サイト内検索

詳細検索

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン(0928-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 1,413件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/08/04
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/344p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-528149-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

汝、星のごとく

著者 凪良 ゆう (著)

【本屋大賞(2023年)】【高校生直木賞(第10回)】瀬戸内の島に育った高校生の暁海と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂。ともに心に孤独と欠落を抱えた二人...

もっと見る

汝、星のごとく

税込 1,760 16pt

汝、星のごとく

税込 1,705 15pt

汝、星のごとく

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 2.1MB
Android EPUB 2.1MB
Win EPUB 2.1MB
Mac EPUB 2.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【本屋大賞(2023年)】【高校生直木賞(第10回)】瀬戸内の島に育った高校生の暁海と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂。ともに心に孤独と欠落を抱えた二人は、惹かれ合い、すれ違い、そして成長していき…。『小説現代』掲載を加筆改稿し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

☆2023年本屋大賞受賞作☆

【第168回直木賞候補作】
【第44回吉川英治文学新人賞候補作】
【2022王様のブランチBOOK大賞】
【キノベス!2023 第1位】
【第10回高校生直木賞候補作】

【ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2022 第3位】
【今月の絶対はずさない! プラチナ本 選出(「ダ・ヴィンチ」12月号)】
【第2回 本屋が選ぶ大人の恋愛小説大賞 ノミネート】
【未来屋小説大賞 第2位】
【ミヤボン2022 大賞受賞】
【Apple Books 2022年 今年のベストブック(フィクション部門)】
などなど、賞&ノミネート&ランクイン多数!

その愛は、あまりにも切ない。

正しさに縛られ、愛に呪われ、それでもわたしたちは生きていく。
本屋大賞受賞作『流浪の月』著者の、心の奥深くに響く最高傑作。


ーーわたしは愛する男のために人生を誤りたい。

風光明媚な瀬戸内の島に育った高校生の暁海(あきみ)と、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂(かい)。
ともに心に孤独と欠落を抱えた二人は、惹かれ合い、すれ違い、そして成長していく。
生きることの自由さと不自由さを描き続けてきた著者が紡ぐ、ひとつではない愛の物語。

ーーまともな人間なんてものは幻想だ。俺たちは自らを生きるしかない。【商品解説】

著者紹介

凪良 ゆう

略歴
〈凪良ゆう〉「流浪の月」で本屋大賞を受賞。ほかの著書に「神さまのビオトープ」「滅びの前のシャングリラ」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,413件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

圧巻!

2022/09/03 00:50

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌掲載の時に読んでいて、雑誌では、2回に分かれていたので、前半を読んだ時は、後半が待ちきれなかったです。
テーマは、ヤングケアラーになるのかな?
あらすじを言ってしまうと、平凡とも言えなくは無いですが、一度、読み始めると、内容に引き込まれて、どっぷり浸かってしまい、夢中で読んでしまいました。
最初のつかみも絶妙で、プロローグが、どういうこと?から始まって、だんだん話が進んでくると、なるほど!と、唸らせてくれます。
やっぱり、花火のシーンは、泣いてしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すれ違いの末に

2022/09/10 22:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:華凜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

櫂と暁海の高校時代の花火の思い出を軸に話が進んでいる印象です。2人の思いのすれ違いや周りにいる人々から見える姿に悩み考えていく情景があります。結末は一般的には受け入れるのが難しいところがありますが、全員が納得した生活が送られていると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自由に生きること

2023/02/13 18:38

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

人は生きていく上で、知らず知らず、この社会には生き方の正しい基準や標準というものがあると思い、日々生活していく、そんな思いを揺るがすことができる物語だった。恋とか愛とかは、必ずしも結婚という形式に必要されず、生きる上での互助会だと教えてくれる物語でもある。自分の人生を生きることを誰かに許されて行うものか、そんなことはない、誰もその人生の責任は取ってくれないのに。自分がどうありたいかの選択権は、自分の中にしかないのに、知らないうちに、他に委ねてしまっている自分に気づいた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

多様性

2023/01/26 09:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くみみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2023年本屋大賞ノミネート&第168回直木賞候補作。

「退屈ごと愛していた」
無垢な高校生の夏から30代までの男女の深い精神の結び付きを描いた、心揺さぶる壮大な愛の物語。

二人の秘めた強さと未成熟さが不安定な海波を連想し、すぐに島の情景が浮かび心地好いテンポで一気読み。スマホもあり設定は昨今だけど、独特な島の風潮が生み出す閉鎖感と不便さが簡単には繋がれない昭和臭を醸していて、一瞬一瞬がとても貴い時間のように感じられた。特に時間を無駄にするな等の直接的な描写はなかったものの、この作品の伝えたいものの一つであろう「貴重な時間」を、無意識に刷り込まれた。「四万円」にしたら早く終わってしまうのに、それでも繋がりたかった櫂の切実さ――凪良氏はきっと櫂と同じように身を削り書いたんだろうな、と勝手に想像し余計に苦しくなった。
SNS等で簡単に何でも共有出来ちゃう時代だけど、誰も共感してくれなくても自分達だけわかっていれば良い事もある。
ヤングケアラーや凪良氏十八番の性的マイノリティ等、表に出難い問題にも斬新な切り口でフォーカスし、更なる多様性を示していた。
星を見る度に二人の愛の形を思い出す、つまりは一生忘れないだろう作品。
スピンオフが待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

