」と論じているが、訳した田中明が「物語 韓国人」で言及している李泰俊の「解放前後」を読みたくて古書で購入したのは貴重な本という事になる。この章に出て来る「朝鮮文学」が刊行された昭和40年代半ばまでの韓国・北朝鮮の作品の紹介について、日本人で植民地時代から韓国・北朝鮮の現代文学に通じて訳せたような人はまずいないだろうから、韓国人か在日の手によるものだろう。
 本文とはずれるが、巻末の広告には「天皇の韓国併合」や「朝鮮朝宮中風俗の研究」のような本はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。