サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン ~12/14

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経済の通販
  5. 日本評論社の通販
  6. コロナ危機、経済学者の挑戦 感染症対策と社会活動の両立をめざしての通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 1
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/09/21
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:19cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-535-54036-1
専門書

紙の本

コロナ危機、経済学者の挑戦 感染症対策と社会活動の両立をめざして

著者 仲田 泰祐 (著),藤井 大輔 (著)

2人はコロナ禍で何を思い、学んだのか。政治家や感染症専門家、メディア関係者とどんな議論を重ねたのか。コロナ分析を発信し続け、政策現場からの信頼を得てきた経済学者の軌跡を追...

もっと見る

コロナ危機、経済学者の挑戦 感染症対策と社会活動の両立をめざして

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2人はコロナ禍で何を思い、学んだのか。政治家や感染症専門家、メディア関係者とどんな議論を重ねたのか。コロナ分析を発信し続け、政策現場からの信頼を得てきた経済学者の軌跡を追い、将来に向けて何をすべきか考える。【「TRC MARC」の商品解説】

【2021年1月以降、政策現場・メディアに分析を提供し続けた仲田、藤井チームの軌跡!】

大竹文雄 大阪大学感染症総合教育研究拠点特任教授
「意思決定の現場に求められる政策分析のあり方を示してくれた。」

北野宏明 ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長、所長
「二人の分析は、新型コロナの社会的終息を考えていくうえで必須。」

前村聡 日本経済新聞社会保障エディター
「分析を毎週更新して公表し、メディアや一般の人々を交えて議論するという試みは、非常に意義深いものだ。」

和田耕治 前・国際医療福祉大学医学部公衆衛生学教授
「二人の試みは、分野を超えて批判的に議論をしながら分析の質を高め、政策現場や国民に対して判断の材料を提示できる体制をつくっていく土台となった。」


経済学者である仲田泰祐・藤井大輔両氏は、社会・経済活動との両立を考えるための分析や、感染シミュレーションを発信し続けてきた。

政策含意の高い二人の分析は政策現場からも信頼を勝ち取り、政府分科会、厚労省新型コロナ対策アドバイザリーボード、官邸、内閣官房コロナ室、五輪専門家ラウンドテーブル等に度々提出されただけでなく、メディアを通じて一般の人々にも頻繁に届けられた。

パンデミックの中、研究者が果たしうる役割を問い続け、実践してきた二人は、コロナ禍で何を思い、何を学んだのか。どのようなコミュニケーションを通じて広く発信し続けてきたのか。その過程で、いかにして政治家や感染症専門家、メディア関係者などと対話や議論を重ねてきたのか。

二人の経験と日本のコロナ政策を振り返るとともに、将来起こりうる危機に備えて何をすべきかを考える。【商品解説】

目次

  • 第1章 ある経済学者の挑戦――コロナ分析プロジェクトの船出
  • 第2章 感染と社会・経済の見通しを描く――数理モデルと政策分析
  • 第3章 感染症専門家との対話――リスクをどう捉えるか?
  • 第4章 分析チームの構築とマネジメント――「毎週更新」実現のために
  • 第5章 五輪分析に込めた想い――分断を乗り越えるために
  • 第6章 メディアとの対話――伝えることの難しさ
  • 第7章 政策現場との対話――いかにして必要とされる知見を届けるか?
  • 第8章 感染症対策の背後で起きていること――広い視野で議論するために
  • 第9章 感染症対策と社会・経済の両立をめざして

著者紹介

仲田 泰祐

略歴
東京大学大学院経済学研究科准教授

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価1.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。