サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2022/10/24
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-112750-6
文庫

紙の本

緑の我が家 (角川文庫)

著者 小野 不由美 (著)

高校1年生の荒川浩志は、一人暮らしをするため〈ハイツ・グリーンホーム〉に引っ越した。明るい部屋だったが、窓から丘の斜面の鳥居を見たとたん、ふいに嫌な気分になり…。怖いけれ...

もっと見る

緑の我が家 (角川文庫)

税込 726 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校1年生の荒川浩志は、一人暮らしをするため〈ハイツ・グリーンホーム〉に引っ越した。明るい部屋だったが、窓から丘の斜面の鳥居を見たとたん、ふいに嫌な気分になり…。怖いけれど優しくて温かいホラーミステリー。〔新装版 講談社X文庫 2015年刊の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

その路地にさしかかったとたん、ひどく嫌な気分がした。
どういうこともない書店街の一郭。一見見落としそうな路地の突き当りに緑の扉、ハイツ・グリーンホームはあった。
父親の再婚を機に、高校生の荒川浩志はひとり暮らしをすることになった。ハイツ・グリーンホーム、九号室──それは、近隣でも有名な幽霊アパートだった。引っ越した当日、からっぽのはずの郵便受けには、小さい丸い白いものがひとつ、入っていた。プラプラした手触りの、人形の首だった――。「出ていったほうがいいよ」不愉快な隣人の言葉の真意は? 幽霊を信じない浩志ですら感じる「ひどく嫌な気分」の正体とは? 小野不由美の家ホラーの原点とも言える本格ホラー&ミステリー小説。【商品解説】

目次

  • 目次
  • 第一章 ハイツ・グリーンホーム
  • 第二章 予感
  • 第三章 足音
  • 第四章 蘇生
  • 第五章 まつり
  • 第六章 緑の扉
  • 第七章 死者には死者の夢
  • 第八章 緑の我が家
  • 解説 杉江松恋

著者紹介

小野 不由美

略歴
大分県生まれ。1988年作家デビュー。「悪霊」シリーズで人気を得る。91年『魔性の子』に続き、92年『月の影 影の海』を発表、「十二国記」シリーズとなる。十二国記と並行して執筆した『東亰異聞』『屍鬼』『黒祠の島』は、それぞれ伝奇、ホラー、ミステリとして高い評価を受けている。「悪霊」シリーズを大幅リライトし「ゴーストハント」として2010年~11年刊行。『残穢』は第26回山本周五郎賞を受賞。現在も怪談専門誌『幽』で「営繕かるかや怪異譚」を連載中。近刊に『営繕かるかや怪異譚』、文庫版『鬼談百景』。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

小野先生のホラー系ミステリーに外れなし

2023/02/26 16:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

母の死、父の再婚を機に、一人暮らしを始めた高校生。程なくして借りたアパートで次々に起きる怪現象。加えて、窓から見える神社に抱く意味不明の忌避感。封印していた過去の記憶が徐々に蘇り、怪現象に結びついていく。そしてラストのバトルへ。見事などんでん返しで、心が救われるラスト。切ない読後感でした。ホラーなのに、何故か「小学校時代の友達は今どうしているだろうか?」と思わせる小説でした(特に会いたいわけではありませんが)。小野先生のホラー系ミステリーに外れなし。面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

居場所がほしい

2022/12/09 17:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

1990年にティーンズ向けに刊行された作品を改題、加筆修正したもの。
ということで、主人公は高校生だし、
スマホなんてない時代のお話で、電話のモジュラージャックを抜くとかあります。
わたしは、その時代の高校生だったので、特に違和感もなくむしろ読みやすさもあり、あっという間に読んでしまいました。

かつて親の転勤で1年ほど過ごしたことのある町の
ハイツグリーンホームで一人暮らしを始めた浩志だが、
引っ越してからというものさまざまな怪異にあい、気味悪く感じていた。

ホラーです。かなり怖い描写もあります。
が、主人公の成長の物語でもあります。
一番怖いのは、生きてる人間ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怖いだけじゃない

2023/02/05 14:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりしおポテト - この投稿者のレビュー一覧を見る

幽霊アパートに引っ越してきた高校生が体験する奇妙な出来事の数々。
序盤の鳥居から不穏な雰囲気全開で、引き込まれます。
また怖いだけではなく、主人公が成長する話でもあり、読みごたえがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「緑」の付くアパートって…

2023/01/15 16:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ツクヨミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度も加筆修正されての再販。
文章もよく練られているし、読者を混乱させる仕掛けがいっぱい、そして大どんでん返し!ホラーミステリのお手本のようです。

じわじわくる不快な感触、気持ちの悪いできごと。そして主人公の気持ちの変化。主人公の変化してゆく心境などは、ある意味十二国記とも通じる部分があります。心の成長の物語です

自分も「緑」の入った名前のアパートに住んでいました。結構多いのかもしれないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

緑の我が家

2022/11/20 11:35

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーなのですが、怖くない心温まる作品でした。子供のころの体験が気にかかり、その子供が助けてくれた作品でした。実際に友達がいたら自分の身の回りで助けてあげられることがある気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほらー

2022/12/17 02:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代を感じるものを使いながらも
時代に流されない魅力の詰まったホラー。

特に意表をつくような展開が用意されているわけではないけれど
ぐいぐい読める。

そしてちゃんと怖かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2022/11/05 03:50

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆかの - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖さもありつつ、切なさや哀しさもあって非常に読みやすく安定したお話だったと思います。
主人公の浩志が、16歳にして様々なことを経験して成長しただろうし、これからは誰かを助けられるような人になってほしいなと願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映像が浮かぶ

2023/05/19 13:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:302 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ホラーは普段読まないけれど、SNSで紹介されているのを見て興味をもち読んでみることに。

気軽に読める分量で、色の印象が強く想像しやすかった。
ハイツグリーンホームの平面図や部屋の間取り図を見たかったな。

子供の頃の出来事で「自分のせいだ」という後悔や懺悔の気持ちから、その記憶を無意識に閉じ込めて忘れようとしていることって、誰しもあるんじゃないかと思う。
思い出せないけど、思い出したくないとどこかで拒絶する気持ちに共感し苦しくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/10/30 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/02/06 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/10/27 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/02/24 15:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/08/29 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/03/04 08:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/12/19 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。