さまざまな生き方

2023/04/30 05:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TOKU - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年から本を読むきっかけになったのは、凪良ゆうさんの作品に出会ったからです。こちらも小説雑誌掲載から読ませて頂いておりました。BL作品も含め凪良さんの作品に共通してるように感じる、多くの人は噂や偏見、勝手な価値観を押し付けてあれこれ人のことを言うけど、人それぞれの事情や感情があって、いろいろな形の生き方があり、それで良い。と強く思わせてくれるとても素敵な作品でした。
読書が不得手だった私でも、凪良さんの作品は何度も読み返したくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切なくて美しい物語。

2023/04/26 22:17

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

凪良ゆうは複雑な人間関係を描くのが得意な人だと改めて感じた。暗くて、苦しくて、切ない凪良先生の物語の中に、一筋の光が差し込む瞬間が好きだが、今回もそんなわたしの好きな瞬間がつまっていて美しい物語だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しく切ない作品です。

2023/04/16 18:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうり - この投稿者のレビュー一覧を見る

BLの頃から凪良ゆうさんのファンです。購入しておきながら未読だったのですが読み始めたら一気に読破してしまいました。同じような苦しみを抱えた主人公二人が惹かれあい、愛し合いながらもすれ違っていく心理描写も見事で、美しい文章で綴られる物語に引き込まれました。主要登場人物みな魅力的です。とくに北原先生。ラストシーンは切なくも美しくて泣いてしまいました。本当に綺羅星のように美しい素晴らしい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しく切ない本

2023/04/02 21:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本が大好き!! - この投稿者のレビュー一覧を見る

親に人生を振り回されながら生きてきた2人の男女が、恋をし、すれ違い、互いに成長していく様子が、著者の凪良ゆうさんの繊細で美しい言葉で描かれていて、結末を読んだ瞬間には涙が溢れ出てきました。自分らしく生きることの困難、その困難が自分の人生にとっていかに意味あるものであるかを教えてくれる1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

2人のすれ違いも愛の形も

2023/08/20 21:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りう - この投稿者のレビュー一覧を見る

2人のすれ違いながらも愛があるが故の行動に、読み手として焦ったさを感じながらも応援したくなりました。
最後は気持ちが通じ合って穏やかに過ごせてよかった。

個人的に瞳子さんの言葉に背中を押されました。
私も強くならなくちゃって思ってたけど…強いんじゃなくて愚かになれるか、そして、いざっていう時は誰かに恨まれようが手に入れる。

物語の内容も節々の言葉もとても印象に残る小説でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

何度も読み返したくなります。

2023/08/18 05:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:lealanihawaii - この投稿者のレビュー一覧を見る

このお話はスゴイ。感動するだけでなく、様々な感情を起こさせて、じわじわと効いてきます。何度も繰り返して読みたくなる。自分の生き方、家族との繋がりとあり方、自分の幸せとは何か、と色々と考えました。さらっと書かれているような文章なのに、伝えてくるモノの力強さに圧倒されました。私は読書量は多いけれど 今までレビューを書いたことが無く、初めてですが、書かずにいられない程に揺さぶられました。絶対のオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

流石、本屋大賞受賞作

2023/08/15 17:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:奈良の本読み - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー展開も申し分なく、心の動きの描写も分かりやすく、流石、本屋大賞受賞作と思う。
長編であるものの、一気に読める秀作であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

涙が止まりませんでした

2023/05/04 00:32

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大澤 - この投稿者のレビュー一覧を見る

カフェで一気に読みました。
気づいたら泣いていて涙が止まりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高

2023/04/30 20:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マンゴスチン - この投稿者のレビュー一覧を見る

今年の本屋大賞受賞作。素敵でした
明るい話ではないけれども、精神が洗われた感覚を得る。
恋愛小説が苦手なのだが、この作家さんのなら読める。どうしようもなくどろどろしたうつつを、泥をそのままに精巧に美しく書けるのはどうしてだ?何度でも読みたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

とても好きな本

2023/04/28 22:39

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに何故かわからないけど続きが気になって仕方ない本を読みました。これだけ心を乱してきて色々なことを考えさせてくれる本は大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凪良さんの小説の中で一番好きだ

2023/01/16 20:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GORI - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の恋愛しか見えない母親を持つ櫂。
父親が愛人のところに入り浸って帰って来ない家庭で育つ暁海。
二人は不安定な家庭に翻弄されながら、運命のように惹かれ合う。

漫画家を目指し東京へ旅立つ櫂。
一緒に東京へ行きたい暁海だが、母親を置いて行けないと島に残る。
遠距離恋愛ながら、漫画家の夢を実現させようと懸命に書き続ける櫂と母親の面倒を見ながら納得いかない仕事を続ける暁海はお互いを愛しむように二人の時間を過ごす。
しかし、櫂の仕事が売れていきお金をどんどん稼ぐようになった辺りから二人にすれ違いが生じる。
櫂と暁海を交互に書きながら二人は年齢を重ねる。

二人の決して分かり合えないそれぞれの思いも理解できる。
順調だった櫂も相棒の事件で漫画界から追放されてしまう。
暁海は島で耐えながら母親との生活を過ごす。
いつまでこの生活が続くのか
いつか自分の夢を実現出来るのか

二人はそれぞれ惹かれ合い、すれ違い、成長していく。
自由になるために、何かを捨てるのではなく、掴むだけなんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。