サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/10/24
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/381p 図版12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-07199-9

紙の本

ポワロと私 デビッド・スーシェ自伝

著者 デビッド・スーシェ (著),ジェフリー・ワンセル (著),小山 正 (解説),高尾 菜つこ (訳)

アガサ・クリスティーが生んだ名探偵ポワロ。四半世紀の間、ポワロを演じ続けた俳優は、何を大切にしてきたのか。“ポワロ俳優”として過ごしてきた四半世紀を余すところなく綴る。【...

もっと見る

ポワロと私 デビッド・スーシェ自伝

税込 2,970 27pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アガサ・クリスティーが生んだ名探偵ポワロ。四半世紀の間、ポワロを演じ続けた俳優は、何を大切にしてきたのか。“ポワロ俳優”として過ごしてきた四半世紀を余すところなく綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

ミステリの女王アガサ・クリスティーが生んだ名探偵エルキュール・ポワロ。世界中で愛され続けているのは小説のすばらしさはもとより、ドラマの力が大きかった。ポワロ俳優として著者が過ごした四半世紀を余すところなく綴る。【商品解説】

著者紹介

デビッド・スーシェ

略歴
〈デビッド・スーシェ〉1946年生まれ。イギリスの俳優。演劇の貢献により大英帝国三等勲位受勲。
〈ジェフリー・ワンセル〉イギリスの作家。ジャーナリスト。著書に「恐怖の館」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

よみがえるポワロ

2023/06/04 10:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

むかしクリスティのポワロ本をけっこうよく読んで、テレビのポワロシリーズも楽しんでいたつもりでしたが、スーシェが演じるにあたってクリスティのポワロ本をすべて読み、歩き方・話し方・習慣を考えていったくだりを読むと、ポワロが敬虔なカトリック信者であったことなどそうだったのか~と新たに気付かされることがたくさんありました。読んでいる途中から思わず動画でポワロを(上映順に)見始めました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

上質なエッセイ

2024/02/12 14:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えり - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVドラマ「名探偵ポワロ」が大好きで全作観てから読みました。ポワロはこの方以外もう考えられない、と言う位にポワロとして生きてます。どんな風にポワロ役の依頼が来て、どんな風に次作が作られて行ったのか、とても良くわかりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ポワロが2倍楽しめる

2023/07/16 12:44

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろひろひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

アガサ・クリスティーが生み出した名探偵の代名詞エルキュール・ポワロ。日本では今も繰り返し放映されています。
その役ならこの人、と知られる俳優デビッド・スーシェ。ここまでの長寿番組となった背景や、俳優たちの交流、往時の舞台設定や放映のために尽力したスタッフ、そして、作品ごとのドラマの裏側など、最後までまず一気に読みました。
合間に、スーシェ氏の舞台での活躍や日常も知ることができ、興味深いですね。
日本では、レッドカーペットを敷かれ、王位の人のような待遇で扱われたのをいたく感激したことなどのエピソードもあり、いかに日本で放映が繰り返しされ、知られているかが分かります。
著名な俳優が脇役で出ているのも、見どころの一つ。今や世界的な著名俳優のマイケル・ファスベンダーや、「ゲーム・オブ・スローンズ」前の若くて甘いエイダン・ギレンなどいいですね。
全体的には翻訳のため冗長に感じる部分もありますが、放映中の回を見てから読む面白さがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

役者の苦労

2023/12/09 16:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kisuke - この投稿者のレビュー一覧を見る

デビッド・スーシェ氏はポアロそのもので、この方以外が演じると違和感をもってしまいます。
それもそのはず、演じるにあたってポアロの性格や習慣、声や歩き方、衣装に至るまで徹底的に研究されてました。
その一方で、評価や金銭の問題に悩んだり、仕事が重なったり、様々な苦労もされていて、役者さんは本当に大変だな、と改めて思いました。
エリザベス女王にプライベートな昼食会に招かれて、エジンバラ公にマンゴーの食べ方を教わる等、微笑ましいエピソードもあります。
ドラマファンなら、巻頭の写真だけでも嬉しいはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み終わっていませんが

2023/01/16 10:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハスゴン - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯にあるように、まるでポワロの回顧録を読んでいるようで、じっくりと読みたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/07/01 10:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/11/16 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/01/29 11:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/11/29 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/02/19 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/03/01 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/03/26 16:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/01 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/01 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/04/29 16:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。