サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発売日:2022/11/14
  • 出版社: くもん出版
  • レーベル: くもんの児童文学
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:978-4-7743-3380-9

紙の本

手で見るぼくの世界は (くもんの児童文学)

著者 樫崎 茜 (著),酒井 以 (イラスト)

視覚支援学校に通う佑と双葉は、この春から中学1年生。しかし双葉はある事件をきっかけに、家から出られなくなってしまい…。それぞれの葛藤を乗り越え、ふたたび世界に踏み出すまで...

もっと見る

手で見るぼくの世界は (くもんの児童文学)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

視覚支援学校に通う佑と双葉は、この春から中学1年生。しかし双葉はある事件をきっかけに、家から出られなくなってしまい…。それぞれの葛藤を乗り越え、ふたたび世界に踏み出すまでを描いた物語。テキストデータ引換券つき。【「TRC MARC」の商品解説】

――この光はきっと、みんなにも届いているにちがいない。なぜなら、ここはみんなの世界だから。そして、そこは、双葉たちの世界でもあるのだ。

 視覚支援学校に通う佑は、この春から中学1年生。新しいクラスメイトも増え、寄宿舎での生活もはじまったが、佑の気持ちは晴れない。小学部から親しくしていた双葉が、ある事件をきっかけに学校に来なくなってしまったからだ。何度連絡をしても、双葉からの音信はない。道しるべのような存在だった双葉を失ってしまった佑は、授業や白杖の訓練に身が入らない状態が続いていた。
 いっぽう双葉は、事件の際にぶつけられた悪意に満ちた言葉への衝撃から、家の外に出ることができなくなっていた。「目が見えない人はひとりで外を歩くべきじゃない」と思っている人が、この世界にいることを知ってしまったからだ。そんな双葉を心配した母親に「伴歩・伴走クラブ」という団体を紹介された彼女は、クラブの活動を見学に行く。そして佑も、双葉に会いにいくという目標のために、苦手だった白杖の訓練に挑戦しはじめる……

 ふたりの主人公が、それぞれの葛藤を乗り越え、ふたたび世界に踏み出すまでを描いた物語。【商品解説】

著者紹介

樫崎 茜

略歴
〈樫崎茜〉長野県生まれ。「ボクシング・デイ」で椋鳩十児童文学賞、「満月のさじかげん」で日本児童文学者協会新人賞を受賞。ほかの作品に「ぼくたちの骨」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

目で見る世界と手で見る世界

2023/05/07 20:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

視覚支援学校で中学生になった主人公たち。
ある事件をきっかけに心を閉ざし、苦しみもがいて乗り越えるまでの物語です。「目で見る世界」と「手で見る世界」。私たちの世界について考えさせる児童文学です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2023/04/22 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/12/20 12:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/27 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/12/27 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/07/25 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/22 07:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/10/06 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2024/02/02 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/12/13 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/01/19 00:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/11/13 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/18 11:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2023/04/09 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/12/20 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。